人気ブログランキング |

カテゴリ:(歴史)関西史( 71 )

亀山城址と明智光秀像(亀岡)20191113

亀山城址と明智光秀像(亀岡)20191113



明智光秀の”丹波平定・統治”は信長政権下で信長の信頼を得る大きな業績となりました。その時の拠点がこの「亀山城」で京都府亀岡市にあります。「本能寺の変」の際に、光秀が出陣したのもこの城でした。

現在は史跡として残っているだけですが南郷公園に光秀の銅像が建てられていました。

e0237645_22263692.jpg


e0237645_22263740.jpg


e0237645_22263768.jpg


e0237645_22263706.jpg


e0237645_22263728.jpg


e0237645_22263757.jpg


e0237645_22312907.jpg


e0237645_22312905.jpg


e0237645_22312925.jpg


e0237645_22312994.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-11-13 12:22 | (歴史)関西史 | Comments(0)

聖武天皇と紫香楽宮跡(しがらきぐう)0190910

聖武天皇と紫香楽宮跡(しがらきぐう)0190910



紫香楽宮跡は、松林に覆われた丘陵地に残る、国指定の史跡です。

聖武天皇は奈良の平城京で政治を行っていましたが、天平12740)年10月末に奈良を離れ、年末には奈良の北(木津川市加茂町)とその周辺に新しい都を造り始めました。

恭仁京(くにきょう)の建設が進められている間、恭仁京から甲賀郡紫香楽村に通じる道(恭仁東北道)が開通し、天皇は紫香楽村に離宮を造り、後にこの地を都としています。そして、三つ目の宮である難波宮(今の大阪市森ノ宮周辺)を都にする準備を進め、同年2月末には正式に難波を都とする宣言をしました。

聖武天皇が遷都を考えた理由には色々な説がありますが、有力と思われるのは中国の複数都制があったのではないかということです。恭仁京は物流、難波京は外交・貿易、そして紫香楽宮は仏都(廬舎那仏の建立)ということのようです。

その仏都として造られた『紫香楽宮跡』は、緑の松林に囲まれた緩い坂の参道をたどると、金堂跡があり、背後を囲むように僧坊跡・経堂跡・鐘楼跡・塔院跡などの礎石(そせき)が並び、東大寺とよく似た伽藍配置の寺院跡であることがわかります。この寺院は、聖武天皇が紫香楽宮で大仏造立をはじめた甲賀寺跡だと考えられています。
東西90m・南北110mにわたる広い丘陵地には、建造当時の335個の礎石が残り、はるか天平時代の雅やかな雰囲気が偲ばれます。


e0237645_22051542.jpg


e0237645_22051580.jpg


e0237645_22051632.jpg


e0237645_22051656.jpg


e0237645_22051613.jpg


e0237645_22051601.jpg


e0237645_22061016.jpg


e0237645_22061019.jpg


e0237645_22061164.jpg


e0237645_22061107.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-09-10 14:30 | (歴史)関西史 | Comments(2)

明智光秀の居城『坂本城址』20151003

明智光秀の居城『坂本城址』20151003



坂本城の遺構は住宅地と化し「行ったけど石碑や石像だけで残念だった」など、城めぐりには向かないという声がある。しかし、想像を広げれば、存分に楽しめる城下町なのだ。
国道161号沿いに、大きな坂本城址の碑が建つ坂本城址公園がある。駐車場は釣りを楽しむ人たちの車がほとんどで、城跡見学者は少ないものの坂本城跡をめぐる代表的な観光スポットでもある。
1582(天正10)年6月2日、本能寺の変により織田信長を討った明智光秀。その後、山崎で秀吉に敗れ坂本城へ戻る途中に命を落とした。坂本城は、いとこの明智左馬助光春が守るも包囲され、本丸に火を放ち光秀の妻子や自身の妻らとともに自害したと伝えられる。
坂本城落城後は、丹羽長秀や浅野長政らが城主となり再建したが、1586(天正14)年に大津城築城にともない廃城となった。


e0237645_15481054.jpg


e0237645_22113328.jpg



e0237645_15482027.jpg



e0237645_15483467.jpg



e0237645_15484328.jpg



e0237645_15492027.jpg




e0237645_15494246.jpg


e0237645_22125146.jpg









この項 <完>




by mo-taku3 | 2019-08-29 15:36 | (歴史)関西史 | Comments(2)

明智光秀(次の大河D)の菩提寺「西教寺」20190827

明智光秀(次の大河D)菩提寺「西教寺」20190827



来年のNHK大河ドラマは明智光秀と決まったようです。
明智家の末裔である明智憲三郎氏がついに明かす衝撃の真実として出版した本がきっかけで2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公に選ばれたようです。
さてそれで気になったのがこの明智光秀一族の菩提寺『西教寺』であり、久しぶりに早速出かけてみました。
西教寺は滋賀県
大津市坂本にありますが、この坂本には日吉・日枝神社の総本宮の「日吉大社」もあり、また有名なのは石積みの「穴太衆」の里もあります。
西教寺は天台宗の一派、天台真盛宗の古刹で、聖徳太子の開基という説があります。丁度修行僧の修業にも出会うことができました。
本堂の広場に出る階段を上がると右手に本堂を見て、正面に明智一族のお墓が並んでいます。
また、本堂に入ることができ厳かな雰囲気を味わってきました。立派な本堂でした。


e0237645_17361883.jpg


e0237645_17361895.jpg


e0237645_17361863.jpg


e0237645_17361860.jpg


e0237645_17361876.jpg


e0237645_17361865.jpg


e0237645_17374979.jpg


e0237645_17374937.jpg


e0237645_17374968.jpg


e0237645_17374909.jpg


e0237645_17374949.jpg


e0237645_17375092.jpg


e0237645_17384701.jpg


e0237645_17384808.jpg


e0237645_17384850.jpg


e0237645_17384806.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-08-27 13:33 | (歴史)関西史 | Comments(2)

百濟寺の「天下の遠望台」20160423

百濟寺の「天下の遠望台」20160423


百濟寺(ひゃくさいじ)の中腹には、「天下の遠望台」があります。
西方の借景は琵琶湖をかすめて、55km先の比叡山で、広大なパノラマ展望を望めます。
さらに西方、880km先には、往時の「百済国」がありました。
百済からの渡来人が母国を偲ぶ気持ちで「遠望台」に立つ時、両国の深い交流関係が蘇ってきます。

e0237645_14252288.jpg


e0237645_1425356.jpg


e0237645_14265214.jpg


e0237645_1427124.jpg


e0237645_14271237.jpg



e0237645_14272357.jpg


e0237645_14273643.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2018-08-29 21:52 | (歴史)関西史 | Comments(2)

平城京(奈良)の夕日20180808

平城京(奈良)の夕日20180808



時間ができたので近鉄奈良西大寺で下車し、平城京を一回りしました。
復元ができている、「朱雀門」、「大極殿」などですが夕暮れになると大極殿に架かる夕陽を見ることができ雌伏のひと時をいただきました。
もう少し暗くなると街のツバメがねぐらを求めて集団で平城京の上を通り森へ飛んでいく姿がみえました。思いがけずいいものを見た感じです。

e0237645_21444339.jpg

e0237645_21444390.jpg

e0237645_21444350.jpg

e0237645_21444380.jpg

e0237645_21444309.jpg

e0237645_21444489.jpg

e0237645_21444441.jpg

e0237645_21444422.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-08-08 19:15 | (歴史)関西史 | Comments(2)

平城京「東院庭園」20180808

平城京「東院庭園」20180808



平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この南半は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」あるいは「東院」と呼ばれていました。(今も東宮御所には皇太子がおられます。)その南東端に東西60m、南北60mの池があり、これを中心に構成されている区画が東院庭園です。
時間的に中に入ることができませんでしたが、詳しくは以下のURLをご覧ください。
https://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/page/toin.html


e0237645_13292607.jpg


e0237645_13292625.jpg


e0237645_13292787.jpg


e0237645_13292799.jpg


e0237645_13292735.jpg


e0237645_13292743.jpg


e0237645_13292764.jpg


e0237645_13292815.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-08 19:00 | (歴史)関西史 | Comments(2)

平城京(奈良)の現在の様子20180808

平城京(奈良)の現在の様子20180808



奈良「平城京」に行ってきました。
平城京の復元は徐々に行われており、「朱雀門」をはじめとして「大極殿」が復元され、東院庭園・宮内省なども出来上がっております。
現在は「朝堂院」の復元工事がおこなわれていました。
これからこの平城京をどのように復元していくのか楽しみなところでありますが、広大な敷地の中に点在する建物のつながりが希薄なことや交通の便が良くないのが折角の史跡を持ちながら、あまり訪れる人が少ない要因ではないかと思います。
もっともっと平城京を知ってもらう工夫ができるのではないかと思うが・・・。

e0237645_23232071.jpg

e0237645_23501955.jpg

e0237645_23232015.jpg

e0237645_23232012.jpg

e0237645_23232004.jpg

e0237645_23232127.jpg

e0237645_23550866.jpg



e0237645_23232129.jpg

e0237645_23575041.jpg

e0237645_00143210.jpg

e0237645_00042371.jpg

e0237645_00042492.jpg

e0237645_00285366.jpg

e0237645_00042404.jpg


e0237645_00042485.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-08-08 16:05 | (歴史)関西史 | Comments(2)

丹波古刹「慧日寺」の内陣・庭園20180711

丹波古刹「慧日寺」の内陣・庭園20180711



杉の木に囲まれた長い参道を抜けるとぽっかり明るい場所があらわれ山門に突き当たる。そこが慧日寺であるが一見静かななかに鳥の鳴き声が響き、茅葺のお堂が幾つか目に入る。
お寺の縁起は別にお紹介するが、ご朱印をいただくときに内陣・庭園を後でご案内しますと言われたので、お言葉に甘えて伺ってみた。
さすがに古刹だけあって庭園があり、そびえる様な石を配置した借景があり、本堂と庫離を結ぶ渡りとその横に坪庭があり、内陣にはいくつかのお宝らしきものがあった。丁寧な説明を受け貴重な時間をいただけた感じがした。

e0237645_16264890.jpg

e0237645_16264858.jpg

e0237645_16264882.jpg

e0237645_16264904.jpg

e0237645_16264901.jpg

e0237645_16264966.jpg

e0237645_16264916.jpg

e0237645_16264911.jpg

e0237645_16282692.jpg

e0237645_16282632.jpg

e0237645_16282605.jpg

e0237645_16282615.jpg

e0237645_16282641.jpg

e0237645_16282703.jpg

e0237645_16282795.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-07-18 13:10 | (歴史)関西史 | Comments(2)

恐竜化石発見の地「丹波市」20180711

恐竜化石発見の地(丹波市)20180711



200687日に丹波市山南町で同市在住の村上茂・足立洌の両氏により発見された大型のティタノサウルス形類恐竜化石は、長年の発掘調査及び研究の結果、20148月に新属新種の恐竜、タンバティタニス・アミキティアエと命名された。

「タンバティタニス・アミキティアエ」とは、「発見地のタンバ(丹波)と、ギリシャ神話の巨人ティタニス、発見者2人の「友情」のラテン語のアミキティアエを組み合わせたものである。」

これまでに兵庫県篠山市および丹波市内の下部白亜系篠山層群大山下層が分布する4地点においては、恐竜類、有鱗類、哺乳類、無尾類の骨格および卵殻等の脊椎動物化石が報告されてきた。これらに加えて、篠山市内で工事中の川代1号トンネルの岩砕より角竜類の頭骨の一部や竜脚類の歯、ワニ類の歯などの化石が複数発見され、また丹波竜が発見された産地とは異なる丹波市山南町上滝地内の露頭より新たにワニ類の鱗板骨や貝類の化石が発見されており、早くから「丹波恐竜の里」として施設建設・宣伝がなされてきている。

しかし全国には100ヶ所近くのハック例があるようで、この丹波の恐竜はあまり聞こえてこない。

ただ何といっても「新属新種の恐竜」というのが売り物ではないかと思うのだが…。

e0237645_22123408.jpg


e0237645_22123423.jpg


e0237645_22151498.jpg


e0237645_22123401.jpg


e0237645_22123473.jpg


e0237645_22123589.jpg


e0237645_22123543.jpg


e0237645_22123557.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-07-11 12:20 | (歴史)関西史 | Comments(0)