カテゴリ:(巡礼)西国三十三ヵ所( 55 )

西国24番札所「中山寺」(宝塚市)20181026

西国24番札所「中山寺」(宝塚市)20181026



宝塚市にある西国霊場24番札所の「中山寺」は、聖徳太子の創建によるわが国最初の観音霊場と言われています。

安産祈願の霊場として武家・庶民に古くから親しまれ、豊臣秀吉は安産祈願をして秀頼を授かったとされ、また、幕末には、中山一位局が明治天皇を御平産されたことにより明治天皇勅願所となり、「安産の寺」として全国的に知られています。

第十四代仲哀天皇の先后大中姫(さきのきさきおおなかひめ)、その長子かご坂皇子、弟忍熊皇子の追善供養のため、あるいは聖徳太子、蘇我馬子との政争に敗れた物部守屋の霊を鎮めるために建立されたと伝わっております。

ちなみに、日本書紀によると仲哀天皇は怪死?しており、その時の皇后は神功皇后ですが、この神功皇后は応神天皇をお腹に抱えたまま新羅遠征をし、そして帰国後出産し大和に帰還途中、仲哀天皇の先后大中姫の長子のかご坂皇子とその弟忍熊皇子は応神天皇に皇位を取られる危機感から兵を挙げたが、結局自滅してしまった。

創建者の聖徳太子が追善供養として建立したことは何かこのお寺にはミステリアスな匂いがしているように思います。


e0237645_11583428.jpg


e0237645_11583423.jpg


e0237645_11583420.jpg


e0237645_11583547.jpg


e0237645_11583548.jpg


e0237645_11583594.jpg


e0237645_11583599.jpg


e0237645_11583538.jpg


e0237645_11595302.jpg


e0237645_11595319.jpg


e0237645_11595376.jpg


e0237645_11595465.jpg


e0237645_11595444.jpg


e0237645_11595452.jpg


e0237645_11595466.jpg


e0237645_11595472.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-10-26 15:15 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

西国23番札所「勝尾寺」(大阪府箕面市)20181026

西国23番札所「勝尾寺」(大阪府箕面市)20181026



西国23番札所の『勝尾寺』は山深い地の斜面に伽藍が立ち並び、見事な景観である。

本寺に伝わる『応頂山勝尾寺古流記』によれば、創建は奈良末期の神亀四年(727)、善仲、善算の双子兄弟が草庵を構え修業されたことに始まる。

その後天平神護元年(765)、光仁天皇の皇子開成(かいじょう)が二師(善仲、善算)に出逢いこの草庵にて、亡くなられた二師の後を継ぎ、金字「大般若経」の写経を完成させ、宝亀六年(775)、般若台に大般若経六百巻をおさめ一寺を建て、彌勒寺と号し、開山したとある。

開山堂には、善仲、善算と開成皇子の木像が安置され、毎年1029日は宮内庁と本寺で御正辰祭が勤められる。また彌勒寺当時、本堂のあった場所は、いま彌勒菩薩の大仏が大阪平野を見下ろし鎮座されている。

宝亀11(780)、稀代の名工であった妙観という名の比丘が彌勒寺を訪ね、718日より818日の間に、白檀香木をもって身丈八尺の十一面千手観音を彫刻し、これが御本尊となっている。

また「勝尾寺」の由来は、六代座主の行巡上人が、清和天皇の玉体安隠を祈って効験があったことから、「王に勝った寺」の意で「勝王寺」 の寺号を帝より賜った。しかし、本寺では「王」を「尾」に控え、勝尾寺と号し、勝運の寺として信仰されて来た。なお清和帝の勅額は、国道171号線勝尾寺口の南側の大鳥居に掲げられており、この大鳥居は日本最古の町石の起点でもある。また「勝王寺」の扁額は仁王門の裏側にかかげられている。

e0237645_11511154.jpg


e0237645_11511160.jpg


e0237645_11511146.jpg


e0237645_11511205.jpg


e0237645_11511223.jpg


e0237645_11511268.jpg


e0237645_11511209.jpg


e0237645_11511287.jpg


e0237645_11522921.jpg


e0237645_11522930.jpg


e0237645_11522926.jpg


e0237645_11522924.jpg


e0237645_11523075.jpg


e0237645_11523066.jpg


e0237645_11523000.jpg


e0237645_11523013.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-10-26 12:46 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

西国6番札所「壷阪寺(南法華寺)」20180524

西国6番札所「壷阪寺(南法華寺)」20180524



壷阪寺は通称。正式には「壺阪山 南法華寺」で西国三十三所観音霊場第6番札所である。

南に桜の名所吉野山を控え北に万葉のふるさと大和三山奈良盆地を一望におさめる、奈良県高市郡高取町にある、真言宗のお寺である。本尊の「十一面千手観世音菩薩」は眼病に霊験あらたかな観音様、目の観音様として全国各地から毎日多くの参拝者が訪れる。

創建は寺蔵の『南法花寺古老伝』によると、大宝3年(703)年に元興寺(がんごうじ;奈良)の僧、弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した観音像を刻んで祀ったのが始まりといわれる。 境内からは当時の藤原宮の時期の瓦が多数出土している。

平安期には、長谷寺とともに定額寺に列せられ(847年)、平安貴族達の参拝も盛んになった。

一時は山内に三十六堂、六十余坊の大伽藍を配していたが、南北朝時代や戦国時代の戦乱に巻き込まれ、当時庇護を受けていた越智氏の滅亡とともに壷阪寺も衰退していった。

近世の壷阪寺は豊臣秀吉の弟秀長の家来本多利久が高取城主となり、本多氏とその後明治の廃藩置県まで続く藩主植村氏の庇護を受け復興していった。

明治の初め、盲目の夫沢市とその妻お里の夫婦の物語、人形浄瑠璃『壺坂霊験記』が初演され、歌舞伎、講談、浪曲となり壷阪寺の名は大きく世に広まっていった。

戦後は、社会福祉活動に大いに貢献している。

また、境内には多くの石像などが建てられ、置かれ、高低差のある伽藍配置は見事というしかない。

e0237645_19094270.jpg


e0237645_19094283.jpg


e0237645_19094290.jpg


e0237645_19094294.jpg


e0237645_19094284.jpg


e0237645_19094314.jpg


e0237645_19094391.jpg


e0237645_19094381.jpg


e0237645_19094324.jpg


e0237645_19094304.jpg


e0237645_19114156.jpg


e0237645_19114110.jpg


e0237645_19114155.jpg


e0237645_19114241.jpg


e0237645_19114258.jpg


e0237645_19114229.jpg


e0237645_19114270.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-18 00:34 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

西国12番札所「岩間山 正法寺」20180628

西国12番札所「岩間山 正法寺」20180628



岩間寺(通称)は正しくは「岩間山正法寺」という。

西国三十三所観音霊場第12番真言宗醍醐派のお寺で、他に ぼけ封じ近畿十楽観音霊場第4番札所、びわ湖百八霊場第2番札所(湖西2番札所)、勢多川三山霊場となっている。
京都・滋賀の県境にある標高443mの岩間山頂付近にある。
元正天皇の勅願寺で、加賀白山を開いた泰澄(たいちょう)大師が722年(養老6年)に元正天皇の病を法力により治した褒美として建立したことに始まる。

泰澄は加賀白山を開く途上、霊地を求め岩間山を訪れた折、桂の大樹より千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻み、元正天皇の御念持仏をその胎内に納め祀り本尊とした。本尊の千手観音像は「ぼけ封じ観音」「汗かき観音」「雷除け観音」「厄除け観音」とも呼ばれる。
境内には日本随一の桂の大樹群があり、特に「長寿桂」は日本一といわれている。

また江戸時代の俳聖松尾芭蕉は、岩間寺に参籠して本尊の霊験を得、その俳風を確立したと伝えられ、本堂横の古池は「芭蕉の池」といわれ「古池や蛙飛び込む水の音」という名句を詠んだといわれている。
京都・醍醐寺の末寺の筆頭となる関係性を持ち、現在の本堂も醍醐寺理性院尭助僧正が、正親町天皇の御願を受け、1577年に建立されたものである。



e0237645_10451148.jpg


e0237645_10451106.jpg


e0237645_10451160.jpg


e0237645_10451101.jpg


e0237645_10451299.jpg


e0237645_10451258.jpg


e0237645_10461730.jpg


e0237645_10461808.jpg


e0237645_10461842.jpg


e0237645_10461888.jpg


e0237645_10461861.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-06-28 14:43 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(0)

西国9番札所「興福寺南円堂」他20180613

西国9番札所「興福寺南円堂」他20180613



興福寺で西国三十三所第九番札所としてお参りするのは南円堂というところになる。

弘仁4年(813)藤原北家の藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父内麻呂(うちまろ)追善のために建てたものである。

本尊は不空羂索観音菩薩(ふくうけんさくかんのん)であるが、堂内には本尊不空羂索観音菩薩像の他、法相六祖坐像(ほっそうろくそざぞう)、四天王(してんのう)像(いずれも国宝)が安置されている。
基壇築造の際には地神を鎮めるために、和同開珎や隆平永宝を撒きながら築造したことが発掘調査で明らかにされた。また鎮壇には弘法大師が深く係わったことが諸書物に記される。

興福寺は藤原氏の氏寺だが、この時期、藤原氏の中でも摂関家北家の力が強くなり、その祖である内麻呂・冬嗣ゆかりの南円堂が興福寺の中でも特殊な位置を占め、現在の西国札所になっているのに繋がっていると思われる。

現在の建物は、創建以来4度目の建物で、寛政元年(1789)頃に再建されたものだが、八角の一面は6.4m、対面径は15.5m、本瓦(ほんがわら)葺きの建物で、しかし、江戸時代の建物とはいっても、その手法はきわめて古い様式で、再建には北円堂を参考にしたと思われる。

直ぐ近くに「三重塔」(国宝)があったので寄ってみた。これは北円堂(ほくえんどう)とともに興福寺最古の建物とのこと、やはり藤原氏の氏寺だけあって、国宝が多いのには驚きである。

e0237645_22124657.jpg



e0237645_22124622.jpg


e0237645_22124678.jpg


e0237645_22124670.jpg


e0237645_22124681.jpg


e0237645_22124785.jpg


e0237645_22124700.jpg


e0237645_22124707.jpg


e0237645_22203654.jpg


e0237645_22203724.jpg


e0237645_22203720.jpg


e0237645_22203722.jpg


e0237645_22203781.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-06-13 13:50 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(0)

西国10番札所花の寺「三室戸寺」20180607

西国10番札所花の寺「三室戸寺」20180607



寺伝によると、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により、聖徳太子創建と伝えられる南都大安寺(高野山真言宗)の僧行表が創建したものとある。

天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、その光の元を尋ねさせたところ、宇治川の支流志津川の上流の滝壺に観音像を発見したという。

そこで光仁天皇がその観音像を安置し、僧行表を開山として創建したのが起こりで、当初は御室戸寺と称したという。

その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。高さ二丈の観音像は寛正年間(1460 - 1466年)の火災で失われたが、胎内に納められていた観音像は無事であったという。

厳重な秘仏として扱われ、現在写真も公表されていない。

しかし過去1925年、2009年に御開扉されているという。

現存する本堂は江戸時代後期の文化11年(1814年)に再建されたものである。


花の寺三室戸寺には枯山水・池泉・広庭からなる、大きな庭園(与楽園:5000坪)がある。

5月は2万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ、7月は本堂前のハス、さらに秋は紅葉の名所にもなる。

e0237645_23240702.jpg


e0237645_23240795.jpg


e0237645_23240775.jpg


e0237645_23240755.jpg


e0237645_23240757.jpg


e0237645_23240837.jpg


e0237645_23240829.jpg


e0237645_23240875.jpg


e0237645_23253197.jpg


e0237645_23253115.jpg


e0237645_23253296.jpg


e0237645_23253254.jpg


e0237645_23253209.jpg


e0237645_23253275.jpg












この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-06-07 13:20 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

西国26番札所「法華山一乗寺」20180527

西国26番札所「法華山一乗寺」20180527



法華山一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある西国第26番札所の天台宗の寺院である。

本尊は聖観音菩薩ある。

寺伝では孝徳天皇の勅願で650年に創建、開基(創立者)は法道仙人とされる。国宝に指定されている三重塔(1171年建立)は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、日本国内屈指の古塔である。境内は山深く、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。

色々な逸話がある。

一乗寺の開基とされる法道仙人は、天竺(インド)から紫の雲に乗って飛来したとされる伝説的人物である。

資料によると、法道はインドに住んでいたが、紫の雲に乗って中国、百済を経て日本へ飛来、播州賀茂郡(兵庫県加西市)に八葉蓮華(8枚の花弁をもつハスの花)の形をした霊山を見出したので、そこへ降り立ち、法華経の霊山という意味で「法華山」と号したという。

法道の評判は都へも広まり、白雉元年(650年)、時の帝である孝徳天皇の勅命により法道に建てさせたのが一乗寺であるという。

法道仙人開基伝承をもつ寺院は兵庫県東部地域に集中しており、「インドから紫雲に乗って飛来」云々の真偽は別としても、こうした伝承の元になり、地域の信仰の中心となった人物が実在した可能性は否定できない。一乗寺には7世紀~8世紀にさかのぼる金銅仏6躯が存在し(うち3躯は重要文化財)、付近には奈良時代にさかのぼる廃寺跡、石仏などが存在することからも、この地域一帯が早くから仏教文化の栄えた地であることは確かである。

創建当時の一乗寺は現在地のやや北に位置する笠松山にあったと推定されている。笠松山の山麓には古法華(ふるぼっけ)石仏と称される奈良時代の三尊石仏(重要文化財)があり、「古法華」とは「法華山一乗寺の旧地」の意味と思われる。現存する一乗寺三重塔は平安時代末期の承安元年(1171年)の建立であるところから、その年までには現在地において伽藍が整備されていたと思われるが、正確な移転時期は不明である。

一乗寺は中世、近世には何度かの火災に遭っているが、平安時代の三重塔をはじめとする古建築がよく保存されている。本堂は姫路藩主「本多忠政」の寄進により、寛永5年(1628年)に建てられたものである。


e0237645_22571937.jpg


e0237645_22572036.jpg


e0237645_22572074.jpg


e0237645_22572055.jpg


e0237645_22572068.jpg


e0237645_22572122.jpg


e0237645_22572144.jpg


e0237645_22572174.jpg


e0237645_22583430.jpg


e0237645_22583469.jpg


e0237645_22583570.jpg


e0237645_22583599.jpg


e0237645_22583510.jpg












この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-06-03 16:55 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(0)

西国27番札所「書写山円教寺」20180527

西国27番札所「書写山円教寺」20180527



書写山円教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)は書写山の山頂にある天台宗の道場で、西国三十三所観音霊場第27番札所である。

書写山は西の比叡山と呼ばれる、姫路市の北西部にある山である。

九州で修行した性空(しょうくう)上人(9101007)が播磨の地で紫雲たなびくこの山を発見し、966(康保3)年に道場を開いたとされる。

性空上人の徳は広く知れわたり多くの皇族・貴族・武将らの崇敬を受け、色々な逸話が残され、伽藍(がらん)や塔頭(たっちゅう)の建ち並ぶ大寺院となった。

杉木立におおわれた境内は国の史跡に指定され、今も多くの建物が並ぶ平安時代からの寺院に相応しく多くの伝説を残しており、なかでも弁慶が修行したというエピソードは最も有名で、地元に親しまれ語り継がれている。

e0237645_22445891.jpg


e0237645_22445837.jpg


e0237645_22445817.jpg


e0237645_22445978.jpg


e0237645_22445924.jpg


e0237645_22445963.jpg


e0237645_22445976.jpg


e0237645_22445930.jpg


e0237645_22523338.jpg


e0237645_22523322.jpg


e0237645_22523314.jpg


e0237645_22523499.jpg


e0237645_22523493.jpg


e0237645_23030100.jpg


e0237645_23030168.jpg


e0237645_23042835.jpg













この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-06-03 00:47 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(0)

西国21番札所「穴太寺(あのうじ)」20180515

西国21番札所「穴太寺(あのうじ)」20180515



第21番札所の穴太寺は、亀岡市市街地のかなり西にある。

仁王門をくぐると広い境内の中にいくつかの伽藍がある。本尊は聖観音であるが、釈迦如来涅槃像があり、これに触れるとご利益があるとされている。

「なで仏」と呼ばれる、自分の悪いところと同じところを撫で、撫で返すと病が治ると伝えられる仏が安置されている。毎年1月3日には「福給会」と呼ばれる行事が開催される。借景庭園、池泉回遊式庭園の名園を有し、丹波名庭の一つに数えられている。

e0237645_08395246.jpg


e0237645_08395213.jpg


e0237645_08395222.jpg


e0237645_08395258.jpg


e0237645_08395368.jpg


e0237645_08395322.jpg


e0237645_08395363.jpg


e0237645_08420357.jpg


e0237645_08420345.jpg


e0237645_08420366.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-05-15 11:38 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(4)

西国15番札所「今熊野観音寺」20180514

西国15番札所「今熊野観音寺」20180514



このお寺は御寺「泉涌寺」の横に建つ緑深い静かなお寺です。
本尊は弘法大師が熊野権現より授かった観音像を体内仏として自ら彫られた十一面観音菩薩です。
後白河じょうこうがこのお寺を深く信仰し、新那智山と号し「今熊野観音寺」としょうされたといわれています。


e0237645_08210644.jpg


e0237645_08210687.jpg


e0237645_08210603.jpg


e0237645_08210701.jpg


e0237645_08210781.jpg


e0237645_08210741.jpg


e0237645_08210746.jpg


e0237645_08210736.jpg


e0237645_08230958.jpg


e0237645_08231073.jpg


e0237645_08231071.jpg


e0237645_08231110.jpg


e0237645_08231156.jpg


e0237645_08231131.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-05-14 14:30 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)