人気ブログランキング |

カテゴリ:(紹介記事)京都( 222 )

大谷本廟~清水寺への道20190801

大谷本廟~清水寺への道20190801



清水道(清水寺への参道)は幾つかかありますが、殆どの人が通らない道があります。東山五条を基点として「茶わん坂」が南端の様に思っている人が多いと思いますが、実は大谷本廟の墓地沿いに清水道があります。
ここは一時土砂崩れで通行止めになったことがありましたが、大きな大谷本廟の墓地の先に京都臣氏を見渡すことができ、また最初から最後までずーっと坂道が続き散歩道としては最高です。そして、清水寺の手前で清水寺が眺められ、変わった角度から眺めることができ、大好きな道です。

e0237645_16422007.jpg

e0237645_16422044.jpg

e0237645_16422040.jpg

e0237645_16422081.jpg

e0237645_16422196.jpg

e0237645_16422136.jpg

e0237645_16474502.jpg

e0237645_16474532.jpg

e0237645_16475892.jpg

e0237645_16474634.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-08-01 14:39 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

京都「祇園花見小路の火事」20190709

京都「祇園花見小路の火事20190709



京都祇園のメインストリートである「花見小路」沿いにある店舗で火事が起き、付近は一時騒然となりました。

8日午後9時すぎ、京都市東山区祇園町南側で飲食店から出火、この店を含む5軒が燃え、消防車約20台が出動し、火は約3時間半後にほぼ消し止められました。けが人はいないということです模様。

ここは通りも広く消防車両も入ることができ、密集した建物ながら大火にならずに消し止められています。警察は、9日朝から現場検証をして火元や火事の原因を調べています。

この写真は9日朝の状況です。



e0237645_23332500.jpg


e0237645_23332560.jpg


e0237645_23332591.jpg


e0237645_23332506.jpg


e0237645_23332636.jpg


e0237645_23332676.jpg


e0237645_23332633.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-09 09:00 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

タチアオイの幼花20190707

タチアオイの幼花20190707



タチアオイの植えたばかりの苗が少し成長した形に出会いました。
これが2~3mになるから脅威です。
3・4週間後にまた行って見たいと思います。成長が楽しみです。

e0237645_22304996.jpg

e0237645_22304921.jpg

e0237645_22305035.jpg

e0237645_22305061.jpg

e0237645_22305018.jpg

e0237645_22322021.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-07-07 12:30 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

タイタンビカス(アオイ科)の花20190707

タイタンビカス(アオイ科)の花20190707



植物園の入口を入ったところにアオイ科の「タイタンビカス」という、大きな花が咲いていました。異常な大きな花なので見事でした。

e0237645_17053510.jpg

e0237645_17053561.jpg

e0237645_17053593.jpg

e0237645_17053563.jpg

e0237645_17053514.jpg

e0237645_17053557.jpg

e0237645_17064995.jpg

e0237645_17064912.jpg

e0237645_17064945.jpg

e0237645_17064920.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-07-07 12:10 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

懐かしい「ゴボウ(野菜)」の花20190707

懐かしい「ゴボウ(野菜)」の花20190707



ゴボウの花が咲いていたのを見つけ、チョット興奮してしまった。
子供の頃、自宅の庭のごみ捨て場からゴボウが芽を出し大きく伸びてこのような花が咲いていました。この花は毛の服にくっつくのでくっつけ合いのゲームで遊んだ覚えを思い出し、懐かしのあまり、つい写していました。

e0237645_16561543.jpg

e0237645_16561539.jpg

e0237645_16561502.jpg

e0237645_16561500.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-07-07 12:00 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

アルストロメリア(ユリズイセン科)の花20190707

アルストロメリア(ユリズイセン科)の花20190707



色違いの
アルストロメリアという花が最盛期でした。これだけ色違いの花が一堂に会しているは初めてである。
アルストロメリア属 は、単子葉植物の属の一つ。
分類体系により所属する科は異なり、新エングラー体系ではヒガンバナ科、クロンキスト体系ではユリ科、APG分類体系ではユリズイセン科に分類される。
ここではユリズイセン科としています。

e0237645_16395271.jpg


e0237645_16395274.jpg


e0237645_16403581.jpg


e0237645_16395371.jpg


e0237645_23390993.jpg



e0237645_16395359.jpg


e0237645_16395344.jpg


e0237645_16395320.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-07 11:38 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

空海が創設した私立の「綜芸種智院跡」20190703

空海が創設した私立の「綜芸種智院跡」20190703



綜芸種智院跡は、京都市南区にある史跡である。京都駅から当寺に行く途中に偶然見つけたもので西福寺(浄土宗)というお寺の前に、「綜芸種智院跡」石碑が建てられている。
綜芸種智院は、弘法大師(空海)が、天長5年(828年)に創設した私立学校である。
当時の大学・国学(国立学校)への入学については、厳格な身分制限があり、一般民衆が学問を志すことは困難を伴ったため、空海がそのような人々の為に設立したものである。
種智とは、仏道・心理を極めようとする心という意味で、内典(仏書)、外典(儒書)の講義が行われた。しかしながら、承和2年(835年)の空海入寂後、後継者がなかったため、承和12年(845年)に廃絶した。現在の私立種智院大学(伏見区)は、当院の伝統を継いで設立されたものといわれている。


e0237645_22385727.jpg


e0237645_22385705.jpg


e0237645_22385784.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-03 15:30 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

平氏打倒の先駆け「以仁王」の城興寺20190703

平氏打倒の先駆け「以仁王」の城興寺20190703



以仁王(もちひとおう)は後白河天皇の第3皇子で、平家打倒の先駆者でありながら、所期の目的を達せず、悲劇的な最期を遂げたことで知られる。

時は平家政権の末期で、後白河法皇が平家打倒の謀議が発覚し、鳥羽殿に幽閉されるといった事態「治承三年の政変」が起こった。以仁王も連座していた疑いをもたれ、所領(ここ城興寺)を没収されたこともあり、自ら全国の源氏に平家打倒の令旨を出して決起を促し、源三位頼政とともに立ったが源氏決起の足並みが揃わず多勢に無勢で失敗に終わっている。平家の圧倒的な力の前に敗走し、南都の寺社勢力を頼ろうと大和国を目指して落ち延びる途中、南山城で討ち取られている。



e0237645_22423890.jpg


e0237645_22423886.jpg


e0237645_22423868.jpg


e0237645_22423930.jpg


e0237645_22423952.jpg


e0237645_22423948.jpg


e0237645_22423969.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-03 14:30 | (紹介記事)京都 | Comments(5)

京都御苑「蛤御門~堺町御門」を歩く20190701

京都御苑「蛤御門~堺町御門」を歩く20190701



「蛤御門」は幕末の内戦の激戦地であった。

禁門の変(蛤御門の変)とは、前年「八月十八日の変」京都を追放されていた長州藩が、会津藩主「松平容保」らの排除を目指して挙兵し、京都市中において市街戦を繰り広げた事件である。

19日、御所の西辺である京都「蛤御門」付近で長州藩兵と会津・桑名藩兵が衝突、ここに戦闘が勃発したところである。今でも銃弾の跡が残されている。

この時、京都市中も戦火により多くの文化財は勿論、約3万戸が焼失するなど、太平の世を揺るがす大事件であったことは、言うまでもない。

e0237645_22261886.jpg


e0237645_22261889.jpg


長い京都御所の塀に沿って歩いたあと、府かい緑の庭園から、小さな小川(出水の小川)を見ながら堺町御門まで歩きました。

e0237645_22261923.jpg


e0237645_22261936.jpg


e0237645_22261957.jpg


e0237645_22261934.jpg


e0237645_22271952.jpg


e0237645_22272088.jpg


e0237645_22272045.jpg


e0237645_22272046.jpg


e0237645_22272086.jpg


e0237645_22272081.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-01 10:35 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

陶器店が立ち並ぶ五条坂(五条通)20190628

陶器店が立ち並ぶ五条坂(五条通)20190628



五条坂の夏・8月と言えば陶器まつりで大変な賑わいになる。
陶芸家の河井 寛次郎記念館などもこの異ったにあり、陶芸(清水焼)の発祥の地には若宮八幡宮が建っている。勿論元々この五条坂には沢山の陶器店が並んでおり、今も少なくはなったが健在である。

e0237645_20080921.jpg


e0237645_20080992.jpg


e0237645_20080985.jpg


e0237645_20080994.jpg


e0237645_20081087.jpg


e0237645_20081033.jpg


e0237645_20091056.jpg


e0237645_20091082.jpg


e0237645_20091089.jpg


e0237645_20091184.jpg










この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-06-28 11:51 | (紹介記事)京都 | Comments(2)