人気ブログランキング |

京都「八坂神社」20191209

京都「八坂神社」20191209



八坂神社が散歩の起点であり、終点でもある。
ここは何時行っても人が絶えることのない場所といえる。そのため常時出店が立っている。
八坂神社の西門を出るとそこは広い四条通てなっており、西に長く伸びている賑やかな通りである。京都のメイン通りの一つである。

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450186.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450184.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450264.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450276.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450271.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450261.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450361.jpg

京都「八坂神社」20191209_e0237645_17450344.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-12-09 13:10 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

高台寺「石塀小路」20191209

高台寺「石塀小路」20191209



ここは昔は山から水が流れてきて大変な場所だったようです。今は全くそのようなことはありませんが、当時考えられたのが、水害に強い石塀ということです。
この石塀を見るとかなりの水位になったようです。
高台寺ができたころは落ち着いていたんでしょうか?詳しいことはわかりませんが多分大変だったんだと思います。

高台寺「石塀小路」20191209_e0237645_17420076.jpg

高台寺「石塀小路」20191209_e0237645_17420050.jpg

高台寺「石塀小路」20191209_e0237645_17420199.jpg

高台寺「石塀小路」20191209_e0237645_17420199.jpg

高台寺「石塀小路」20191209_e0237645_17420124.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-12-09 13:05 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

ねねの道「三面大黒天」20191209

ねねの道「三面大黒天」他 20191209



ねねの道を歩いていると、この「三面大黒天」の提灯が眼に入る。
この門をくぐると、ねねさん終焉の地となった「圓徳院北庭」、秀吉公が出世街道を走っていた頃からの念持仏で大黒天・弁財天・毘沙門天の三面を併せ持ち、一仏礼拝によって三尊天のご利益を得るという、秀吉公らしい「三面大黒天」、それと京都の三堂(詩仙堂など)の一つで、「
木下家定の嫡男で若狭藩主だった勝俊は歌の才に恵まれ、後に長嘯子(ちょうしょうし)と号し歌聖とまで呼ばれ、『歌仙堂』はその長嘯子を祀っている。」とあり、現在も歌人らの参詣が多いそうだ。

ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17384991.jpg


ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385027.jpg


三面大黒天のお堂



ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385202.jpg


ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385227.jpg


ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385351.jpg


歌仙堂。



ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385443.jpg


ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385479.jpg


ねねの道「三面大黒天」20191209_e0237645_17385478.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 12:15 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

高台寺・ねねの道20191209

高台寺・ねねの道20191209



高台寺の敷地は広大である。境内は勿論のこと、駐車場が大きい。ここには観光バスが駐車しているが、バスの乗降を見ていると殆ど清水寺方面に向かっている。一般車も似た感じである。
さて、高台寺への観光は八坂神社・円山公園方面から「ねねの道」を通って参道を上がってくる人が多いように思う。
実は昨年気が付いたんだが、ねねの道から高台寺に上がる参道の紅葉が遅くまで輝いていることだ。時期外れと思っていくと紅葉が写真のように絶好調という感じである。多分この調子だと12月中旬まで?、もっとかなぁ~?きれいな紅葉が見られるかもしれない。 さすが ねねさん という気がしてくる。

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352778.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352770.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352886.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352802.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352884.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352938.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352969.jpg

高台寺・ねねの道20191209_e0237645_17352948.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-12-09 11:45 | (紅葉情報)京都・関西 | Comments(2)

清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209

清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209



清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」はその名の通り「清水寺」への道である。参道というのは元々は松原通だったのではと思うが、豊臣秀吉の京都の街の区画を改造した結果よくわからなくなっている。だからというわけではないが、清水道は幾つかある。この
一念坂→二寧坂→参寧坂がメインストリートのようだ。
この通りの両サイドはびっしりお店が連なっている。


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312295.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312301.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312380.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312361.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312470.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17312401.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17321396.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17321329.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17321417.jpg


清水道「参寧坂・二寧坂・一念坂」20191209_e0237645_17321415.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 11:30 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209

京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209



京都の東山大路八坂道から、八坂の塔への緩やかな坂道の両側に素敵なお店がびっしり連なっている。5年ほど前とは様変わりがびっくりするほど進んでいる。
それではそれらのお店を、日本最古と云われている「八坂庚申堂」の賑やかさとともに紹介しよう。

京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502107.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502229.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502279.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502248.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502366.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14502316.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511183.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511148.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511170.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511184.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511245.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14511249.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14520155.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14520130.jpg


京都散策「八坂通と八坂庚申堂」20191209_e0237645_14520287.jpg


京都東山産寧坂、二年坂を右に見ながら八坂の塔の先へと下りていくと天台宗の寺院・大黒山金剛寺(八坂庚申堂)がある。ここは飛鳥時代にこの地の豪族であった秦氏の守り本尊・青面金剛(しょうめんこんごう)を安置しており、大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂(現在は廃寺)とともに日本三庚申のひとつといわれている。

庚申とは干支(えと)の庚(かのえ)申(さる)の日を意味し、人間の体の中にいる三尸(さんし)の虫(道教で、人の体内にすんでいるという3匹の虫。 庚申にあたる夜、人の眠っているすきに体内から抜け出て、その人の罪悪を天帝に告げ知らせるという。)が庚申の夜に、寝ている人の体から這い出し、天帝(閻魔大王)に悪行を告げるといわれている。

悪行を告げられた天帝は、罰としてその人間の寿命を縮めるとされている。

庚申の日に徹夜をして三尸の虫を封じ、夜叉の姿をした青面金剛を拝むようになったのが庚申信仰である。

「見ざる、言わざる、聞かざる」といわれる両手で目、耳、口を隠している三匹の猿の姿は、この庚申信仰ととともに日本に伝わってきたといわれている。

八坂庚申堂の三門の上には、この三猿が並んでいる。

八坂庚申堂で境内のいたるところに奉納されているカラフルな色の布地でできたのが「くくり猿」である。この手足をくくられて動けない猿の姿は、欲望を持つ人間の姿を猿に喩えたものとされており、

人間は欲望のままに行動する猿とは違っても、願いを叶えようと努力するとき、どうしても欲望のこころが動いてしまうことがある。

自分自身の欲望のこころをくくりつけ、庚申さん(青面金剛)にうまくコントロールしてもらうために奉納するのが、この「くくり猿」である。
「くくり猿」に願い事を託して欲を一つ我慢することが、願いを叶える秘訣だそうである。












この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 11:15 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

京都散策「八坂の塔」20191209

京都散策「八坂の塔」20191209



京都のシンボルにふさわしい五重の塔です。

以前にこの塔の二回まで上ることができたが、壁画が素晴らしく印象的だった。
逸話として、ねねさんは大坂夏の陣のおり大阪城の炎上を見て悲しんだそうです。

今回は「八坂の五重塔」をいくつかの角度から撮ってみた。

京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561700.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561798.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561857.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561889.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561870.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561887.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561898.jpg


京都散策「八坂の塔」20191209_e0237645_14561847.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 11:00 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209

京都散策「六道珍皇寺と小野篁(たかむら)20191209



京都松原通にある「六道珍皇寺」は、冥界とのつなぎを「小野篁(たかむら)」を通して行うことができるお寺として有名である。
この辺りは六道の辻といい、平安時代の京都では亡くなった方は洛外へ運び、野ざらしにして風葬(遺体を風にさらし風化を待つ)を行っていた。仏教の影響で身分の高い人物は火葬を行っていたが火葬には木材が必要であり庶民は最も経済的で楽な風葬が一般的であった。その風葬の地として有名だったのが東山の鳥部野、嵐山の北にある化野(あだしの)、船岡山の北西一帯の蓮台野(紫野)という地区である。

五条通の西の突き当りに大谷本廟など大きな墓地があるが、その墓地一体は平安時代は鳥辺野(とりべの)と呼ばれる、風葬地であった。「鳥」という字がついているのは鳥葬の地、「野」というの野原、場所を意味していた。
“六道の辻”は、西福寺の門前から六道珍皇寺の門前迄とされていたようで、昔、お棺が、鳥辺野へ向かって、松原通から清水道へと運ばれていったその途中の辻である。野辺の送りの行列がここで解散したようだ。

さて、六道珍皇寺であるが、ここに祀られている小野篁は大和朝廷の役人でもある、冥界の役人でもあったと言われている。そのため現世と冥界を行き来したという井戸がこのお寺の庭園の一隅に存在している。
このお寺は「迎え鐘」がありお盆の初めにお参りする人が多い。


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184312.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184396.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184459.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184497.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184427.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15184666.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15193627.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15193712.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15193837.jpg


京都散策「六道珍皇寺と小野篁」20191209_e0237645_15193853.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 10:40 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

京都散策「六道の辻と西福寺」20191209

京都散策「六道の辻と西福寺」20191209



松原通に「六道の辻」というのがあり、ここは鳥野辺の入口にあたり、あの世とこの世の境と云われており、その六道の辻の石標のところにあるのが西福寺である。
その西福寺は、正式には桂光山敬信院といい、京都府京都市東山区轆轤町にある浄土宗の仏教寺院で、本尊は阿弥陀如来坐像である。境内に鎮座する子育地蔵は子供の健康や病平癒に効くとされている。
西福寺はお堂の天井画は素晴らしい。
また西福寺の向かいには有名な”幽霊子育飴“の店がある。

京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145674.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145712.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145803.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145885.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145911.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15145953.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15150013.jpg


京都散策「六道の辻と西福寺」20191209_e0237645_15150088.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-09 10:20 | (紹介記事)京都 | Comments(4)

京都散策「松原通と鴨川」20191209

京都散策「松原通と鴨川」20191209



この橋は何度か紹介していますが、松原五条大橋です。ここに載っている駒札にも書かれていますが、太閤が京都の街を再区画した時に、ここにあった橋を現在の五条大橋に移したものです。その時から今の五条通が生まれたわけです。
それ以前は清水寺への参道もここにあったわけです。
そんな関係でここ松原通りは賑やかだったわけで、今でも老舗大店が軒を連ねています。是非一度おいでください。
この日は陽気に誘われたのか、舞妓さんにも会えました。

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113758.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113720.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113712.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113871.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113894.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113828.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113891.jpg

京都散策「松原通と鴨川」20191209_e0237645_15113837.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-12-09 10:10 | (風情)京都・関西 | Comments(2)