涼しくなってきた鴨川沿いを散策20181009

涼しくなってきた鴨川沿いを散策20181009



随分涼しくなってきました。
河原には名物の「かわらカップル」が出現しています。これは外国人にも人気があるようで、外国人も沢山涼んでいました。
この河原を歩くと涼しい爽やかな風が吹いており、この前までの猛烈な暑さは何だったんだろうという感じです。一番いい季節になってきました。
9月で「納涼床」も終わり、床をたたみ始めています。
また、南座も耐震や改装の工事も完成に近づき、11月からのお披露目も待っているようです。
今が紅葉シーズンを迎えた静かな京都の街ですが、あと1・2週間もすると半端じゃない人が訪れ、この景色も一変します。

e0237645_08203802.jpg

e0237645_08183043.jpg

e0237645_14282914.jpg


e0237645_08183034.jpg

e0237645_08183053.jpg

e0237645_08183152.jpg

e0237645_08183135.jpg

e0237645_08183148.jpg

e0237645_08183129.jpg

e0237645_08183163.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-10-09 17:12 | (風情)京都・関西 | Comments(1)

醍醐寺「霊宝館:本館・平成館」20181005

醍醐寺「霊宝館:本館・平成館」20181005



醍醐寺霊宝館とは、醍醐寺に伝わる「寺宝の保存と公開」を目的として昭和10年に開館した施設です。昭和541979)年に新収蔵庫3棟が、平成132001)年には本館の裏に平成館が開館しました。

醍醐寺の寺宝の大半(10万点)が、この霊宝館で保管されています。

平成元年(1989)~平成25年(2013)までに、醍醐寺聖教類の54869,378点が国宝に認定され、40,676点が重要文化財に指定されています。醍醐寺は日本最大級の文化財保有数を誇ることになったことも、霊宝館の新築への理由となったようです。
外観は白亜の会館という感じで、お城の御殿のような感じです。

醍醐寺はたびたび戦火に見舞われ、応仁の乱では五重塔を除いて灰塵に帰すなど、一見寺宝も焼失?かと思われますが、一部はしっかり持ち出されていたようです。

平成館には不動明王を中心に、明王五体が展示されています。

e0237645_22524402.jpg


e0237645_22524451.jpg


e0237645_22524455.jpg


e0237645_22524454.jpg


e0237645_22524513.jpg


e0237645_22524587.jpg


e0237645_22524561.jpg


e0237645_22524529.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-10-05 15:00 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

醍醐寺「三宝院庭園」20181005

醍醐寺「三宝院庭園」20181005



醍醐寺三宝院の庭園は国の特別史跡・特別名勝となっています。

この庭園は「醍醐の花見」の際に秀吉自らが設計した庭で、室町時代より歴代権力者によって引き継がれてきた「天下の名石・藤戸石」を8年間しか存在しなかった幻の城郭「聚楽第」から運びこませるほどの力の入れようだったようです。
当初は座観式庭園だったようですが、秀吉亡き後も当院では庭師を入れ、秀吉の構想を更に理想的な庭園に仕上げる為に、20数年もの作庭を続け、ようやく池泉回遊式庭園として完成させてきました。


e0237645_22474010.jpg


e0237645_22474071.jpg


e0237645_22474023.jpg


e0237645_22474045.jpg


e0237645_22474044.jpg


e0237645_22474046.jpg


e0237645_22474122.jpg


e0237645_22474176.jpg


e0237645_22474174.jpg


e0237645_22474123.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-10-05 14:45 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

醍醐寺三宝院の素晴らしい「障壁画」20181005

醍醐寺三宝院の素晴らしい「障壁画」20181005



醍醐寺は広い境内と見るところが多く、今まで三宝院には入ったことはない。今回不幸中の幸いというか、三宝院しか入れないということで折角来たので拝観してきた。
実はここの庭園が有名なのだが、それ庭園の項に回すとして、ここでは三宝院が誇る障壁画を一部紹介する。
醍醐寺には72面の障壁画ある。
これらは、長谷川等伯、狩野秀信、
石田幽汀、山本探川、山口素岳らによって描かれている。
貴重な体験をさせてもらった。


e0237645_22411977.jpg


e0237645_22411937.jpg


e0237645_22411958.jpg


e0237645_22411978.jpg


e0237645_22412022.jpg


e0237645_22412003.jpg


e0237645_22412063.jpg


e0237645_22412054.jpg


e0237645_22423552.jpg


e0237645_22423524.jpg


e0237645_22423517.jpg


e0237645_22423539.jpg


e0237645_22423529.jpg


e0237645_22423600.jpg


e0237645_22423610.jpg


e0237645_22423640.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-10-05 14:39 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)

醍醐寺の拝観不可の境内20181005

醍醐寺の拝観不可の境内20181005



醍醐寺には紅葉の季節が来る前にと思い出かけてみたところ、台風の影響でかなりダメージがあり拝観ができませんでした。
醍醐寺には伽藍エリア、三宝館エリア、霊宝館エリアの3つのエリアがありますが、金堂や五重塔などがある伽藍エリアの拝観ができず、せっかくなので残り2つのエリアを拝観してきました。醍醐寺は上醍醐と下醍醐があるが、延喜7年(907)醍醐天皇はこの寺を勅願寺とし、下醍醐に伽藍(がらん)を造営して発展してきた。

しかし、応仁の乱により、やました下醍醐は五重塔をのこしてすべて焼失したが、桃山時代、義演(ぎえん)が豊臣秀吉の帰依をうけて復興したという。
上醍醐准胝堂は西国11番の札所、また五大力尊に対する一般庶民の信仰もさかんで、真言宗醍醐派の修験道山伏も当寺の統轄するところです。

五重塔(国宝)は天暦6年(953)に完成した京都最古の建物で、総高37メートル、相輪も大きく、五重塔の古式を示し、内部は、華やかに彩色されている。
秋も深まったら出直そうと思っています。



e0237645_22580868.jpg


e0237645_22580893.jpg


e0237645_22580831.jpg


e0237645_22580924.jpg


e0237645_22580909.jpg


e0237645_22580928.jpg


e0237645_22580976.jpg


e0237645_22580912.jpg


e0237645_22580940.jpg


e0237645_22581041.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-10-05 14:10 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)