カテゴリ:(旅行)国内旅行全般( 95 )

高知「桂浜公園・海岸・竜馬像」20171212

高知「桂浜公園・海岸・竜馬像」20171212



高知と言えば、桂浜。桂浜と言えば「坂本龍馬像」。
ということで桂浜に行ってきました。
ここに来たのは3回目と思います。前回はかなり前になっています。
まずびっくりしたのは龍馬像がこんなにでかかったかな?ということでした。
大きな像ですね。また桂浜は水族館などができ以前よりかなり整備されましたが、完全に記憶が蘇る風景を堪能してきました。

e0237645_15592814.jpg

e0237645_15592828.jpg

e0237645_15592924.jpg

e0237645_15592962.jpg

e0237645_15592902.jpg

e0237645_15592972.jpg

e0237645_15593041.jpg

e0237645_15593074.jpg

e0237645_15593020.jpg

e0237645_15593036.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-12-12 12:57 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

札幌中央場外市場「北のグルメ亭」20170911

札幌中央場外市場「北のグルメ亭」20170911



昔は二条市場が観光客が必ず行くところでしたが、今は二条市場以外にもここ中央市場の場外市場が人気があるようです。
ということでこの場外市場に出かけてみました。
沢山買いました。そ・し・て、沢山食べました。
着いた日・帰る日2回寄ってきました。

e0237645_00132289.jpg

e0237645_00132337.jpg

e0237645_00132329.jpg

e0237645_00132310.jpg

e0237645_00132340.jpg

e0237645_00132416.jpg

e0237645_00132433.jpg

e0237645_00132413.jpg

e0237645_00132464.jpg

e0237645_00132421.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-18 12:11 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

泥炭による湿原の「神仙沼」(共和町)20170917

泥炭による湿原の「神仙沼」(共和町)20170917



神仙沼はニセコ山系の中にあります。
この山系ではもっとも美しく神秘的な沼と言われています。何度も訪れたくなるような不思議な魅力があり、四季折々で楽しめる共和町を代表する自然沼ですともいわれています。。
事実、訪れてみると、泥炭地の上にできた湿原を合わせて神仙沼には、高山植物や赤エゾ松に囲まれた神秘的な沼と言っていいと思います。
海抜760mの高原に位置し、駐車場から整備された木道を歩いて約20分の場所にあり、歩いていると熊が出てくるのではないか思うくらい大きなささやぶを抜けていくとその先に湿地帯が開けてきます。
神仙沼は奥に広がっており、神秘さが漂っていました。
駐車場内にはトイレやレストハウスもあり、10月中旬は紅葉が見頃に。なるようです。


e0237645_22585119.jpg


e0237645_22585285.jpg


e0237645_22585256.jpg


e0237645_22585307.jpg


e0237645_22585314.jpg


e0237645_22585316.jpg


e0237645_22595803.jpg


e0237645_22595992.jpg


e0237645_22595950.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-09-17 16:45 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

アイヌの神宿る積丹「神威岬」20170917

アイヌの神宿る積丹「神威岬」20170917



念願の「神威岬」にやってきました。駐車場には沢山の車が止まっていて人気があるのが分かります。
駐車場の横に大きな看板があり、その手前に地図が載っていました。先端まで行くのに結構な距離がありそうです。
アップダウンの道を2・3km歩いて先端に着くようですが、念願の所なのでまず考えずに歩き始め、まず半島の先を見渡せる高台に着くと驚くような曲がりくねった尾根の道が一望できました。
かなりのアップダウンでしたが途中に灯台があり、それを越えてしばらく歩くと先端にでることができました。そこからの眺めは点々と小さな島があり、その中にひときわ立派な「神威岩」が存在を主張していました。
いい眺めです!

e0237645_23061117.jpg

e0237645_23061259.jpg



e0237645_23061295.jpg

e0237645_23061286.jpg

e0237645_23061305.jpg

e0237645_23061379.jpg

e0237645_23061314.jpg

e0237645_23061390.jpg

e0237645_23074756.jpg

e0237645_23074766.jpg

e0237645_23074865.jpg

e0237645_23074880.jpg

e0237645_23074848.jpg

e0237645_23074826.jpg

e0237645_23074818.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-17 13:04 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

積丹半島の花(高山植物?)20170917

積丹半島の花(高山植物?)20170917



積丹半島の神威岬に行ったとき駐車場から高田か500mの間にこれだけの花が咲いていた。名前もほとんど知らないが寒い丘の上に咲いていたのでほとんど高山植物ではないかと思っている。
かわいい花に小さな子供も一所懸命見つめて、かわいいね!とお父さんに言っていた。


e0237645_00070501.jpg

e0237645_00070681.jpg

e0237645_00070671.jpg

e0237645_00070679.jpg

e0237645_00070726.jpg

e0237645_00070757.jpg

e0237645_00070705.jpg

e0237645_00070701.jpg

e0237645_00070876.jpg

e0237645_00070892.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-17 12:27 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

北海道・日本の渚百選の積丹「島武意海岸」20170917

北海道・日本の渚百選の積丹「島武意海岸」20170917



今回の北海道旅行で寄ってみたいポイントの一つとして積丹半島というのを描いておりました。
私は生まれ育ちが札幌で積丹半島は学生の頃(60年前頃)から夏にはよく出かけていたところでした。
その積丹がかなり交通の便が良くなり、突端の神威岬まで車で行けるようになったのは昔を知っている者としては夢みたいな話です。
さてその神威岬に向けて走っている途中、「日本渚百選、島武意海岸」の大きな標識があったので、これは寄らなきゃ~と思い寄ってみました。
瀬地名の看板を見ると半島の高台を回るトレッキングコースがありました。積丹の雄姿を望むことができる眺望のようですが、10数キロと長いため断念し、トンネルをくぐって島武意海岸へ出てみました。
海の色も澄んでいて空の色と同じようにブルースカイや積丹特有の海水で洗われた岩が猛々しく並んでいた。


e0237645_23173188.jpg


e0237645_23173104.jpg




e0237645_23173272.jpg


e0237645_23173275.jpg


e0237645_23173272.jpg


e0237645_23173204.jpg


e0237645_23173251.jpg


e0237645_23173323.jpg


e0237645_23173312.jpg


e0237645_23173361.jpg


e0237645_23173400.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-09-17 11:12 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

北海道・夜の小樽運河他20170916

北海道・夜の小樽運河他20170916



台風18号の影響で乗船する予定だったフェリーが欠航したため2日小樽に留まることになりました。
夜、久しぶりに小樽運河に出かけてみました。
ここを訪れるのは多分20年以上振りかもしれません。
落ち着いた素朴なレトロな感じを漂わせていた小樽運河の印象がかなり変わっていました。
しかし写真にあるように表面(おめてめん)は充分以前の小樽運河の印象を持たせてくれました。
途中の道路に手宮線の跡地の石標がありました。
皆さんは手宮とはなじみがないかもしれませんが、手宮洞窟というのがあり、このの中に古代文字が書かれており中学生の頃一大ブームとなり興味をもっていたことを思い出しました。

e0237645_23043900.jpg


e0237645_23043910.jpg


e0237645_23043980.jpg


e0237645_23044017.jpg


e0237645_23044048.jpg


e0237645_23044006.jpg


e0237645_23044020.jpg


e0237645_23044139.jpg


e0237645_23044187.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-09-16 20:02 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

北海道・美瑛町「四季彩の丘」20170916

北海道・美瑛町「四季彩の丘20170916



ここは見てのごとく素晴らしいの一言に尽きます。丘の使い方、色の組み合わせなど見事なセンスが活かされていた。
画を見ていただけと納得がいくと思います。

e0237645_22553336.jpg

e0237645_22553483.jpg

e0237645_22553464.jpg

e0237645_22553490.jpg

e0237645_22553426.jpg

e0237645_22553541.jpg

e0237645_22553511.jpg

e0237645_22553562.jpg

e0237645_22572364.jpg

e0237645_22572336.jpg

e0237645_22572374.jpg

e0237645_22572496.jpg

e0237645_22572475.jpg

e0237645_22572405.jpg

e0237645_22572540.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-16 13:53 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

北海道・美瑛の土地改良結果の風景20170916

北海道・美瑛の土地改良結果の風景20170916



先日NHKの再放送で倉本聰さんの古い番組の中で富良野・美瑛の土地改良の涙ぐましい努力の結果が今の風景を作っていることでありました。
農家の若者が土地改良を長期間にわたって検討・改良する様を共同で進めていった
ことがみていえて、なるほどこれが今の風景を作りだしていることが確認できました。
またここに写っている写真には十勝岳が噴煙を上げている雄姿が見られますが、この噴火がこの地区に与えた影響を考えると感慨深げでした。

e0237645_18424627.jpg

e0237645_18424695.jpg

e0237645_18424689.jpg

e0237645_18424727.jpg

e0237645_18424723.jpg

e0237645_18424761.jpg

e0237645_18424780.jpg

e0237645_18424849.jpg

e0237645_18424868.jpg

e0237645_18424804.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-16 11:39 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)

北海道美瑛町「ぜるぶの丘」20170916

北海道美瑛町「ぜるぶの丘」20170916



富良野に宿泊し、翌日朝いちばんにこの「ぜるぶの丘」に出かけてみました。
前日「ファーム富田」に行き、花で描かれた見事なアートはここも素晴らしい光景を見せてくれました。
このような農場の他に色々命名された風景の中ここは展望台もあり、農場を回るバギーなどもあり観光客にやさしいところに気を配っているようでした。
素晴らしい美瑛の農場の一つでした。

e0237645_22491373.jpg


e0237645_22491366.jpg

e0237645_22491378.jpg

e0237645_22491346.jpg

e0237645_22491431.jpg

e0237645_22491401.jpg

e0237645_22491419.jpg

e0237645_22491478.jpg

e0237645_22491593.jpg

e0237645_22491503.jpg











この項 <完>






by mo-taku3 | 2017-09-16 11:37 | (旅行)国内旅行全般 | Comments(2)