人気ブログランキング |

宝蔵寺(伊藤若冲の菩提寺)と裏寺町とは20161217

宝蔵寺(伊藤若冲の菩提寺)と裏寺町とは20161217


宝蔵寺は京都寺町通りの二筋東に、「裏寺町」にある小さなお寺である。しかし弘法大師空海の創立と伝えられる由緒あるお寺のようだ。
その後、文永6年(1269)如輪上人により元西壬生郷に開基されている。
さらにいくつかの変遷を経て天正19年(1591)に現在地に移転した。
本尊は阿弥陀如来像で、元禄13年(1700)と刻まれている。

さて、檀家である伊藤若冲の伊藤家は江戸時代中期、正徳六年(1716)二月八日、京都高倉錦小路南東の角にあった青物問屋(あおものとんや)「枡屋」(ますや)・通称「枡源」(ますげん)だがそこで若冲は三代目伊藤源左衛門の長男として生れた。
元文三年(1738)若冲二十三歳で四代目源左衛門継いでいる。
三十代の頃より絵画を志し、宝暦五年(1755)次弟宗厳(そうごん)(白歳)に家督を譲り画事に専念し、まもなく当時の京都画壇を代表する画家となっている。

ここ宝蔵寺は若冲及び伊藤家の菩提寺で、若冲は寛永四年(1751)九月二十九日に父母の墓石、明和二年(1765)十一月十一日に末弟・宗寂の墓石を建立しているという。


e0237645_2339237.jpg


e0237645_2340379.jpg


e0237645_23403997.jpg



宝蔵寺と同じように裏寺町通りにはいくつかのお寺はあり、正覚寺(しょうかくじ)はその通りの一角に、赤門が西面して建っている。赤門正覚寺また「赤門さん」とも呼ばれる。花街・先斗町の信仰も集める。

e0237645_23472631.jpg


e0237645_23481388.jpg


e0237645_23491024.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-12-28 23:34 | Comments(2)