人気ブログランキング |

「だんのうさん」として親しまれる【檀王法林寺】20151208

「だんのうさん」として親しまれる【檀王法林寺】20151208

このお寺の境内に入ると子供たち声が賑やかに聞こえてくる。
ここは檀王法林寺(だんのうほうりんじ)。

京都市左京区川端通三条にある浄土宗の寺院である。
正式な山号院号寺名は 朝陽山 栴檀王院 無上法林寺 であるが、人徳厚かった第2世住持の團王良仙を人々が親しみを込めて「だんのうさん」と呼んだ事から、当寺の呼称も檀王法林寺として定着したようだ。
團王良仙が琉球王国より帰国後、創建した浄土寺院の1つである。

西門の前には【だん王】の石柱が立つ。

e0237645_1242623.jpg


南門から境内をみると奥に仁王門が建っているのがわかる。
通常仁王門はお寺の表玄関に当たるものだが、ここからも色々な歴史をくぐりぬけてきた軌跡が伺える。

e0237645_12422171.jpg


駒札には由緒が書かれている。

e0237645_12423677.jpg


不思議なことに、駒札にはこの門が西門と云うことになっているように見える。
しかしこの門は正門ではなく「四天王楼門」と云うらしい。
確かに門の前には「派祖望西樓」とあり、扁額にも「望西樓」とあるが、これは文永9年(1272)に、望西楼了慧(ぼうせいろうりょうえ)上人により「悟真寺」として創建されたあと、この上人の遺徳から「望西樓」とつけられたようだ。

この門は表および裏に四天王が二体ずつ配置されている。
歴史を感じさせるよく出来た木刻像である。

e0237645_12424954.jpg


e0237645_12425915.jpg


e0237645_1243996.jpg


e0237645_12432178.jpg



本堂は江戸時代中期に再建されたもので、駒札にもあるように彫刻・彩色などの装飾的要素が多用されており、また平面構成はこの時期の浄土宗寺院の本堂としては特異な存在のようである。

e0237645_12433358.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-12-08 15:35 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

まだ残っていた【祇園白川】の紅葉20151208

まだ残っていた祇園白川】の紅葉20151208


雨なども降り、寒さが段々が迫ってくる感じがしていますが、恒例の散歩に出かけてみた。
白川とは岡崎の先から流れてきて祇園新橋から鴨川に抜ける川を指します。

この写真から川沿いに100m位先には、京都の紹介で毎回のように写される、巽(たつみ)橋がある。またそのそばには、「たつみ神社」があり、記念撮影のスポットにもなっている。

しかしこの写真の位置は大和大路に架かる「大和橋」です。
春は桜と新緑、秋は紅葉とあり、情緒ある場所として観光客は勿論、じもとの方たちにも憩いの場となっているようです。


e0237645_1354393.jpg


e0237645_1355361.jpg


e0237645_136381.jpg


e0237645_136135.jpg



木の上に丁度アオサギがとまっておりました。
この川沿いに料亭やお茶屋さんが並んでおり、その一軒の板さんがえさをあげるためすっかり居付いてしまったようです。
そのため、この先の高い木の上にはアオサギは勿論コサギも巣を作っています。

e0237645_1362247.jpg


e0237645_1363265.jpg



※今まで白川を説明する機会がなかったので、ここでチョイと説明させていただきます。
東山の山々のうち比叡山と如意ヶ岳の間に位置する滋賀県大津市山中町の山麓(俗に「白川山」)に源を発し、西へ流れ京都市左京区に入り、吉田山北東部の鹿ヶ谷付近で南西に転じ、南禅寺の西側で琵琶湖疏水を合わさっている。
そのあと、西行し、平安神宮へと続く神宮道の西で琵琶湖疏水と分かれ、東山区に入り知恩院の西側を流れ、四条通の北側で鴨川に合流している。
途中三条を下る辺りから、そよぐ柳の木の並木があり、下流から眺めた先には丁度比叡の姿が望め、川の途中にある古川橋は幅50cm位の細い橋であり、慣れない人は怖いと思うが、地元の人は子供でも平気で自転車で渡るし、お年寄りもすたすた渡っている。






この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-12-08 14:59 | Comments(2)

晩秋の京都鴨川の風情20151208

晩秋の京都鴨川の風情20151208


鴨川はよく行く場所です。

澄んだ空の下、鴨川の下流の風景。

e0237645_13102659.jpg


一方上流のかなたには比叡山山頂が望めます。

e0237645_131038100.jpg


御池通りの鴨川御池大橋のたもとに『夏目漱石』の歌碑が建っている。

「木屋町に宿をとりて川向の御多佳さん・・・。」と歌碑にはあり、二人の間に小さな行き違いがあり、川向に居ながら会えないもどかしさを謡ったものです。

e0237645_13105022.jpg


e0237645_13115850.jpg


e0237645_13121041.jpg


鴨川にはゆりカモメが沢山飛来してきます。
この日も沢山のカモメが飛び交い、川には何羽かのカモメが羽を休めていました。

e0237645_13122096.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-12-08 13:38 | Comments(2)