カテゴリ:(風情)日本の四季( 42 )

浅草でスカイツリーを望む20181112

浅草でスカイツリーを望む20181112



スカイツリーはやはり高い。浅草寺境内からも見ることができ、そして新しい建物としても違和感がないから素晴らしい。
最近はもっぱら外から眺めている。

e0237645_22340573.jpg

e0237645_22340557.jpg

e0237645_22340509.jpg

e0237645_22340512.jpg

e0237645_22340606.jpg

e0237645_22340692.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-12-08 14:32 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

新幹線から捉えた「富士山」20180129

新幹線から捉えた『富士山』20180129



富士山がやっと撮れました。
昨年4月から月一東京に行っておりますが、天気を気にしながら富士山の姿を写真に収めようと毎回構えていましたが、一月になって10ヵ月振りにその姿を収めることができました。今年はいい年になりそうです。
幾つかの角度から収めることができ、素晴らしい画姿でした。

e0237645_18480569.jpg

e0237645_18480630.jpg

e0237645_18480625.jpg

e0237645_18480613.jpg

e0237645_18480687.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-29 09:43 | (風情)日本の四季 | Comments(0)

世田谷「ボロ市・世田谷代官屋敷跡」20171216

世田谷「ボロ市・世田谷代官屋敷跡」20171216




世田谷のボロ市は700店以上の露店が並び、1日に約20万人もの人出でにぎわうボロ市は12月(1516日)と1月(1516日)の年2回、2日間ずつ、代官屋敷を中心にボロ市通りで行われます。
説明資料によりますと、
ボロ市の始まりは、遠く安土桃山時代まで遡ります。
当時関東地方を支配していた小田原城主北条氏政は、天正
6(1578)
世田谷新宿に楽市を開きました。
楽市と言うのは市場税を一切免除して自由な行商販売を認めるというもので、毎月一の日と六の日に
6
回開いていたので、六斎市(ろくさいいち)ともいいました。
その後、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされ、徳川家康が江戸に幕府を開き、世田谷城が廃止されると、世田谷新宿が城下町としての存在意義を失い急速に衰えていきました。
六斎市は自然消滅して姿を変え、何時のころからか年に
1
回、年の暮れに開かれる歳の市(市町)になっていきました。
そして明治の世になって新暦が使われてから正月
15日にも開かれ、やがて121516日の両日、正月にも1516
日の両日開かれるようになり現在に至っています。」
とあります。長い歴史が刻まれたものなんですね。


e0237645_16220313.jpg


e0237645_16220310.jpg


e0237645_16220359.jpg


e0237645_16220434.jpg


e0237645_16220466.jpg


世田谷代官屋敷跡
世田谷代官屋敷は彦根井伊家の世田谷領20ヶ村の代官所でしたが、代官の陣屋として建てられたのではなく、この地の名主であり世襲で代官職を務めた大場家宅を役所とした邸宅兼用の代官所でした。現存する建物は代官所としての特徴も見られますが、武家屋敷というよりも豪農の邸宅としての形態をよく伝えています。表門も武家屋敷の長屋門形式ではなく、民家の門に近い簡素な形です。この主屋と表門は明治期以後も大場家によりそのまま受け継がれ、今も旧態を保存している貴重な建物なので、大場家主屋及び表門として国の重要文化財に指定されています。



e0237645_16220442.jpg


e0237645_16220567.jpg


e0237645_16220570.jpg


e0237645_16220617.jpg


e0237645_16220649.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-12-16 13:20 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

芋ケンピ「水車庵」のイルミネーション20171211

芋ケンピ「水車庵(みずぐるまや)」のイルミネーション20171211



高知には四万十町と四万十市がある。
多分四万十町の方の命名が早かったのではないかと思う。私の記憶では四万十市は元々中村市だったと思う。
さてその四万十町を通過した時カラフルなイルミネーションを目にした。
早速停めてこの素晴らしい情景の先に、水車庵(みずぐるまや)という高知では有名な「芋ケンピ」の会社であった。
大好きなケンピを大量に買い込んだのは勿論である。

e0237645_22522892.jpg


e0237645_22522812.jpg


e0237645_22522872.jpg









この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-12-12 17:49 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

高知のシンボル「高知城」20171212

高知のシンボル「高知城」20171212



高知城は、初代土佐藩主山内一豊が築いた土佐二十四万石の歴史あるお城です。
関ヶ原戦の功績により徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊が,慶長6年(1601年)新城の築城工事を始め整備しました。

高知市の中心にある典型的な平山城でシンボルと言っていい立派な城です。
三層六階の天守閣や追手門などの建物は国の重要文化財となっています。

日本国内に残る木造の12古天守の一つであり,火災や震災,明治維新による全国的な廃城,太平洋戦争など幾度となく襲ってきた危機を乗り越え,現在でもその姿を残しています。
公園内には,内助の功で有名な一豊の妻,千代の像や板垣退助像などもあります。山内一豊の入府以前の土佐は、長宗我部氏の領土でしたが、四国の雄元親没後は四男盛親が継いだが、関ヶ原の役で西軍に付き領地を没収されていrます。


e0237645_16091494.jpg


e0237645_16091520.jpg


e0237645_16091572.jpg


e0237645_16091581.jpg


e0237645_16091576.jpg


e0237645_16091683.jpg


e0237645_16091611.jpg


e0237645_16091658.jpg


e0237645_16110445.jpg


e0237645_16101005.jpg


e0237645_16101088.jpg


e0237645_16101035.jpg


e0237645_16101160.jpg


e0237645_16101179.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-12-12 11:06 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

足摺岬竜串海岸(高知)20171211

足摺岬竜串海岸(高知)20171211



こちらは足摺岬です。
前日(10日)の朝、京都を発って徳島から海岸沿いに室戸岬を回って高知に着きましたが、今日(11日)は高知市から足摺岬の先端にある四国霊場39番札所「延光寺」というところから高知県の西の端の札所を回りました。
高知市から高速を使っても4時間近くかかる結構大変なところでした。
足摺岬海岸に行きましたがここも室戸岬に引けをとらない眺めの良い所でした。
室戸岬よりは観光設備は整っていた感じです。
しかしながら、残念なことに写した写真は失敗で、その先の龍串海岸の風景をここに載せました。

e0237645_22080289.jpg

e0237645_22080282.jpg

e0237645_22080268.jpg

e0237645_22080372.jpg

e0237645_22080306.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-12-11 11:06 | (風情)日本の四季 | Comments(0)

新宿御苑「旧御涼邸」20171110

新宿御苑「旧御涼邸」20171110



昭和天皇が摂政宮裕仁親王の時その御成婚を記念して、当時の台湾在住邦人の有志の方々が寄贈した建物で、建築家、森山松之助の設計により、昭和2年に竣工されました。

この建物は中国南方地方(福建省)の建築(ビンナン建築)と同じ様式で造られており、本格的中国風建築の日本における数少ない建物として、貴重なものと評価されているようです。
日本の庭園には少しミスマッチ感がありますが池の対岸からは見事な情景を写していると言えるのではないかと思います。


e0237645_13493932.jpg


e0237645_13493907.jpg


e0237645_13493978.jpg


e0237645_13493975.jpg


e0237645_13494030.jpg


e0237645_13494049.jpg


e0237645_13494017.jpg


e0237645_13494160.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-11-10 10:00 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

秋の新宿御苑散策20171110

秋の新宿御苑散策20171110



東京の「新宿御苑」に初めて足を踏み入れました。
この日朝2時間ほど空きが出ましたので、近くに行く途中にあり寄ってみました。
京都では京都御苑などもそうですが、ここ新宿御苑内は非常にきれいにメンテナンスされており規模も大きく自然も残っており、またいろいろな人、国際色豊かな雰囲気で散策しているようでした。


e0237645_13543642.jpg


e0237645_13543610.jpg


e0237645_13543726.jpg


e0237645_13543711.jpg


e0237645_13543718.jpg


e0237645_13543725.jpg


e0237645_13543833.jpg


e0237645_13543892.jpg


e0237645_13555115.jpg


e0237645_13555150.jpg


e0237645_13555287.jpg


e0237645_13555293.jpg


e0237645_13555278.jpg


e0237645_13555254.jpg


e0237645_13555378.jpg













この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-11-10 09:52 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

新宿御苑「菊花展」20171110

新宿御苑「菊花展」20171110



新宿御苑では「菊花展」をやっておりました。
見事としか言いようのない菊の花ですが、すっきり上品に展示してありました。
傑出した菊花展と言っていいかと思います。
目の保養になりました。

e0237645_13400585.jpg

e0237645_13390966.jpg

e0237645_13390919.jpg
e0237645_13390960.jpg

e0237645_13391067.jpg

e0237645_13391006.jpg

e0237645_13391003.jpg

e0237645_13391161.jpg


e0237645_13433477.jpg

e0237645_13433581.jpg

e0237645_13433590.jpg

e0237645_13433578.jpg

e0237645_13433550.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-11-10 09:34 | (風情)日本の四季 | Comments(2)

文京区老舗旅館「鳳明館」に宿泊20171013

文京区老舗旅館「鳳明館」に宿泊20171013



宿泊の予約が遅れて、検索しているとこの旅館が見つかった。
場所は本郷になり東大の赤門も近くにあり、都会の喧騒から離れた閑静な場所でした。ここからは歩いて小石川後楽園にも行くことができます。

この鳳明館は明治時代の下宿屋を、昭和になって旅館に模様替えしたと言われており、登録有形文化財に指定されている歴史ある旅館です。
昔ながらの木造の建物は、随所に銘木が使用され、とても風情があります。昔ながらの門構えの玄関を入り、帳場で受付を済ませ、中は黒光りの廊下、階段、売店等、昔ながらの日本旅館の雰囲気を感じつつ座敷部屋に通されます。
トイレも風呂も共同で大学時代を過ごした下宿していたところを思い出します。
その当時より勿論部屋は格段にきれいですが…。
たまにはこうゆうところもいいかなという感じです。
鳳明館本館のある周辺は、静かで昔ながらの下町の雰囲気が残っています。樋口一葉、宮沢賢治始め、文豪たちの旧居がかってあった場所であり、ゆっくり散策していると、往年の古き良き東京の下町の姿が感じられます。


e0237645_00011288.jpg


e0237645_00011322.jpg


e0237645_00011381.jpg


e0237645_00011424.jpg


e0237645_00011428.jpg


e0237645_00011405.jpg


e0237645_00011431.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-10-12 21:42 | (風情)日本の四季 | Comments(2)