人気ブログランキング |

善峯寺「けいしょう殿と奥の院(薬師堂)」20190612

善峯寺「けいしょう殿と奥の院(薬師堂)」20190612



徳川綱吉の実母の「桂昌院」は、善峯寺を再興した中興の祖と言っていい位大檀那として善峯寺の復興に勤めた。
応仁の乱で殆ど焼失したままだった多くの伽藍を桂昌院は再興している。
桂昌院はこの寺に廟所を持ち、「けいしょう殿」が建てられ犬と一緒の座像がおかれている。また、けいしょう殿の隣には自らが再興した薬師堂(奥の院)復興され「薬師如来像」が安置されている。ここからの眺めも素晴らしい。

e0237645_19034302.jpg

e0237645_19034446.jpg

e0237645_19034417.jpg

e0237645_19054286.jpg

e0237645_19054206.jpg

e0237645_21270462.jpg


e0237645_19034489.jpg

e0237645_21274850.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-06-12 13:20 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

善峯寺「幸福地蔵」と京都盆地の眺望20190611

善峯寺幸福地蔵と京都盆地の眺望20190611



京都西山に、「幸福地蔵(しあわせじぞう)」が置かれているお堂があります。これは江戸幕府5代将軍徳川綱吉の母の桂昌院が幸せを願い拝んだといわれるもので、お寺自慢のあじさい苑に隣接する清水寺の舞台と同じ「懸け造り」のお堂の中に祀られています。通常仏像は内側を背にしていますが、この仏像は外側を背にしています。
さて、善峯寺の標高は約300メートルですが、このお堂からは眼下に広がる京都盆地を展望することができ、その景色は絶品です!
この幸福地蔵は、桂昌院が我が子綱吉のために拝んだとされるところから、自分のお願いごとをするのでなく「自分以外の幸せを願う」お地蔵さんであるといわれ、自身のお願いごとをしてしまいがちの我々ですが、他者の幸せを願ってみるという気分はいかがでしょうか。


e0237645_18552337.jpg


e0237645_18552342.jpg


e0237645_18552376.jpg


e0237645_18552371.jpg


e0237645_18552395.jpg


e0237645_18552410.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-06-12 13:00 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

善峯寺「天然記念物の日本一の松」20190611

善峯寺「天然記念物の日本一の松20190611



京都西山(洛西)に善峯寺がありますが、ここは西国三十三ヶ所観音霊場第20番札所でもあります。

平安時代中期の長元2年(1029年)に源算上人により開かれた天台宗系の寺院です。
室町時代には、後花園天皇が伽藍を改築され、当時は52の僧坊がありましたが、応仁の乱の兵火で焼失してしまいました。その後、江戸時代になり徳川5代将軍徳川綱吉の生母・桂昌院(けいしょういん)によって復旧され、今に至っています。寺域はとても広く、周遊路を上ると眼下には京都盆地が一望できます。
さて、このお寺には日本一の松と云われる「遊龍の松」(国指定天然記念物)というのがあります。場所は多宝塔の前にあり、「遊龍」の名称は安政4(1857年)花山院前右大臣家厚公により付けられたものです。「新日本名木100選」に選ばれてもいます。



e0237645_18413570.jpg


e0237645_18413588.jpg


e0237645_18413500.jpg


e0237645_18413549.jpg


e0237645_18413501.jpg


e0237645_18413566.jpg


e0237645_18413528.jpg


e0237645_18413647.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-06-12 12:50 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

景観に馴染む善峯寺の伽藍(西国札所)20190611

景観に馴染む『善峯寺の伽藍(西国札所)20190611



善峯寺は西国三十三ヶ所の第20番札所としても有名であるが、もう一つはここに「天然記念物の日本一の松」がある。この松(遊龍の松)は、樹齢600年以上と云われ、五葉松である。(別項で説明)
由緒は平安遷都の後、藤原氏が平安京に地盤を造るために、西山に目をつけ幾つかの寺社を整備した一つである(平安中期1029年創建)。その後、室町時代には僧坊52に及んだと言われているが、応仁の乱に大半が焼失している。江戸時はいり、徳川綱吉の実母である「桂昌院」が帰依し見違えるように伽藍が充実して今の姿になったと言われている。そのためか一つ一つの建物が整備された形で今に伝えられている。
境内は西山の高台にあり、京都市内を見下ろす眺望は素晴らしい。


e0237645_09231814.jpg


e0237645_09231859.jpg


e0237645_09231913.jpg


e0237645_09231946.jpg


e0237645_09231949.jpg


e0237645_09231917.jpg


e0237645_09231919.jpg


e0237645_09231947.jpg


e0237645_09251380.jpg


e0237645_09251377.jpg


e0237645_09251473.jpg


e0237645_09251488.jpg


e0237645_09251429.jpg


e0237645_09251439.jpg


e0237645_09251449.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-06-12 12:19 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)

アジサイの苑(善峯寺)20190611

広大なアジサイの苑(善峯寺20190611



善峯寺があるのは京都西山である。
ここは平安遷都依頼藤原氏の地盤だった奈良の春日大社や興福寺などに対し、平安京に地盤を造るために、西山に目をつけ幾つかの寺社を整備している。その後、徳川綱吉の実母である「桂昌院」が帰依し見違えるように伽藍が充実したと言われている。
その後も色々と手を加えられ、広大なアジサイの庭園が造られてきている。少し早かったが満開を想像していただくと見事な庭園であることがお分かりいただけると思う。

e0237645_08384917.jpg

e0237645_08384963.jpg

e0237645_08385038.jpg

e0237645_08385080.jpg

e0237645_08385056.jpg

e0237645_08385043.jpg

e0237645_08385095.jpg

e0237645_08385017.jpg

e0237645_08403150.jpg

e0237645_08403120.jpg

e0237645_08403110.jpg

e0237645_08403262.jpg

e0237645_08403242.jpg

e0237645_08403284.jpg

e0237645_08403237.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-06-12 11:36 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)