カテゴリ:(紹介記事)京都( 166 )

夜の京都タワーと京都駅20181207

夜の京都タワーと京都駅20181207



京都の玄関口の京都駅。あまり類を見ない駅の建物でどの角度から眺めても素晴らしい。
一時反対運動が起きたようだが、今では誰もが誇っているのではないかと思う。
夜は益々素晴らしい。京都タワーと併せて京都駅をご覧ください。

e0237645_00270197.jpg

e0237645_00270114.jpg

e0237645_00270123.jpg

e0237645_00270157.jpg

e0237645_00270162.jpg

e0237645_00270229.jpg

e0237645_00270245.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-12-07 18:24 | (紹介記事)京都 | Comments(0)

京都西本願寺のイチョウの雄姿20181205

京都西本願寺のイチョウの雄姿20181205



西本願寺にはイチョウの大木が2本あった。あった、というのは一本が今年の度重なる台風の影響で大きな枝が折れてしまい、そしてきれいに枝が選定されて雄姿に戻るのは2・3年かかりそうな気配である。
お堂の前のイチョウは健在だったので一安心というところ。

e0237645_21390185.jpg

e0237645_21390239.jpg


e0237645_21332598.jpg

e0237645_00104106.jpg

e0237645_00104205.jpg

e0237645_00104203.jpg

e0237645_00104266.jpg

e0237645_00104227.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-12-05 14:31 | (紹介記事)京都 | Comments(0)

嵐山公園から見た保津峡の紅葉20181128

嵐山公園から見た保津峡の紅葉20181128



嵐電「嵐山駅」を降りて、桂川の左岸を200m位上流に行ってそこから右に折れて坂道を上へと昇っていくと嵐山公園があります。そこから更に上に上ると公園の展望台に出ます。そこからの眺めがこの写真の眺望です。
丁度、修学旅行生が保津川下りから降りてきている状態が眺められました。
また下には星のや嵐山や山の中腹には千光寺というお寺も見れ、タイミングが良けりゃあトロッコ列車の通過が見られます。
ここまで着る人は少なく、このように渓谷の山肌が見れる絶好のポジションです。

e0237645_23590662.jpg

e0237645_23590605.jpg

e0237645_23590778.jpg

e0237645_23590785.jpg

e0237645_23590789.jpg

e0237645_23590757.jpg

e0237645_23590761.jpg

e0237645_23590865.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-28 11:00 | (紹介記事)京都 | Comments(0)

嵯峨野のお馴染みの竹林20181128

嵯峨野のお馴染みの竹林20181128



嵐山から嵯峨野に抜ける途中にこの「竹林」があります。
世界的な観光名所になっているようで、外国人観光客で殆どを占めています。
老若男女・和様折衷という感じで混みあっています。

e0237645_23084918.jpg

e0237645_23085039.jpg

e0237645_23085031.jpg

e0237645_23085009.jpg

e0237645_23085043.jpg

e0237645_23085091.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-28 10:06 | (紹介記事)京都 | Comments(0)

京都御所を友人と拝観20181115

京都御所を友人と拝観20181115



この日は金曜日の晴天とあって「京都御所」には沢山の人が訪れていました。午前中で軽く1000人を超しているとのことで、無料で手続きなしでいつでも入れるというのが人気の理由でしょうね。
一緒に行った友人は初めてということもあり大変喜んでくれたようです。

e0237645_13474085.jpg

e0237645_13474082.jpg

e0237645_13474033.jpg

e0237645_13474036.jpg

e0237645_13474109.jpg

e0237645_13474197.jpg

e0237645_13474166.jpg

e0237645_13474174.jpg

e0237645_13485776.jpg

e0237645_13485734.jpg

e0237645_13485749.jpg

e0237645_13485811.jpg

e0237645_13485800.jpg

e0237645_13485877.jpg

e0237645_13485828.jpg

e0237645_13485812.jpg

e0237645_13485822.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-15 11:30 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

京都御苑の「宗像神社」20181115

京都御苑の「宗像神社」20181115



北家藤原氏の祖、藤原冬嗣が795年(延暦14)桓武天皇の許しを得て、平安京の東西両市の守護神として福岡県の宗像神社を勧請したのが創祀とされる。
その後冬嗣の自邸小一条第に移したと伝えられるが、小一条第は花山院家が相続したことから同家が別当となる。
その後、天皇の東京移動にともない公家町だったところは京都御苑となり、邸内社が府社となった。
御神木の楠は樹齢600年とも800年とも言われる。
境内社に、花山稲荷神社・京都観光神社・小将井神社・繁栄稲荷神社・金比羅宮がある。
春と秋には花山稲荷神社・京都観光神社の祭礼があり、芸能関係者が集い神楽舞やヴァイオリン、フルート、津軽三味線などのミニコンサートなど奉納される。
12月の境内では水仙が咲き、34月は彼岸桜・染井吉野・枝垂れ桜・黄桜・山桜(紫宸殿元左近の桜を拝領)と花に囲まれた境内となる。
今の時期は紅葉の木も色づき見頃となっている。



e0237645_14140134.jpg


e0237645_14140141.jpg


e0237645_14140150.jpg


e0237645_14140260.jpg


e0237645_14140295.jpg


e0237645_14140263.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-11-15 11:15 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

拾翠亭(京都御苑)で癒しの世界20181115

拾翠亭(京都御苑)で癒しの世界20181115



拾翠亭(しゅうすいてい)は毎週特別な行事がない時は、木~日曜日まで見学することができます。(入場料:100円)
ここは京都御苑の中の九条邸跡に残った茶室で元々の九条邸の庭を現在は独り占めしております。写真の通り整えられた美の美しさが、拾翠亭からは比叡山を借景にして眺めることができます。このひと月は紅葉シーズンで素晴らしい眺めが見られる癒しの空間が広がっています。

e0237645_13581011.jpg

e0237645_13581079.jpg

e0237645_13581091.jpg

e0237645_13581035.jpg

e0237645_13581050.jpg

e0237645_13581158.jpg

e0237645_13581139.jpg

e0237645_13581119.jpg

e0237645_13594300.jpg

e0237645_13594376.jpg

e0237645_13594363.jpg

e0237645_13594311.jpg

e0237645_13594404.jpg

e0237645_13594411.jpg

e0237645_13594424.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-15 11:10 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

西本願寺「本願寺菊献展」20181109

西本願寺「本願寺菊献展」20181109



今年も恒例の西本願寺「本願寺菊献展」がありました。
4か所の大きなブースに沢山の種類の菊が展示され、品評会となっているので、金賞を筆頭に入賞された菊の展示でした。
今年は変わった品種もあり、楽しんできました。

e0237645_23285792.jpg

e0237645_23285791.jpg

e0237645_23285841.jpg

e0237645_23285812.jpg

e0237645_23285800.jpg

e0237645_23285884.jpg

e0237645_23285810.jpg

e0237645_23285839.jpg

e0237645_23330878.jpg

e0237645_23330894.jpg

e0237645_23330813.jpg

e0237645_23330800.jpg

e0237645_23330859.jpg

e0237645_23330967.jpg

e0237645_23330988.jpg

e0237645_23330945.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-09 16:00 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

日本初の水力発電所(事業用)20181104

日本初の京都「蹴上水力発電所」(事業用)20181104



京都には「蹴上水力発電所」という日本初の事業用の水力発電所がある。

1891年(明治24年)に琵琶湖疎水の落差を利用した米国のアスペン(コロラド州)の水力発電所を参考にした蹴上水力発電所(水路式、直流、160kW)が、運用を開始した。

これが日本で最初の一般営業用(電気事業)の水力発電所である。
蹴上水力発電所が電力を供給するようになると、
この電力を使って京都市は、京都駅前から伏見稲荷までの電車(日本初)を走らせている。


e0237645_23591547.jpg


e0237645_23591696.jpg


e0237645_23591661.jpg


e0237645_23591690.jpg


e0237645_23591681.jpg


e0237645_23591674.jpg


e0237645_00001242.jpg


e0237645_00001243.jpg


e0237645_00001225.jpg


e0237645_00001269.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-11-04 15:57 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

琵琶湖疎水とインクライン20181104

琵琶湖疎水とインクライン20181104



琵琶湖疏水は京都と大津間の船による輸送を用途の一つとしていたが、落差の大きい場所は船が運行できないので、台車に船を載せて上下させるインクラインで運行していた。
写真にあるように、大津から引かれた水路を船によって運送できるようになっていたが、高低差を解消するため台車に載せて上下していた。
現在この疎水は水路のみの利用をしており、このインクラインは使われていないが、今後、観光水路として観光客を乗せた運行が予定されているようだ。
この水路も紅葉がきれいに見ることができそうで、早い開通が望まれている。


e0237645_23302008.jpg


e0237645_23302002.jpg


e0237645_23302087.jpg


e0237645_23302030.jpg


e0237645_23302040.jpg


e0237645_23302039.jpg


e0237645_23312597.jpg


e0237645_23312511.jpg


e0237645_23312584.jpg


e0237645_23312605.jpg


e0237645_23312624.jpg


e0237645_23312622.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-11-04 15:40 | (紹介記事)京都 | Comments(2)