京都伏見の【御香宮】20140627

京都伏見の【御香宮】20140627


日本第一安産守護之大神として広く崇められている神功皇后を主祭神として、仲哀天皇、応神天皇他六柱の神を祀っている。
初めは「御諸神社」と称したが、平安時代貞観四年(862)九月九日に、この境内から「香」の良い水が湧き出たので、清和天皇よりその奇瑞によって「御香宮」の名を賜った。
豊臣秀吉は天正一八年(1590)願文と太刀(重要文化財)を献じてその成功を祈り、やがて伏見築城に際して、城中に鬼門除けの神として勧請し、 その後、徳川家康は慶長十年(1605)に、元の地に本殿を造営し献じた。
また、慶応四年(1868)正月、伏見鳥羽の戦いには、伏見奉行所に幕軍が據り、当社は官軍(薩摩藩)の屯所となったが、幸にして戦火は免れた。

10月1日から9日までの神幸祭は(年によって日がかわります)伏見九郷の総鎮守の祭礼とされ、古来「伏見祭」と称せられ、今も洛南随一の大祭として聞こえている。


表門(伏見城大手門)
元和八年(一六二二)、徳川頼房(水戸黄門の父)が伏見城の大手門を拝領して寄進した。
どっしりと落ち着いた豪壮な構えは伏見城の大手門たる貫禄を示している。


e0237645_1728780.jpg


本殿
慶長十年(一六〇五)、徳川家康の命により京都所司代坂倉勝重を普請奉行として着手建立された。(本殿墨書銘による) 大型の五間社流造で屋根は桧皮葺正面の頭貫木鼻や蟇股、向拝の手挟に彫刻を施し、全て極彩色で飾っている。
また背面の板面の板壁には五間全体にわたって柳と梅の絵を描いている。 全体の造り、細部の装飾ともに豪壮華麗でよく時代の特色をあらわし桃山時代の大型社殿として価値が高く、昭和六十年五月十八日重要文化財として指定された。
現社殿造営以降、江戸時代社殿修復に関しては、そのつど伏見奉行に出願し、それらの費用は、紀伊、尾張、水戸の徳川三家の御寄進金と氏子一般の浄財でもって行われた。
大修理時には、神主自ら江戸に下って寺社奉行に出願して徳川幕府直接の御寄進を仰いだ例も少なくなかった。 平成二年より着手された修理により約390年ぶりに極彩色が復元された。

e0237645_17282771.jpg


e0237645_17283847.jpg





e0237645_17285210.jpg


e0237645_17291094.jpg


御香水
当社の名の由来となった清泉で「石井の御香水」として、伏見の七名水の一つで、徳川頼宣、義直の各公は、この水を産湯として使われた。
明治以降、涸れていたのを昭和57年復元、昭和60年1月、環境庁より京の名水の代表として「名水百選」に認定された。

e0237645_17293366.jpg


伏見城跡の残石がここに運び込まれており、今後これらが石垣などに利用されるようだ。

e0237645_17295310.jpg


竹田街道の車石・車道。
荷車の轍(わだち)の跡。(車が通ったあとに残る車輪のあと)

e0237645_173063.jpg


e0237645_17302332.jpg


御香宮門前町の史跡としての説明板があった。

e0237645_17303821.jpg


古いキリスト教会の小学校?のようだ。

e0237645_17305252.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-27 18:39 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)

宇治川の風景と鵜飼観光船20140621

宇治川の風景と鵜飼観光船20140621


宇治川の鵜飼は、平安時代にはすでに行われていたと言われている。
天禄2年(971)奈良の長谷寺に参詣した藤原の道綱の母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物している。
彼女が残した「蜻蛉日記では」、川幅一杯に数え切れぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりをたたいて、夜通し鮎を捕りつづけている様子が、興味深く書き留められている。
当時は、宇治川の風物詩、氷魚を捕る網代とともに、盛んに行われていたようである。

平等院の参道を抜けると、宇治川の堤防に突き当たる。
ここから堤防沿いにさかのぼり、鵜飼観光船に行きあたる。
更に、中洲を経由して対岸の宇治神社に行き宇治橋東詰に出ることができる。

e0237645_1142946.jpg


e0237645_115376.jpg


伊右衛門の福寿園があった。ここかぁという感じ。

e0237645_115525.jpg


e0237645_1163313.jpg


観光船乗り場。今日は休みか、沢山の屋形船が係留されていた。
勿論、鵜飼観光船は夜になる。
平安貴族の衰微とともに、宇治川の鵜飼も衰退していったが、大正15年に現在の鵜飼が再興され、宇治川花火大会と共に宇治の夏の風物詩となっております。

e0237645_11648100.jpg


e0237645_1191960.jpg


対岸に女性鵜匠の沢木さんの鵜匠小屋があった。
この写真では見難いが、中には沢山の鵜が入っていた。
女性鵜匠は現在二人のようだ。

e0237645_1195894.jpg


西大寺の僧 叡尊は、宇治川における殺生の全面的禁断を命じる太政官符により、浮島のあたりに漁具・漁舟を埋め、日本最大の十三重石塔を建立し魚霊を供養し、宇治橋の再興を行っている。

しかし、この十三重石塔は1756年の大洪水で川底に沈んでいたのを、明治41年(1908年)になって川底をさらって引き揚げたそうです。
しかし残念ながら一枚だけどうしても見つからず、一枚だけ新しいのに代わっているそうです。

e0237645_1201975.jpg


宇治川の上流にはダムがあり放流があるとこの写真どころではない。
危険一杯の宇治川である。

e0237645_1203828.jpg


中洲から対岸に渡る橋の先には「宇治神社」がある

e0237645_12055100.jpg


e0237645_1211047.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-21 12:51 | (紹介記事)京都 | Comments(4)

【源氏物語の里と宇治橋界隈】20140621

【源氏物語の里と宇治橋界隈】20140621


平安貴族にとって、宇治は別業(べつごう=別荘)の地だった。
舟遊びや紅葉狩りなどの遊びの地であるとともに、魂の安らぐ宗教的な地でもあった。
宗教的な面が強かったのは、平安時代中ごろに栄華の頂点を極めた、藤原氏の基盤があったためとのようである。

「橋姫」で始まり「夢浮橋」で終わる「宇治十帖」では、「京から宇治へ」「光源氏からその子・薫へ」と時空が移ることを「橋」で暗示し、「華やかさと静けさ」「此岸(しがん)と彼岸」など宇治の持つ対照的な要素も加えることで、物語が「春から秋」「昼から夜」の世界へと転じていくことを表したと言えるであろう。

e0237645_0331183.jpg


e0237645_0361149.jpg


e0237645_037113.jpg


源氏物語 宇治十帖(九) 手習
比叡山の横川(よかわ)に尊い僧都(そうず)がいた。
初瀬詣(はつせもうで)の帰りに急病で倒れた母尼を介護するために宇治へ来た。その夜、宇治院の裏手て気を失って倒れている女を見つけた。この女こそ失踪した浮舟(うきふね)であった。
僧都の妹尼は、亡き娘の再来かと手厚く介抱し、洛北小野の草庵に連れて帰った。
意識を取り戻した浮舟は、素性を明かそうともせず、ただ死ぬことばかりを考え泣き暮らした。
やがて秋、浮舟はつれづれに手習をする。

身を投げし涙の川の早き瀬を しがらみかけて誰かとどめし

浮舟は尼達が初瀬詣の留守中、立ち寄った僧都に懇願して出家してしまう。やがて、都に上った僧都の口から浮舟のことは、明石中宮に、そして、それはおのずと薫君(かおるのきみ)の耳にも届くのであった。

平成十八年十月 (財)宇治市文化財愛護協会

e0237645_039346.jpg


源氏物語 宇治十帖(六) 東屋
浮舟の母は、今は常陸介(ひたちのすけ)の後妻となっていた。
浮舟には左近少将(さこんのしょうしょう)という求婚者がいたが、少将は、浮舟が介の実子でないと知ると、財力めあてで浮舟の義妹と結婚してしまう。この破談に浮舟を不憫に思った母は、縁を頼って二条院にいる中君に預けることにした。
ある夕暮、ふと匂宮(におうのみや)は、西対(にしのたい)にいる浮舟を見て、その美しさに早速言い寄った。驚いた母は、娘の行く末を案じ、三条辺りの小家(こいえ)に浮舟をかくした。
晩秋、宇治を訪れた薫君(かおるのきみ)は、弁尼(べんのあま)から浮舟の所在を聞き、ある時雨模様の夜に訪ねて行く。

  さしとむる葎(むぐら)やしげき東屋の あまり程ふる雨そそぎかな

翌朝、薫君は浮舟を連れて宇治へと向かった。薫君にとって浮舟は、亡き大君の形見と思われた。

 平成十八年十月  (財)宇治市文化財愛護協会

e0237645_0394857.jpg


源氏物語 宇治十帖(二)  椎本
春、花の頃、匂宮(におうのみや)は、初瀬詣(はつせもうで)の帰路、宇治の夕霧の山荘に中宿りし、お迎えの薫君(かおるのきみ)やお供の貴族たちと音楽に興じた。楽の音は対岸の八宮(はちのみや)の邸にもよく通い、八宮は都にいられた昔を偲ばれた。
薫君から二人の姫君のことを聞き、ゆかしく思っていた匂宮は、宇治に消息(しょうそこ)を送ったが、返事はいつも妹の中君がなさるのだった。
薫君は八宮を仏道の師と仰いで、宇治を訪れ、姉の大君(おおいきみ)に強くひかれていく。
八宮は死期の近いことを感じ、姫君たちに身の処し方について遺言し、信頼している薫君に姫君を頼み、秋も深いころ、阿闇梨(あざり)の山寺で、さみしく静かに生涯を閉じられた。

 たちよらむ蔭(かげ)と頼みし椎が本  むなしき床(とこ)になりにけるかな

 平成十八年十月    (財)宇治市文化財愛護協会


e0237645_04092.jpg


この石仏は東屋観音として親しまれている、「聖観音菩薩坐像」。
宇治橋の架け替え工事に伴い移設されてここに鎮座している。

e0237645_0412834.jpg


e0237645_05289.jpg


源氏物語 宇治十帖(十)  夢の浮橋
薫君(かおるのきみ)は、小野の里にいるのが、浮舟であることを聞き、涙にくれる。そして僧都にそこへの案内を頼んだ。僧都は、今は出家の身である浮舟の立場を思い、佛罰を恐れて受け入れなかったが、薫君が道心(どうしん)厚い人柄であることを思い、浮舟に消息を書いた。
薫君は浮舟の弟の小君(こぎみ)に、自分の文(ふみ)も添えて持って行かせた。
浮舟は、なつかしい弟の姿を覗き見て、肉親の情をかきたてられ母を思うが、心強く、会おうともせず、薫君の文も受け取らなかった。
小君は姉の非情を恨みながら、仕方なく京へ帰って行った。薫君はかつての自分と同じように、誰かが浮舟をあそこへかくまっているのではないかとも、疑うのだったとか。

   法(のり)の師とたづぬる道をしるべにして  思はぬ山に踏み惑うかな

 平成十八年十月  (財)宇治市文化財愛護協会

e0237645_0502167.jpg


宇治橋の東詰にある、スウィーツの「通園」このようなお店は、宇治はお茶ということからお茶を絡めたスウィーツがたくさん出回っている。

e0237645_0424568.jpg


同じく、宇治茶の老舗「中村藤吉」は、JR宇治駅近くにあるが、ここ平等院の参道にも支店を出している。
今ではお茶よりスウィーツの方が有名になった。

e0237645_0433492.jpg


この店で出す、「うじきんソフト」。このほうじ茶が美味い。

e0237645_0435441.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-21 12:17 | (歴史)京都史 | Comments(0)

【三室戸寺】(西国札所)の見事なアジサイ20140621

【三室戸寺】(西国札所)の見事なアジサイ20140621
 

三室戸寺は、噂によると商才たくましい和尚がおられることで有名であると聞いていた。
なるほど、お寺のあちこちに参拝者の気を引くような仕組みもある。
しかし、今回20数年ぶりに訪れてみて、これは並大抵の努力ではこれほどまでにはならないだろうとの驚きがあった。
称賛したいと思う。

参道から正面を見てもよく整備されていることが分かる。

e0237645_1826769.jpg


庭園の入り口には、ツツジ2万本、アジサイ1万本とでている。

e0237645_1826244.jpg


中に入ると見事な庭園である。
今回はアジサイの時期だが、こんもりとしたツツジの時期も見事な感じだと思う。
しばらくご覧いただきたい。

e0237645_18264055.jpg


e0237645_1827957.jpg


e0237645_18272467.jpg



e0237645_18274441.jpg


e0237645_182864.jpg


e0237645_18281941.jpg


アジサイのハートマークは大人気である。

e0237645_18293213.jpg


e0237645_18294817.jpg


e0237645_1830318.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-21 11:21 | (紹介記事)京都 | Comments(0)

西国(第10番)札所『三室戸寺』(宇治市)20140527

西国(第10番)札所『三室戸寺』(宇治市)20140527


三室戸寺(みむろとじ) は、京都府宇治市にある本山修験宗の別格本山寺院で山号は明星山。
本尊は千手観音。
西国三十三所第10番札所。

寺伝によれば、宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものという。
天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、藤原犬養なる者に命じて、その光の元を調べさせた。
犬養がその光を求めて宇治川の支流である志津川の上流へたどり着くと、滝壺に身の丈二丈ばかりの千手観音像を見た。
犬養が滝壺へ飛び込むと1枚の蓮弁(ハスの花びら)が流れてきて、それが一尺二寸の二臂の観音像に変じたという。
光仁天皇がその観音像を安置し、行表を開山として創建したのが当寺の起こりで、当初は御室戸寺と称したという。その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。

創建伝承については伝説的色彩が濃く、創建の正確な事情についてははっきりしていないようだ。
園城寺(三井寺)の僧の伝記を集成した『寺門高僧記』所収の僧・行尊の三十三所巡礼記は、西国三十三所巡礼に関する最古の史料であるが、これによると、11世紀末頃に行尊が三十三所を巡礼した時は、三室戸寺は三十三番目、つまり最後の巡礼地であったろあるようだ。
寺は康和年間(1099 - 1103年)、三井寺の僧隆明によって中興され、その後寛正年間(1460 - 1466年)の火災で伽藍を失い、再興されたものの、天正元年(1573年)には織田信長と争った足利義昭に加勢したため焼き討ちされる。
現存する本堂は江戸時代後期の文化11年(1814年)に再建されたものでえある。

新しく作られたとみられる「総門」には西国十番の看板が掛けられている。

e0237645_18155694.jpg


本堂へ通じる70~80段の急階段がある。
その上からの眺めがすばらしい。

e0237645_1816759.jpg


e0237645_1816209.jpg


境内の前には小さな池があり、それを囲むように鉢植えのハスが並べられている。まだ早いが所々咲きはじめている。
e0237645_18163260.jpg


本堂にある秘仏本尊を模して造られた「お前立ち」像は、大ぶりの宝冠を戴き、両手は胸前で組む。天衣の表現は図式的で、体側に左右対称に鰭状に広がっている。

e0237645_1816442.jpg


祈願のお線香にはあらかじめ祈文が書かれている。
この3つをお願いしてきた。

e0237645_1817461.jpg


鐘楼があったので重ねて祈願してきた。

e0237645_18172136.jpg


本堂の手前には、若貴兄弟の手形があった。
このお寺は“勝運”のご利益があるそうだ。

e0237645_1818055.jpg


小堀遠州の枯山水の庭が作られていた。
何処もここもきれいに整備されていて気持ちがいい。

e0237645_18181199.jpg


御詠歌で書いていただいた御朱印。

e0237645_18182348.jpg



*お寺の紹介
本堂
文化11年(1814年)に再建された重層入母屋造の重厚な建物で、秘仏の千手観音立像が安置されている。
阿弥陀堂
三重塔
元禄17年(1704年)建立の全高16メートルの三重塔で、もとは兵庫県佐用郡三日月村(現・佐用町)の高蔵寺にあったものを、明治43年(1910年)に当寺が買い取って参道西方の丘上に移設。その後境内の現所在地(鐘楼の東隣)に移された。[4]
十八神社本殿
庭園 『与楽園』
5000坪の広さがあり、枯山水・池泉・広庭からなる。5月は2万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ、7月はハス、さらに秋は紅葉の名所にもなる。庭園を整備したのは、近年のことである。

十八神社本殿
木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像 - 平安時代後期の定朝様の作。両脇侍像は三千院の阿弥陀三尊像の脇侍と同様の跪坐(ひざまずく)の姿勢をとる。
木造釈迦如来立像 - 平安時代後期。嵯峨清凉寺の本尊像を模した「清凉寺式釈迦如来像」の最古の遺品。
木造毘沙門天立像 - 平安時代後期。
十八神社本殿(所有者は十八神社) - 三間社流造、長享元年(1487年)建立。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-21 11:11 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(1)

【草津・水の森】の早咲きのハス20140620

【草津・水の森】の早咲きのハス20140620


ここは滋賀県の草津水性植物公園、通称「水の森」といわれ、さすがに水をふんだんに使ったレイアウトとなっている。この池がぐっと引き立つようにこのような緩やかな太鼓橋が据えられている。
ハスはまだ時期的に早いが、関係者の努力でつねに華やかな状態を醸し出している。

e0237645_17242969.jpg


この後の写真は、鉢植え栽培から地植えにしたもののようだが、ここのハスは今からだと約1ケ月間以上楽しめることになる。
数はあまりありませんがご覧ください。

e0237645_17244283.jpg


e0237645_17245859.jpg


e0237645_17251589.jpg


e0237645_17252796.jpg


e0237645_17253817.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-20 14:07 | (風情)京都・関西 | Comments(4)

【琵琶湖水の森】キャラクター20140620

【琵琶湖水の森】キャラクター20140620


ここはお花一辺倒ではなく、色々な木々も配置されている。
それと色々なキャラクターも配置されている。

e0237645_17454082.jpg


一世を風靡した、ウーパールーパーも事務所に置かれていた。
意外と大きいのには驚いた。

e0237645_17455374.jpg


e0237645_1746744.jpg


e0237645_1746188.jpg


これは河童か蛙かETか。お猪口と徳利を持っている姿が面白い。

e0237645_17462958.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-20 14:01 | (紹介記事)関西 | Comments(3)

【草津水性植物公園(通称;水の森)】20140620

【草津水性植物公園(通称;水の森)】20140620


「草津水性植物公園(水の森)」は東側の琵琶湖湖岸道路沿いにあり、近江大橋と琵琶湖大橋のほぼ中間辺りの半島にある公園である。
この公園の琵琶湖の中には大きなハスの群生地があり、ここは7月下旬から8月中旬頃まで見事にハスが開花してきて、壮大である。

入場料を払って、中に入ると正面に「ロータス館」という本館がある。

e0237645_125913.jpg


その手前には、このような変わったオブジェの噴水がある。
さすがに『水の森』というだけあって、水をふんだんに使った施設が作られている。

e0237645_1252797.jpg


e0237645_1255281.jpg


施設全体としてはさほど大きくはないが、施設内の手入れはいつ行っても素晴らしいといえる。
園内を散策すると、常に季節の花を見ることができる。

e0237645_126683.jpg


e0237645_1264389.jpg


e0237645_1265689.jpg


またこのようなしゃれた構造物も所々配置されている。

e0237645_1271311.jpg


施設のきれいさはここにあることが分かった。
平日に行くと裏方の苦労もよくわかる。

e0237645_12735100.jpg


e0237645_1275212.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-20 13:44 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

『草津水性植物公園(水の森)』スイレン20140620

『草津水性植物公園(水の森)』スイレン20140620


琵琶湖も水連の季節を迎えた。
草津水性植物公園(水の森)も、温室が早咲きだが外の庭池の水連もかなり花をつけていた。
施設の中に花の図鑑があったので、名前と見比べる意味で載せてみた。

e0237645_1322359.jpg


庭池の水連も満開に近くなってきている。

e0237645_1331162.jpg


e0237645_133235.jpg


e0237645_1334172.jpg


e0237645_1335676.jpg


ここまでが庭池の水連である。

ここからは温室の水連で、できるだけ近づいて写してみた。
ここの水連は温室内に大きな面積を占めた池を作りだしている。
種類も豊富で変わった種類のものも多い。また、配置もよく、カメラのアングルも楽しく設定できる。

以下は温室の水連である。

e0237645_1342164.jpg


e0237645_1344019.jpg


e0237645_1345716.jpg


e0237645_1351496.jpg


e0237645_135279.jpg


e0237645_135411.jpg


e0237645_1355497.jpg


あとで見るときれいだった記憶が蘇ってくる。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-20 13:41 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

『ウチョウラン展示会』(草津水性植物公園)20140620

『ウチョウラン展示会』(草津水性植物公園)20140620


草津水性植物公園では、この時期決まって愛好家による”ウチョウラン展”が行われる。
今年も出かけてみたが、同じように展示会を行っていた。
このウチョウランは、小さいがしっかり自己主張をしているかわいいお花である。
毎回行くたびに即売会での花が買いたくなるが、私が育てるのには無理がありそうで止めにしている。
今回もやはりそうしてきたが、部屋に幾つかあると潤うのにと思いながら見るだけにしてきた。

3日間しかやっていない展示会だ。

e0237645_15244854.jpg


何はともあれご覧いただきたい。

e0237645_1525356.jpg


e0237645_15251583.jpg


e0237645_15252688.jpg


e0237645_15254641.jpg


e0237645_15261075.jpg


e0237645_15262368.jpg


e0237645_15264054.jpg


e0237645_15272512.jpg


e0237645_15275985.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-06-20 12:20 | (紹介記事)関西 | Comments(4)