カテゴリ:(紹介記事)全国( 38 )

夜の浅草「雷門・吾妻橋」ほか20181112

夜の浅草「雷門・吾妻橋」ほか20181112



会社の懇親会の後、宿が近いこともあり浅草・吾妻橋近辺に寄ってみました。
ここは昼間は人気スポットのためかなりの混雑ですが、やはり夜9時を過ぎるとこの通りです。昼間とは違った味を楽しめました。

e0237645_13395851.jpg

e0237645_13395824.jpg

e0237645_13395870.jpg

e0237645_13395878.jpg

e0237645_13395896.jpg

e0237645_13395879.jpg

e0237645_13395962.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-12 21:38 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

カラフルな「東北新幹線車両」20180913

カラフルな「東北新幹線車両」20180913


東京駅新幹線ホーム14番線に立った時、向かいにカラフルな新幹線車両がみえました。
私は「撮り鉄」ではありませんが、きれいな車両なのでついついカメラにおさめました。
私はこうゆうのはオンチですが、帰って調べてみました。

これらは東北新幹線車両で、赤色が最新車両の「E6系」だそうで、2013年に登場した秋田新幹線直通の車両でした。これは「こまち」に主に使われ、一部の「はやぶさ」「やまびこ」「なすの」にも用いられています。7両編成で、E510両と併結して運転することが多いそうです。

ということはこの連結がそうゆうことでしょうね。
また、青色はE5/H5系で2011年に登場した東北新幹線の主力車両だそうです。これは「はやぶさ」に主に使われ、一部の「はやて」「やまびこ」「なすの」にも用いられるそうです。

E5系がJR東日本の車両、H5系がJR北海道の車両で、基本仕様は同じだそうです。10両編成で、E67両やE36両と併結して運転することが多いそうです。

少し賢くなった気分です。

e0237645_08252060.jpg


e0237645_08252047.jpg










この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-10-01 08:12 | (紹介記事)全国 | Comments(0)

古刹「浅草寺」の境内・仲見世20180226

古刹「浅草寺」の境内・仲見世20180226



浅草は昔からずっと栄てるイメージがある。何といっても雷門と仲見世だと思います。

日本では修学旅行の定番中の定番。また海外でも有名らしく外人観光客が沢山押し寄せている。

しかもスカイツリーができたことにより、セットでの人気は益々エスカレートしているようです。

大黒天をお祀りしている浅草寺は日本でも最も古いといわれる古刹です。
資料によると、このような逸話が残されています。

推古天皇36年(628)3月18日未明のこと、隅田川に投網漁をしていた漁師の檜前浜成(ひのくまのはまなり)、竹成(たけなり)兄弟の網に一体の仏像がかかりました。それを豪族の土師真中知(はじのまなかち)は、尊い観音像であることを知り、深く帰依して自宅を寺とし、その観音像を奉安し、礼拝供養に勤めました。これが浅草寺のはじまりとのことです。

その後、大化元年(645)、勝海上人がこの地に留まり観音堂を建立、また夢告によりご本尊は秘仏と定められ武蔵国の観音信仰の中心地となりました。
現在の本堂再建工事にあたって出土した数々の遺物から、金龍山浅草寺は少なくとも平安期には大寺の伽藍をここ武蔵野の一漁村に構えていたことが判りました。
平安期はじめ、慈覚大師の巡拝により伽藍の整備が行われ、その後一層信者の層も厚くなりました。以来、慈覚大師を中興開山と呼んでおります。
鎌倉期以降になると将軍自ら帰依するに及び、名将たちの篤い信仰を集めていよいよ観音霊場として知られるようになりました。
江戸時代、天海僧正(上野東叡山寛永寺の開創)の進言もあって、徳川幕府の祈願所と定められ、いわゆる江戸の信仰と文化の中心として庶民の間に親しまれ、以後の隆盛をみるようになったのです。

今日、東京(江戸)の発展は江戸城構築からの徳川幕府にはじまると思われがちですが、こうして浅草というところは古くから宗教的にも文化的にも江戸の拠点であった訳です。江戸が東京にかわったときでも、文明開化の先駆的な役割を果たし、庶民の信仰と文化の一大中心地として機能してきたことも当然といえるのです。



e0237645_13271952.jpg


e0237645_13271979.jpg


e0237645_13272095.jpg


e0237645_13272006.jpg


e0237645_13272099.jpg


e0237645_13272061.jpg


e0237645_13281033.jpg


e0237645_13281007.jpg


e0237645_13281049.jpg


e0237645_13281065.jpg


e0237645_13281072.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-20 01:02 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

巣鴨「とげぬき地蔵」と商店街20180331

巣鴨「とげぬき地蔵」と商店街20180331



「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれるこのお寺、正式には曹洞宗萬頂山高岩寺といいます。

慶長元年(1596年)に江戸湯島に開かれ約60年後下谷屏風坂に移り巣鴨には明治24年(1891年)に移転してきました。
ご本尊は「とげぬき地蔵」として霊験あらたかな延命地蔵菩薩です。こちらの地蔵菩薩様は秘仏ですので残念ながら拝見させていただくことはできませんが、そのお姿を元に作られた御影(おみかげ)に祈願してもご利益があるとされています。こちらは高岩寺のご本堂で授与されています。

(洗い観音)

江戸時代最大の火事であった「明暦の大火」(1657年)で、当寺の檀徒の一人「屋根屋喜平次」は妻をなくし、その供養のため、「聖観世音菩薩」を高岩寺に寄進しました。 この聖観世音菩薩像に水をかけ、自分の悪いところを洗うと治るという信仰がいつしかうまれました。これが「洗い観音」の起源です。

e0237645_09054699.jpg


e0237645_09054615.jpg


e0237645_09054677.jpg


e0237645_09054688.jpg


e0237645_09054661.jpg


e0237645_09054600.jpg


e0237645_09054727.jpg


e0237645_09054763.jpg


e0237645_09072380.jpg


e0237645_09072338.jpg


e0237645_09072481.jpg


e0237645_09072412.jpg


e0237645_09072457.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-20 00:05 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)20180317

宇和島「遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうら)20180317



ここは宇和島市が面している湾の一角にある漁村である。
地図に載っていたので少し遅くなったけど向かってみた。道は市街地から外れ曲がりくねった道を30分位進むと段々畑が見えてきた。
しかし行ってよく見ると、この急な土地に石垣を積み上げて造った芸術といっていいような段々畑だった。
上ってみたが半分くらいまでがせいいっぱいだった。
あまり知られていないようだが見事なものだった。

e0237645_17291858.jpg

e0237645_17291871.jpg

e0237645_17291898.jpg

e0237645_17291863.jpg

e0237645_17291827.jpg

e0237645_17291980.jpg

e0237645_17291987.jpg

e0237645_17291947.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-03-17 17:10 | (紹介記事)全国 | Comments(0)

すっかり変わった「三軒茶屋」20171216

すっかり変わった「三軒茶屋」20171216



元クーパースのミニ忘年会を三軒茶屋でランチをやりました。
三軒茶屋のレストラン「Picco Bello(https://r.gnavi.co.jp/fe0dbb860000/)」ということで、安くて・たらふく、味はまあまあでしかも飲み放題ということでした。とにかく大満足でした。
Nさんが探してくれました。感謝です。
三軒茶屋は昔しか知らない私には、すっかり変わって見え、高層の「キャロットタワー」ビル(124m)が三軒茶屋の西側にありました。
ちなみに調べてみると東京で一番高いビルは、赤坂の「ミッドタウンタワー」ビル(248m)で次が都庁(243m)だそうです。三軒茶屋のビルは216位ということで、東京は高層ビルが予想以上に多いことが分かりました。
それでもビルからの眺めは素晴らしい!


e0237645_22452115.jpg


e0237645_22452202.jpg


e0237645_22452212.jpg


e0237645_22452272.jpg


e0237645_22452209.jpg


e0237645_22452361.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-12-16 15:43 | (紹介記事)全国 | Comments(4)

玉電(世田谷線)20171216

玉電(世田谷線)20171216



私が東京に出てきた時が、昭和45年になります。
その時は家内の実家(富ヶ谷)で居候をしたあと、埼玉の公団住宅に移りました。
その当時は玉電がまだ現役バリバリで、渋谷~二子多摩川間まであったように思います。
その当時、姉夫婦が二子新地(多摩川を渡った先)におり、ここに行くのに渋谷から大井町経由の東急大井町線で行った記憶があります。
その後、玉電跡に渋谷から中央林間までの東急田園都市線ができ青葉台に引っ越した私は便利になりました。
ここに写っている電車は元々ある世田谷線の玉電です。これは電車も今風に造られ運行されています。

e0237645_23003249.jpg


e0237645_23003227.jpg



e0237645_23003204.jpg


e0237645_23003330.jpg


e0237645_23003336.jpg


e0237645_23003499.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-12-15 22:58 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

新橋駅前広場の汽車ポッポ20171215

新橋駅前広場の汽車ポッポ20171215



夜、たまたま新橋からJRに乗ろうとしたら、お馴染みの駅前広場の汽車ポッポが七色に変化してましたので思わず写してきました。
きれいなのでしばらく見とれていました。

e0237645_22294619.jpg

e0237645_22294716.jpg

e0237645_22294790.jpg

e0237645_22294775.jpg

e0237645_22294828.jpg

e0237645_22294818.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-12-15 21:28 | (紹介記事)全国 | Comments(3)

高知「ひろめ市場」20171213

高知「ひろめ市場」20171213



高知に行った方はご存知のことと思う。
他に類を見ない凄い熱気の市場、というより広場と言った方がいい老若男女が自由に集う大衆が食堂と言った感じの所である。
何度でも行ってみたい場所である。ここではその場であぶってくれるカツオのたたきが絶品でいうことなし。
高知市の中心に位置し高知城から徒歩2分、日曜市にも隣接した観光施設となっている。
土佐を味わう飲食店、活きのいい鮮魚店、ユニークな雑貨店・・・
様々な個性・特長を持つ60以上の店舗が集まり、市場というより大いににぎわう「屋台村」といった雰囲気である。
市場内で購入した飲食物は約400席に及ぶテーブルとイスの設けられた広場・通り・横丁で自由に食事ができる。
高知に行かれたら是非お勧めである。


e0237645_23144710.jpg


e0237645_23144751.jpg


e0237645_23144723.jpg


e0237645_23144796.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-12-12 18:11 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

四万十川「沈下橋」20171211

四万十川「沈下橋」20171211



高知県四万十市の四万十川に架かる「沈下橋」はご存知と思いますが、川の水が増水しても橋の上を水がスムーズに?流れるように造られた極力障害物にならないように、そして頑丈につくられているようです。この四万十川はよほど荒れ川なんでしょうね。
写真をご覧になっていただくとおわかりと思いますが、橋には欄干もなく幅も狭く(4m位)石造りになっています。
現在の四万十市は元は中村市と言っていたと思いますが、古くは小京都ともいわれところですが、その名のJR中村駅の近くを流れるのが、四万十川です。
この川にはいくつもの「沈下橋」があり、今回は「勝間沈下橋」、「高瀬沈下橋」の二つに行ってきました。
この他、四万十川の最下流にある最長(291m)の通称「佐田沈下橋」(今成橋)があります。中村駅から川を遡ること15分位です。30分位で上記3つを見ることができます。


e0237645_21484079.jpg

e0237645_21484044.jpg

e0237645_21484188.jpg

e0237645_21484148.jpg

e0237645_21484138.jpg

e0237645_21484241.jpg

e0237645_21484262.jpg

e0237645_21484211.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-12-11 16:10 | (紹介記事)全国 | Comments(2)