人気ブログランキング |

豊国神社(京都)の豪華な唐門20190804

豊国神社(京都)の豪華な唐門』20190804



豊臣秀吉は没後、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ京都女子大の東奥の山に立派に豊国廟として祀られていた。その山麓には壮麗だった豊国社が建てられ祀られたが、大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊された。
その後、現在の社殿(豊国神社)は、明治天皇の命により1880年(明治13)に再建のものである。

豊国神社の唐門は日本三大唐門の一つで国宝になっている。

この唐門はここに建てられる前は、南禅寺塔頭金地院にあったもので、豊国神社再建にあたって金地院から移築された。元々は伏見城にあった伝わるもので、二条城に移されそれを金地院崇伝が寛永4年(1627)に幕府から譲り受けて金地院にあった。



e0237645_19133350.jpg


e0237645_19133362.jpg


e0237645_19133387.jpg


e0237645_19133312.jpg


e0237645_19133317.jpg


e0237645_19133384.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-08-04 16:50 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

鳥羽伏見の戦いと「城南宮」20190804

鳥羽伏見の戦いと「城南宮」20190804



京都での交通安全の一番人気の神様「城南宮」です。ここはしだれ梅が素晴らしいことで有名ですが、椿や藤など花木がきれいな庭園があるので、年2回ほど行く機会がありますが、今回は36℃越えの中時間ができたので寄ってみました。
城南宮は幕末「戊辰戦争」の鳥羽伏見の戦いでは、薩摩・長州・土佐の兵の新政府軍の陣地があったところです。その模様が駒札や図解入りの説明板が設置されています。
さて、城南宮があるところは広大な鳥羽離宮の一角にある白河上皇の「城南離宮」があったところということですが、これより先の平安遷都の際に南の守りとして建てられたということです。色々特長があるお宮さんです。
それにしても暑かったですね。

e0237645_18251443.jpg

e0237645_18251498.jpg

e0237645_18251450.jpg

e0237645_18251419.jpg

e0237645_18251427.jpg

e0237645_18251415.jpg

e0237645_18251438.jpg

e0237645_18251568.jpg

e0237645_18272095.jpg

e0237645_18272047.jpg

e0237645_18272070.jpg

e0237645_18272079.jpg

e0237645_18272099.jpg

e0237645_18272128.jpg

e0237645_18272173.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-08-04 15:40 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

吉祥院天満宮(道真生誕地と伝わる)20190804

吉祥院天満宮(道真生誕地と伝わる)20190804



天神さんといえばまず思い浮かべるのは、北野天満宮だと思う。特に京都以外の方は余り馴染みがないかもしれないが、「吉祥院天満宮」というのがあります。
北野天満宮に梅で有名だが、道真生誕地の痕跡はありません。ここ吉祥院天満宮は、生誕の地とはっきり明記しており、また道真のへその緒を埋めた「菅公胞衣(えな)塚」というのもある。
承平4年(934)、朱雀天皇が自ら道真の像を刻みここに社殿を築き祀ったといわれている。
京都には沢山の天満宮がありますが、他にも生誕を詠っているところがあり、往時の天神信仰はブームだったようだ。

e0237645_18194650.jpg

e0237645_18194670.jpg

e0237645_18194636.jpg

e0237645_18194641.jpg

e0237645_18194652.jpg

e0237645_18194613.jpg

e0237645_18212693.jpg

e0237645_18212656.jpg

e0237645_18212626.jpg

e0237645_18212653.jpg

e0237645_18212766.jpg

e0237645_18212761.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-08-04 15:16 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)