人気ブログランキング |

【京都新町通り】をぶらり歩き

【京都新町通り】をぶらり歩き



「京都町屋通りの散策」という本を購入してみた。
普段気をとめずに通り過ぎていた通りに、さすが歴史の街であるという史跡が各所にあること分かった。
この本には事細かに史跡の箇所が載っている。
それではと、早速面白そうな通りを探してみると、新町通りが目に付いたので、歩いてみることにした。

四条新町通りを起点にスタート。
この通りは、祇園祭の山鉾巡行の岐路に当たるため、東西の電線が取り払われている。
実は地元の 通 はここで巡行を見ることを知っている。
というのは、山鉾はやっと通る幅しかないので、目の前で見ることができるからである。

e0237645_1545344.jpg


茶屋四郎次郎屋敷跡が載っている。

e0237645_1545176.jpg


「放下鉾保存会会所」
祇園祭の鉾の一つ。新町通り四条を上がってすぐ右手に「放下鉾保存会会所」がある。
鉾の名は真木(しんもく)のなかほどの「天王座」に放下僧の像を祀るのに由来している。
鉾頭は日・月・星三光が下界を照らす形を示し、その型が洲浜に似ているので別名「すはま鉾」とも呼ばれる。
かつては長刀鉾と同様「生稚児」であったが、昭和4年以降稚児人形にかえられている。稚児人形は久邇宮多嘉王殿下より三光丸と命名せられ、巡行の折には稚児と同様、鉾の上で稚児舞いができるように作られている。

e0237645_15452984.jpg


近くには林道春(羅山)の屋敷跡の駒札が立っている。
林羅山は江戸幕府創建の功労者で朱子学派儒学者。家康から家綱までの四代の将軍に仕え、豊臣家滅亡の原因となった、方広寺の鐘楼の銘文の首謀者でもある。
また、多くの門人が輩出した、後世の昌平坂学問所の基礎となった私塾を立ち上げている。

e0237645_15454996.jpg

e0237645_15461651.jpg


その上の小路を東に入ると、マンションの隅に「南蛮寺跡」の駒札が見える。
京都の名所ともなった織豊(しょくほう)時代の四条坊門(京都市中京(なかぎょう)区)のキリシタンの教会をいう。
ザビエル以後、来日したイエズス会員は、日本の首都であり宗教界の中心でもあった京都に大教会を建てようと望んだが、妨害にあって容易に実現しえなかった。だがビレラは、四条坊門姥柳(うばやぎ)町、すなわち現在の蛸薬師(たこやくし)通りの北側、室町通りと新町通りの間に地所を入手でき、1575年(天正3)には、イタリア人司祭オルガンティーノが高山右近(うこん)ら信徒の協力のもとに壮麗な三階建てが建てられた。
この教会は「南蛮寺」の名で人々に知られた。

e0237645_15463122.jpg


以前、京都市中京区の新町通で蛸薬師を上がったところに、昔の御店(おたな)そのものの雰囲気を今に残していた松坂屋百貨店京都仕入店があったが、この京都仕入店は2010年8月末で閉鎖し、建物のその物が取り壊されていた。
京都の染織についての仕入れ、そして京都業務部染織デザイン研究所として現代の和服について研究も行っていたそうだが、その存在価値が薄れたこともあり、ここにはホテルが建てられることになったようだ。
このように歴史的文化遺産がなくなっていくのは寂しい限りである。

e0237645_15465196.jpg


その先の西側には、京都三井旧邸に三井クラブ?が建てられていた。
木碑のため、よく見ないと表示が判別しにくい。

e0237645_15471528.jpg


歴史のお好きな方は聞いたことがあると思われるが、この高松神明神社(高松殿)は、保元の乱の際、後白河天皇方の本拠地となったところで、ここに源義朝や平清盛が参集している。
なお、崇徳上皇方は白河北殿に源為義・為朝や平忠正が参集している。

e0237645_15472821.jpg


ここには、真田幸村の「知恵の地蔵尊」が祀られている。(九度山から拝領)

e0237645_15474927.jpg

e0237645_15484532.jpg


新町通りの御池通り北側に、鍋島藩(肥前鹿島)屋敷跡の石碑があった。
渋谷の松涛にあった鍋島公園を思い出す。

e0237645_1549170.jpg


京都府庁舎の建設が議会で承認されたのは明治33年(1900年)のことで、翌34年11月に起工した。
それまで庁舎と一体ではなかった府議事堂を庁舎内に設けることが求められた。
また、外観はこれまでの和風建築とは異なる正統的な西洋建築の意匠が要求されたため、先に完成していた東京府庁舎(明治27年)や兵庫県庁舎(明治35年)を参考に、よりよいものを目指して設計された。
工期3年余、総事業費は当時では破格の約36万6千円を要して、明治37年12月20日に竣工し、地上2階建、延床面積約6,100平方メートルで、創建当時は正庁(庁舎の広間で公式行事や式典を執り行う室)・知事室・議場・貴賓応接室・議長室など大小55室で構成され、中庭は、西欧風の整形式庭園として、しだれ桜を中心に中高木が植えられている。
以後1世紀、旧本館は現在も、府庁のシンボルとして存在している。

e0237645_15492024.jpg


正面の入口付近には、京都議定書で有名な、「地球環境京都宣言」が掲げられている。

e0237645_15493998.jpg

e0237645_15495781.jpg


京都林務事務所」がある。
街の中に存在しているのが何か違和感を感じる。

e0237645_15501529.jpg


その向かいに、「登録有形文化財」の旧家があった。
京都市は、歴史的価値のある建物などを、このような形で保存に努めているようだ。

e0237645_15503194.jpg

e0237645_15504251.jpg


霊光殿天満宮。京都市上京区徳大寺殿町。
祭神 菅原道真・徳川家康
神徳 必勝祈願・国家鎮護

由緒
寛仁2年の創祀。後一条天皇の勅命により菅原道真の六世の孫である菅原定義もしくは義郷が、菅原氏の領地であった河内国若江郡の霊蹟に神殿を建てたことを始まりとする。後一条天皇により「霊光殿」の勅額と神嶺3ヶ庄が下賜され、その後京都へ遷座している。
社名の「霊光殿」とは、昌泰4年、道真が大宰府へ左遷される際に若江の地に立ち寄り、にわかに天から一条の霊光が差し込み、天一神と帝釈天が降臨して「菅公、汝に罪はあらず。不遇すれど落胆せず。3年後に汝天に召し上げ、汝の敵を滅ぼすべし」とのお告げがあった所以とされる。
弘安4年、元寇の際、後宇多天皇が霊光殿天満宮で夷賊退治の祈祷を行わせたところ敵船が嵐で壊滅し、『天下無敵必勝利運』の宸翰の額を天皇より賜った。応仁の乱の際、社殿が荒廃し、社領を失い、東寺境内に遷座した。
元亀元年、徳川家康が参拝し、鎧剣を奉納して天下泰平の願文を納めた。元和2年、家康は跡が途絶えていた祠官の若江家を再興し、塔之段に社殿を再建した。寛永13年、徳川家光は仙洞御所にあった家康の像を移し、祭神とする。宝暦11年、現在地に鎮座する。
天保11年、安政4年と火災のたびに禁中より援助で社殿を再建、禁祀御祈祷所と定められる。現在の社殿は明治5年、近衛家の旧鎮守社を移築したものである。
新町通を今出川から下がったところ、住宅街の真ん中に霊光殿天満宮がある。

e0237645_1551714.jpg


白峰神社。別途9月に掲載の【悲劇の崇徳上皇と【白峰神宮】とは。】をご参照のこと。蹴鞠の碑。「崇徳天皇欽迎の碑」も。

e0237645_15512591.jpg

e0237645_15514138.jpg

e0237645_15521123.jpg


報恩寺
前身は定かではないが、室町時代中期までは八宗兼学の寺院として一条高倉付近にあったようだ。後柏原天皇の勅旨で、1501年(文亀1)慶誉が再興、浄土宗寺院となる。
天正年間(1573~92)現在地に移った。
豊臣秀吉が寺宝の虎の図を聚楽第に持ち帰ったが、夜毎吠えて眠れず、寺に返したという「鳴虎図」がある。
門前の石橋は秀吉の侍尼・仁舜尼の寄進で、擬宝珠に慶長七年の銘がある。
重文の梵鐘は平安時代末期の作で撞かずの鐘という。
客殿に黒田長政が死去した部屋もある。
また、観世流家元歴代や、志野流香道家元蜂谷家歴代の菩提寺で、仁舜尼や福山藩祖の阿部正勝等の墓碑を併祠している。

e0237645_1552295.jpg


持明院仙洞御所跡
鎮守府将軍を務めた藤原基頼が邸内に「安楽光院」と呼ばれる持仏堂を創設し、後にこれを「持明院」と名づけたことから、この家系を持明院家と称することとなった。
鎌倉時代、持明院基家の娘陳子(後の北白川院)は守貞親王の妃になり、茂仁親王(後堀河天皇)を生んだ。
承久の乱後、後堀河天皇が即位して、父親の守貞親王には太上天皇の尊号がおくられ、後高倉院と称してここで院政を行った。
続いて後堀河天皇の退位後にもここを御所として院政を行った。
その後も後嵯峨天皇・後深草天皇が退位後の御所に定められたことから、後深草天皇の系統を後に持明院統(北朝)と称し、大覚寺統(南朝)と皇位継承で争った。
持明院は、文和2年(1353)2月に火事で焼失し、以後荒廃して応仁の乱後に光照院が移転したと云う。

e0237645_15524679.jpg



以上、2km程度の間に色んな発見があった。
これからも続けて生きたいと思っている。








この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-08 14:56 | Comments(4)

御寺、泉涌寺と天皇陵

御寺、泉涌寺(せんにゅうじ)と天皇陵



泉涌寺 (せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内(やまのうち)町にある真言宗泉涌寺派総本山の寺院。山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。
泉涌寺は、仁和寺、大覚寺などと共に皇室ゆかりの寺院として知られる。
平安時代の草創と云われているが、実質的な開基は鎌倉時代の月輪大師俊芿(がちりんだいししゅんじょう)といわれている。
また、東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓に広がる寺域内には、鎌倉時代の後堀河天皇、四条天皇、江戸時代の後水尾天皇以下幕末に至る歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれている。

このほか、草創の時期や事情についてはあまり明らかではないため、ある伝承によれば、斉衡3年(856年)藤原式家の流れをくむ左大臣藤原緒嗣が、自らの山荘に神修上人を開山として草創されたといわれている。
当初は法輪寺と称し、後に仙遊寺と改めたという。
なお、『続日本後紀』によれば藤原緒嗣は承和10年(843年)に没しているので、上述の伝承を信じるとすれば、藤原緒嗣の遺志に基づき、菩提寺として建立されたということになる。
またまた、別の伝承は開創者を空海とする。
すなわち、空海が天長年間(824年-834年)、この地に草創した法輪寺が起源であり、斉衡2年(855年)藤原緒嗣によって再興され、仙遊寺と改めたとするものである。
空海による草創年代を大同2年(807年)とする伝承もあり、この寺院が後の今熊野観音寺(泉涌寺山内にあり、西国三十三箇所観音霊場の第15番札所)となったともいう。

鎌倉時代の建保6年(1218年)、宇都宮信房が、荒廃していた仙遊寺を俊芿に寄進、俊芿は多くの人々の寄付を得てこの地に大伽藍を造営し、霊泉が湧いたので、寺号を泉涌寺としたという。
宇都宮信房は源頼朝の家臣で、豊前国守護に任じられた人物であり、俊芿に帰依していた。俊芿(1166-1227)は肥後国(熊本県)出身の学僧で、正治元年(1199年)宋に渡り、足かけ13年の滞在で天台と律を学び、建暦元年(1211年)日本へ帰国した。
俊芿は宋から多くの文物をもたらし、泉涌寺の伽藍は全て宋風に造られた。
泉涌寺は律を中心として天台、東密(真言)、禅、浄土の四宗兼学(または律を含めて五宗兼学とも)の道場として栄えた。
貞応3年(1224年)には後堀河天皇により皇室の祈願寺と定められた。後堀河天皇と次代の四条天皇の陵墓は泉涌寺内に築かれ、この頃から皇室との結び付きが強まった。
応仁の乱による焼失を初め、諸堂はたびたびの火災で焼失しており、現存の堂宇は近世以降の再建である。日本国憲法施行まで、営繕・修理費は全て宮内省が支出していた。


東山大路から泉涌寺にあがるには、石碑が建っている。
石碑は、東山御陵参道とあり、併せて西国15番「いまくまの観音寺」の石碑もある。

e0237645_15245676.jpg


泉涌寺の総門には【御寺泉涌寺】の看板が掛けられている。

e0237645_1526380.jpg


しばらく登って右手に折れ、更に登っていくと、泉涌寺の伽藍配置図があり、その左手には【大門】がある。

e0237645_15261914.jpg


この大門(重文)が仏殿・舎利殿の正面に当たる。
大門は、慶長年間(江戸時代初頭)造営の御所の門を移築したものである。

e0237645_15264023.jpg


澄んだ空のもと、舎利殿がまぶしく照らされている。
舎利殿は仏殿の背後になり、俊芿の弟子湛海が南宋慶元府の白蓮寺から請来したという仏牙舎利(釈尊の歯)を安置している。

e0237645_15274881.jpg


鐘楼が一段高いところに据えられている。

e0237645_15301150.jpg


立派な浴室が保存されている。

e0237645_15333472.jpg


これは仏殿である。仏殿(重文)は拝観することができる。
密教寺院の中心堂宇は通常「本堂」「金堂」と称することが多いが、宋風建築のこの寺では「仏殿」の呼称が用いられている。
中に入ってみると、本尊は釈迦・阿弥陀・弥勒の3体の如来像が安置されている。
また、天井の竜の図と本尊背後の白衣(びゃくえ)観音図は狩野探幽の筆になるとのこと。

e0237645_15362795.jpg


1884年に再建された霊明殿。
ここには、天智天皇と光仁天皇から昭和天皇(南北両朝の天皇も含む)に至る歴代天皇皇后の尊牌(位牌)が安置されている。
どうゆう訳か、天武天皇系の尊牌は安置されていない。不思議なところである。

e0237645_1539268.jpg


陵墓である月輪陵には、歴代天皇らの25陵、5灰塚、9墓がまつられている。
後水尾天皇から孝明天皇までの歴代25の天皇が葬られている。
泉涌寺はこれらの皇室の陵墓に対して香をたき、花を供える香華院となり、「御寺(みてら)」と尊称されている。

e0237645_15392632.jpg


月輪山を背に陵墓の正面が見える。

e0237645_15393933.jpg



このほかの伽藍として、
大門を入ってすぐ左手の奥まったところに楊貴妃観音堂が建つ。
・中国・南宋時代の作である観音菩薩坐像(通称楊貴妃観音)を安置する。

e0237645_13285487.jpg


・楊貴妃観音堂に接して建つ心照殿は宝物館で、泉涌寺および塔頭寺院所蔵の文化財を順次公開している。

e0237645_13281489.jpg



(台密、東密とは?)
・台密は天台密教をさします。
日本天台宗の祖である伝教大師最澄(766年?~822年)が『法華経』で説かれる一乗思想(宥和一致の思想)の元に禅・大乗戒とともに密教も取り入れたのが始まりで、その後、入唐を果たした慈覚大師円仁(794年~864年)、智証大師円珍(814年~891年)等によって大いに発展し、円仁の弟子、安然(841年?~915年?)が完成した密教、と云われている。
・東密は真言密教をさします。
弘法大師空海(774年~835年)によって日本に伝承された密教で、空海が朝廷より平安京の東寺を賜り、そこを本拠としたので「東密」と称します。

この東密と台密の違いを知ることは、真言宗と天台宗の「顕密二教観」の相違点と共通点を知ることにもなります。







この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-07 13:21 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

菅原道真「京都菅大臣神社:菅家邸址」

菅原道真「京都菅大臣神社:菅家邸址」



菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ) 通称は菅大臣天満宮。
祭神:菅原道真公、尼神(あまがみ)、大己貴命(おおなむちのみこと)
京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町

道真公にまつわる伝説が残る、菅大臣神社は、天神信仰発祥の神社という「文子天満宮」から北西に歩いて15分ほどの所にある。
この地は約1100年前の菅原道真(849~903)の邸宅で、紅梅殿・白梅殿や菅家廊下(かんけろうか)といわれた学問所の跡になるという。
また、道真誕生の地ともいわれ、境内には産湯に使ったという井戸が保存されている。
当時の邸宅は、仏光寺通を中心に南北二町、東西一町といわれ、かなり広大な地を占めている。
菅大臣神社の創立は、道真没後すぐといわれているが、正確な年代は分かっていない。
度々兵火で鎌倉期には南北両社に別れ、南社(菅大臣神社)を白梅殿社と称し、北社を紅梅殿社と呼んでいたが次第に衰退し、応仁の乱(1467)後の慶長19年(1614)に菅家ゆかりの曼殊院宮良恕法親王により再興されている。
その後も天明の大火(1788)・禁門の変(1864)で再度焼失しているがその都度再興されて現在に至る。

堀川通りに面した正面(西面)は「天満宮降誕之地」の石標ととも木製の鳥居が建てられている。
その奥には本殿が見える。

e0237645_2323842.jpg


北門鳥居脇に「菅家邸」の石碑が建つ 同じく「天満宮降誕之地」の石柱 本殿の南に見える「天満宮誕生水」の石碑

e0237645_1518528.jpg

北門の向いに「菅家邸跡」の石碑が建っている。その露地の突き当りが紅梅殿にあたる。
そこの鳥居には「紅梅殿」の額が掲げられている。


門は西・東・北とあるがどこから入っても本殿の前の鳥居に行き着く。

e0237645_15175437.jpg


さすが天満宮!という大きな牛が鎮座していた。

e0237645_15182999.jpg


手水舎では立派な龍がにらみを気化きかしていた。

e0237645_1519827.jpg


本殿の前には、絵馬が沢山かけられていた。
よく見ると【合格】の文字が殆どだった。
やはり道真公の天満宮はご利益があるのか?

e0237645_15194273.jpg


本殿の前の鳥居前には、『勧学御守』があるとの掛札が。

e0237645_15201145.jpg


これは珍しい狛犬。
よく見ると右手を顔の横で握り、その上に何か丸いものを乗せていた。
多分何か意味があるのだろう。今度寄ったときに聞いてみよう。

e0237645_15205072.jpg



境内には本殿、拝殿ほか多くの社殿が建つ。
現在の本殿・拝殿は、天保6年(1835)造立の下鴨神社から明治2年(1869)に移築したもので、幣殿と合わせて八棟造り、銅巻柿葺の豪華な建築というが見ることができない。


(参考資料による菅原道真公の紹介)
道真公は、延喜元年(901)、藤原時平の讒言により大宰府(福岡県)の大宰権帥(だざいごんのそち)に左遷される。
そのとき、庭の梅の花をご覧になり、

  『東風吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ』 

と詠まれた地である。
また、その梅の木は道真を慕って大宰府に飛んで行ったというここが「飛梅」の伝説地でもある。「飛梅」は人々により受け継がれ、鳥居の左側で毎年花を咲かせている。
菅大臣神社の北門から仏光寺通に出ると「天満宮降誕の地」の石碑が鳥居の横に、道を挟んだ向かいに「菅家邸址」の石碑がある。
「菅家邸址」の石碑には小さい字で「紅梅殿」とも書いてある。
「菅家邸址」の石碑から細い路地道を北に行くと「紅梅殿」の額を掲げた鳥居と小さな祠がある。道真の父是善(これよし)を祀る北菅大臣神社である。
この辺りに私塾「菅家廊下」や道真の書斎があったところで、後に紅梅殿と呼ばれるようになった重要な場所であるにも関わらず現在は民家と民家の間に挟まれた小さな祠と鳥居のみの哀れさである。
なお、菅原道真の誕生の地としている神社は、他に京都に、上京区の「菅原院天満宮神社」と南区の「吉祥院天満宮」の二つあるのは不思議なことである。
また、菅原邸は奈良にもあることを付け加えておきたい。






この項 <完>




by mo-taku3 | 2012-10-06 22:14 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

10月3日【季節はずれの桜の花】泉涌寺。

10月3日【季節はずれのの花】京都泉涌寺。



京都泉涌寺は東山の東福寺の北側に位置するお寺である。

総門内の参道両側をはじめ山内一円には塔頭寺院が建ちならび、奥まった境内には大門、仏殿、舎利殿を配した中心伽藍がある。
また、仏殿の右手には、天智天皇、光仁天皇そして桓武天皇以降の天皇・皇族方の御尊牌をお祀りする霊明殿と御座所、庫裡などの建物が甍を連ねている。

その境内に10月の初めでありながら、季節はずれの"桜”が咲いていたのを見つけ、びっくり!

e0237645_1602646.jpg

e0237645_1611867.jpg


よく見ると、大きな桜の木の、何本かの大きな枝の一本だけが咲いているのにはこれまたびっくり!

e0237645_1611780.jpg


関係者に確認をすると、この木は今回が初めてとのことであった。

e0237645_162412.jpg


しばらく見とれていると、この枝だけ少し新しいような表皮であることに気がつき、後から伸びた枝ではないかと、勝手に判断して納得してきた。

e0237645_1615948.jpg



聞くところによると、今年はあちこちで狂い咲きがあったことが聞こえてきている。
多分、これも異常気象のせいかもしれない。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-02 16:30 | Comments(2)

【紫式部のお墓】は何処に!

【紫式部のお墓】は何処に!




【紫式部のお墓】

北大路堀川下る西側、島津製作所の隣りに墓所の入り口がある。
入口の左側には、小野篁(おののたかむら)、右に紫式部の墓所の石碑ら建っている。

e0237645_15224599.jpg


細い道を入っていくと右側に盛り土の墓所が二つあり、紫式部のお墓と小野篁のお墓が並んでいるが、紫式部のお墓は、饅頭型に土盛りされており、決して立派なお墓とは云い難い質素な造りになっている。
墓石には、「紫式部墓」と刻まれているが、本当に紫式部がこの墓に眠っているかどうか分からないが、あれだけ色々なエピソードや書物を残した貴族としては寂しい気がする。

e0237645_15234098.jpg

e0237645_15241176.jpg


墓石の向かい側には、角田文衞氏による紫式部顕彰碑がたてられています。

その奥には、小野篁のこれまた質素なお墓があった。

e0237645_1524316.jpg



(主な紫式部ゆかりの地)
・廬山寺(ろざんじ)。
この地は、平安時代、紫式部の父方の曾祖父であり堤中納言と呼ばれた藤原兼輔(ふじわらのかねすけ)の邸宅・堤第(つつみてい)があった場所である。
紫式部は、この地で育ち結婚生活を送り、『源氏物語』や『紫式部日記』『紫式部集』を執筆したと伝えられ、境内には、紫式部とその娘・大弐三位(だいにのさんみ)の歌碑がある。
“源氏の庭”と呼ばれる白砂と苔が美しい庭も見どころ。「紫式部 邸宅址」と記された石碑がある。

・その他、石山寺、大雲寺、一条院跡、越前市など沢山のゆかりの地があるが、京都御苑内(土御門第跡、枇杷殿跡など)もある。
「土御門第跡」は、藤原道長の邸宅で、一条天皇中宮彰子が敦成親王・敦良親王を出産したと云われ、道長が「この世をば・・・」と望月の和歌を詠んだのもこの邸宅のようだ。
また、「枇杷殿跡」は、藤原道長および娘の妍子の邸宅として一条天皇・三条天皇の里内裏にあった。
皇后定子の遺児に仕える清少納言と、中宮彰子に仕える紫式部はこの里内裏で文才を競ったと云われている。

紫式部についてはいずれ掲載することもあると思われる。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-02 15:30 | (歴史)京都史 | Comments(2)