日本最古神社一つ『奈良大和(おおやまと)神社』20140927

日本最古神社一つ『奈良大和(おおやまと)神社』20140927


崇神天皇の御世に、大物主の神託によって、「大三輪神」と「大国魂神」の2つの神が出現した。
このとき、大物主は三輪山の神だったこともあり、「大三輪神」には大神(おおみわ)神社、「大国魂神」は従来から存在していた大和(おおやまと)神社の主祭神に充てられている。
この背景を話すと長くなるが、記録として残したいのでかいつまんで一説を私見を加え述べたいと思う。

第10代崇神天皇の御世の前までは、天皇(この呼び名は天武朝の頃に付けられたもの)とはいっても一個の豪族に過ぎず、大王(おおきみ)と呼ばれ、豪族の中でも少しばかり権威があったようである。
大王と呼ばれる一族は、他の有力な豪族である葛城氏や物部氏などとの姻戚関係で勢力を保っていたようだ。
ここで誰もこのことを疑問に思っているとは聞かないが、天皇家には他の氏族と異なり、“XX氏という苗字がない”。というのは、何か特別の存在だったのではないかというような気もする。ということは最初から崇められた存在ではなかったのかと思えてくる。
即ち農耕民族特有の世襲制の長(おさ)だった感じなのかもしれない。
しかし、単独では成り立たずこの長に従った氏族が、内から生まれたものと、外から取り込みを行ったものが出てきている。
ここで外からの氏族を3つに分類して捉えると氏族の動きがわかってくる。
①この地に古くから住みついている居る氏族;葛城氏系氏族、蘇我氏、伴氏など
②北(愛宕郡・春日)、西、東の周辺に居た氏族;春日氏、小野氏
③離れた他の地域の氏族、渡来系の氏族;物部氏、秦氏
なるであろう。  

ここで、大和(おおやまと)神社が日本最古といわれる所以を推理してみよう。
大王の内なる氏族に倭(やまと)氏という小さな氏族(異説はある)があり、これがこの大和(おおやまと)神社を守っていたようだ。
一説によると、初期ヤマト政権発祥の地といわれている「纒向遺跡」の構築に倭氏がおおきく関わっていたといわれているように、初期ヤマト政権では重要な地位にあったようである。
その倭氏が日本最古といわれる、大和(おおやまと)神社の守り主だったのではと思われる。
しかしその後、大王家が大きくなり大三輪氏と接するようになると、大三輪神社(大神(おおみわ)神社)を大王とともに祀るようになったようである。
いつしか、倭氏が消えて行き、大和(おおやまと)神社も主役ではなくなっていったようである。


大和神社は大神神社出現の後、天皇からの援助が乏しくなり、また、火災など紆余曲折を経たのち現在の姿に復元されている。
また、「大和大国魂神」は、倭姫に伊勢神宮の千木や鰹木の由来も指導されている。
こうして、大和神社には神が人体をもって現れた時代の天之沼矛の神格化である「大和大国魂神」の神名だけが留まることになったようだ。


e0237645_8541112.jpg


e0237645_8542783.jpg


e0237645_8544497.jpg


e0237645_8545817.jpg


e0237645_8551198.jpg


戦艦大和の石碑が建てられていた。
戦艦大和には、大和神社の分霊が祭られていたそうです。
となりの祖霊社には、戦艦大和が撃沈した時の殉死者2736名の御霊が祀られている。

e0237645_855417.jpg


e0237645_8555228.jpg


増御子神社
(祭神)
猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)天鈿女命(あめのうずめのみこと)
(由 緒)
猿田彦大神は、ものごとの一番最初にご出現になり、万事最もよい方えお導きになる大神です。
古事記・日本書紀などにも、わが国のはじめ天孫瓊瓊杵尊(ににぎのもこと)をこの国土へご啓行になられたと伝えています。
このご神徳によって、全国各地のご祭礼に際しては一番先頭に大神を仰いで渡御祭にも先駆する天狗が猿田彦大神です。「さき立ちの神」「さきみちの神」「ひらきの神」として、氏子・崇敬者の将来の繁栄と開運成就をお授けくださいます。
学業成就・家業繁栄・交通安全・開業・移転災除等、諸願成就にご神徳顕著です。
境内の案内板より


e0237645_856544.jpg


e0237645_856188.jpg



神(たかおかみのかみ)と三輪山とは何らかの深い関係があったようだ。
高龗神社 祈雨神祭について 全国総本社
大和神社の摂社である。祭神は雨師大神即ち水神様で、崇神天皇のとき渟名城入姫命をして穂積長柄岬(現親泉星山)に創祀される。
古来六月一日、十年に一度の大祭には、和歌山・吉野・宇陀その他近在邑々から千人余りも参拝者の列が続いたとある。
先頭に丹生川上神社、中・下社が金御幣を持ち後尾は末社の狭井神社が勤めた。
茅原上つ道を経て箸墓裾で休憩。大倭柳本邑に入り長岡岬、大市坐皇女渟名城入姫斎持御前の井戸で祓い清める。
神職は輿と共に神橋を渡り大和神社に入る。一般の人達は宿から一番鶏が鳴くと倭市磯池に体を清め笠縫邑から神社へ向かう。
社は古代伊勢神宮と同じ建築様式で江戸時代の建立になる。
昭和二十五年の台風により被害を受け半壊する。        (境内の案内板より)


e0237645_8563691.jpg



e0237645_8571528.jpg



***この時代の歴史的な背景と謎解きに挑戦してみたいと思う。***

崇神天皇が崩御され、喪りが済んで公表された時に、「御肇国天皇(ハツクニシラススメラミコト)と称す」と発表されている。
ということは、神武天皇も始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称されることから、神武天皇が即位したとされる橿原宮の時は、まだ勢力が小さく葛城氏の保護下あったのではないかと思われる。
結構な年月をかけて、三輪山の麓に至り、崇神天皇という天皇の出現で一気に大王の地位が出来上がったようにおもえ、それで大和朝廷のきばんができたことが、、「御肇国天皇(ハツクニシラススメラミコト)と称す」ということになったのではないか。
(ちなみに神武天皇が即位した橿原宮と橿原神宮は直悦的には関係なく、橿原神宮は明治時代に造られたまだ新しい神社である。)

そこで大神神社と大和神社とで不思議な構図が存在してくる。
崇神6(天鈴626)年9月16日夜、大国魂神を大和神社へ遷宮され、崇神6(天鈴626)年9月17日夜、天照神を檜原神社(ひばら)へ遷宮されている。
第2代大物主の奇彦命の神託によって、崇神7(天鈴627)年10月1日、大田田根子命が大三輪神の斎主、長尾市命(ながおいち)が大国魂神の斎主に任命された。
この第2代大物主の奇彦命の神託によって、「大三輪神」と「大国魂神」の二重化が発生したわけである。
その後、「大三輪神」は大神(おおみわ)神社、「大国魂神」は大和(おおやまと)神社となり、はっきり出雲系色を消そうという行為がみられる。
というのは大物主神は元々出雲神である。これを二神に分けて、天照神は正当なながれといっている気がしてならない。
その後、疫病など半数以上の人無くなったのを機会に、大田田根子命なる神が、日向の国から大物主(出雲神)の子孫として招かれて三輪山に祀られたている。
出雲神を祀って災難を鎮めるということは、過去出雲族へ何らかの意図的な行為があったからであろう。
このことの意味するところを考えてみると、元々大和の地にいた出雲族が祀っていた神をはっきりを崇め直すことを意味しているのではないかと思えてしょうがない。
いずれにしろ、出雲族の存在を研究していくことが必要と感じる。

余談だが、あまり知られていないが、これと同じようなことが伊勢神宮でも起きている。
伊勢神宮は元々内宮だけであった。
丹後一宮の籠神社(このじんじゃ) は元伊勢といわれているが、この元伊勢とは天照神が鎮座していた神社である。天照神が伊勢神宮におさまるまで、24か所の神社を渡り歩いており2番目におられた神社である。
疫病続きの災難時に伊勢神宮の外宮に籠神社(このじんじゃ)の「豊受大神」を招いて災難を鎮めたようである。この豊受大神は何者かという議論はあるが、やはり出雲神ではなかろうかとおもう。







この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-27 17:54 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(0)

明日香村「稲渕棚田の案山子フェスティバル」20140927

明日香村『稲渕棚田の案山子フェスティバル』20140927


案山子ロード
ここ毎年、奈良県明日香村の'稲渕棚田で案山子ロード'と称して、案山子フェスティバル開催している。
丁度前日の26日(金)のフェスティバルは終わったようで、夕方ということもあり人もまばらであった。

ここで作られてある案山子は、従来の農村の泥臭いイメージとは違い、カラフルでユニークな中にしっかりとしたテーマがあって、できのいい案山子たちであった。
何はともあれご覧いただこう。

案山子達のコンテストもあり、優勝は「明日香村のかじ屋」ということだったそうです。

e0237645_13592496.jpg


e0237645_13593582.jpg


e0237645_13595196.jpg


e0237645_1404318.jpg


e0237645_1412672.jpg



e0237645_1414390.jpg


e0237645_142084.jpg


e0237645_1421879.jpg


e0237645_1423980.jpg


e0237645_143175.jpg



e0237645_1431863.jpg


e0237645_1434728.jpg


e0237645_1452389.jpg


e0237645_1454323.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-27 16:16 | (紹介記事)関西 | Comments(2)

奈良県の原風景『明日香村の稲渕棚田』20140927

奈良県の原風景『明日香村の稲渕棚田』20140927


かんなびの郷稲渕は明日香村にあるが、場所は石舞台の淵を回って小さな橋を渡った先に見ることができる。
実は岡寺に行っての帰り、途中にブドウ園がありそこの御主人にこの棚田の存在を教えていただいた。
この辺りでは棚田は当たり前、案山子フェスティバルが注目されているようだ。

さて、棚田が広がり・大きさにはちょっとおどろいた。しかも、石舞台のこんな近くにあって全く気付かずにいたとは情けない。
棚田は丁度収穫の時期が来ており、刈り取る寸前だったようで、黄金色に光る稲穂と赤い彼岸花の美しい風景を魅了することができ、しばしたたずんでいた。

その風景がこちらである。

e0237645_13375792.jpg


e0237645_1338790.jpg


e0237645_13382197.jpg


e0237645_13383445.jpg


e0237645_13384667.jpg


e0237645_1339775.jpg


e0237645_13392270.jpg


彼岸花とのコントラストも見事である。

e0237645_13393890.jpg


共同田もあることがわかった。

e0237645_13404094.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-27 16:12 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

賀茂川のコサギ漁師の腕前は?201400923

賀茂川のコサギ漁師の腕前は?201400923


この日はすこぶる天気がよく、秋晴れになったようです。
北山通りから賀茂川沿いに下ってきたところで写真に収めてみました。
残暑が残る中澄み切った空が何んとも云えませんでした。

e0237645_1632462.jpg


e0237645_16321430.jpg


e0237645_16323089.jpg


川を横断している堤には、コサギなどが魚を捕っているのを目撃しますが、この日もコサギが狩りをしている姿がありました。
少し画面が小さくて見にくいですが上手くキャッチしていたのでご覧ください。
(4コマで構成しました。)

e0237645_16324182.jpg


e0237645_16325119.jpg


e0237645_1633231.jpg


e0237645_16331840.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-23 12:26 | Comments(0)

尼子家の復興に奔走した猛将『山中鹿之助』20140923

尼子家の復興に奔走した猛将『山中鹿之助』20140923


山中鹿之助は、戦国時代から安土桃山時代にかけての山陰地方の尼子氏の家臣。。実名は幸盛(ゆきもり)、幼名は甚次郎(じんじろう)という。
優れた武勇の持ち主で「山陰の麒麟児」の異名を取る。尼子十勇士の筆頭にして、尼子家再興のために『願わくば、我に七難八苦を与えたまえ』と三日月に祈った逸話は有名である。

山中鹿之助は忠義の臣ということで、戦前の教育でもてはやされていたのを、戦前の教科書などを目にした時強く印象が残っている。
ここ本満寺と鹿之助との関係は定かではないが資料によると、、
「1764年5月22日、鹿之助の子孫である山中永辰と山中一信によって建立されたとある。」

鹿之助の墓は本堂脇の墓所中央に位置し、周囲には山中一族の墓碑があるがすでに無縁墓碑状態といっていいかんじで、石も悪いのか風化が進んでいる。
また、墓標の裏面には、次のように記載される(原文は漢文)。
「尼子忠臣山中幸盛、幼きより勇彊にして、軍鋒の魁たり。年三十(四)にて備中阿部に戦死す。実に惟れ天正六戌寅五月廿二日也。子(孫)山中永辰、同一信、相與に謀り、樹石を広宣し、流布山本願満足寺に奉り、先ず本に報じ、以て無窮に示す。 宝暦十四年歳舎甲申五月廿二日 当山丗七世日視誌す」。
宝暦十四年とは、1764年であるので、江戸時代の中頃に建てられたようである。

私の恒例の京都市内の散策で、「山中鹿之助幸盛御墓所」の石標がが目に入ったので寄ってみた。

本満寺というお寺である。
1410年本圀寺(日蓮宗)から分離独立し、玉洞妙院日秀(関白・近衛道嗣の子)が開基とされている。
その当時は上京区元本満寺町(新町通今出川上る西入)付近にあったが1536年天文法華の乱で焼失し、堺に避難する。
寺伝によれば、それから間もない1539年、関白近衛尚通が現在の地に移建し、後奈良天皇の勅願寺となるという。ということでお公家さんのお寺という感じがする。
その後、1751年徳川吉宗の病気平癒を祈願し、幕府祈願所ともなっている。

このお寺は、広大な寺域を誇っていたようだが、今でもそれなりの敷地である。

e0237645_9404815.jpg


e0237645_941034.jpg


墓地にはいると直ぐの右手にこのお墓がある。
案内の表示は全くない。近くに居た墓守の人に尋ねると、親切に御案内いただいた。
そこでお墓の歴史・お寺の歴史など一通りご説明いただき、今の鹿之助のお墓・一族のお墓に墓主のお参りがないことを嘆いておられた。
一時的にもてはやされてお墓を作ったものの、重荷になって無縁化していくのは、歴史的な有名人であっても同じなんだとちょっと考えさせられた。

e0237645_9413270.jpg


先にも述べたように、お公家さんのお寺だが、今では大徳寺やそれぞれの菩提寺などに移ったのと、東京遷都で冷泉家を残してお公家さんが東京に墓地とともに移ったようで、古い墓標が山のように一か所に片づけられていた。

e0237645_9485787.jpg


この日は彼岸だったので、本堂では沢山のお参りがあった。

e0237645_949101.jpg



山中鹿之助の墓所・供養塔・首塚はたくさん存在しているのでご紹介します。
・阿井の渡しの墓(岡山県高梁市落合町阿部)
・観泉寺境内の墓(岡山県高梁市落合町阿部)
・大徳寺玉林院内の墓(京都府京都市北区紫野大徳寺町)
・金戒光明寺金光院内の墓(京都府京都市左京区黒谷町 )
・幸盛寺内の墓(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野)
・巌倉寺内の供養塔(島根県安来市広瀬町富田)など沢山の供養塔がある。
・静観寺山門前の首塚(広島県福山市鞆町後地)
・徳雲寺境内の首塚(広島県庄原市東城町菅)
・浄教寺内の供養塔(広島県広島市西区草津本町)
・末吉城跡の供養塔(鳥取県大山町末吉)
・忠山砦跡の供養塔(島根県松江市美保関町)





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-23 11:46 | (歴史)全国史 | Comments(3)

本能寺の変と阿弥陀寺(信長・家中の墓)20140923

本能寺の変と阿弥陀寺(信長・家中の墓)20140923


天下をほぼ手中に収めかけた時、天下統一の夢半ばにして「本能寺の変」に斃れた織田信長公。
その京都には、織田信長公ゆかりの寺社や史跡が多く遺されていますが、阿弥陀寺が信憑性が高く、織田信長公を祀る墓が遺されています。
阿弥陀寺は、1555(天文24)年、織田家に縁のある人物だったといわれる清玉上人によって近江国坂本に創建されました。
織田信長公の帰依を受けた阿弥陀寺は、織田信長公が入洛を果たした際に今出川大宮に移転されました。
この地は今も上京区上立売通大宮東入阿弥陀寺町と呼ばれ、当時の名残りが残されています。
移転当時の阿弥陀寺は、八町四方の規模(約900m四方)もの広大な寺域の中に13もの塔頭を持つ大寺院だったと伝えられています。

「本能寺の変」が起きた1582(天正10)年6月2日払暁、変事の報に接した清玉上人は、20名ほどの僧侶を引き連れて本能寺へと駆けつけましたが、時すでに遅く、到着した頃には本能寺は炎上、織田信長公も紅蓮の炎の中で自刃して果てていました。
一説によると、この時清玉上人は、明智勢が固める表門を避けて裏の生垣より境内に潜入。織田信長公の遺骸をいち早く発見し、堂宇を包む炎で火葬に臥したのち遺骨を阿弥陀寺へと持ち帰って供養したといわれています。
寺院内は攻め寄せた沢山の明智勢で充満してましたが、明智勢の責任者と交渉の末探すことができたといわれています。(その理由は後述します)

阿弥陀寺の山門。その前には「織田信長公本廟」の石碑が建てられています。

e0237645_1557932.jpg


本堂と内部。撮影にも感じよく尾k耐えてくれていた。

e0237645_15572175.jpg


e0237645_15573532.jpg


織田信長公と嫡男・信忠公の墓所(左)。

e0237645_15575192.jpg


命日のお参りに沢山の塔婆が建てられており、NHKの黒田班もお参りに来ていたようです。

e0237645_1558361.jpg


森蘭丸・坊丸・力丸兄弟の墓所(右)。

e0237645_1558269.jpg


信長の正室『濃姫』(浄花院殿光徳大師)のお墓もありました。

e0237645_15583671.jpg


6月2日が命日とあり、末裔が揃ってお参りがあったようです。

e0237645_15584854.jpg



(後遺談)
織田信長公の遺骨が阿弥陀寺に存在するという話を耳にした羽柴秀吉公が、再三に渡って遺骨を引き渡すよう申し入れて来ましたが、遺骨を利用して後継者争いで有利な立場に立とうとする羽柴秀吉公の思惑を嫌った清玉上人は、主家を乗っ取ることは「人の道にあらず」と、この申し出を一貫して拒絶し続けました。
遺骨を手に入れることで追悼供養の主導権を握り、跡目を継ぐに足る者は自分であると天下に知らしめようとした羽柴秀吉公の当初の目論みは外れ、結局大徳寺で行った追善供養の際には、遺骨の代わりに織田信長公の木像を作って棺に納めるという演出で乗り切りはしましたが、羽柴秀吉公の心中穏やかならざる事は容易に想像できます。
その証拠に、天下人となった豊臣秀吉公は、寺領の大半を没収するという処分を下し、さらには1587(天正15)年、都市計画に沿って「寺町」と呼ばれる現在の地に強制的に移転させるなど、阿弥陀寺に対して牙を剥き続けました。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-23 10:55 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

「頂妙寺の石像」と「仏光寺の銀杏の大木」20140915

「頂妙寺の石像」と「仏光寺の銀杏の大木」20140915


頂妙寺(ちょうみょうじ)は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)。
これといった特徴はあまり見られないが、私から見てホッとする雰囲気があったのでのせることにしました。

これは寺町の一角だが、敷地はまあまあである。

e0237645_17542949.jpg


総門の奥には堂々たる仁王門がある。
仁王像も阿・吽とも見事な出来栄えのように見える。

e0237645_17544119.jpg


e0237645_17552119.jpg


e0237645_17565999.jpg


塔頭の一つに「平和門」の扁額がありました。

e0237645_17571670.jpg


その塔頭の門前に心和む石像が置かれていた。

e0237645_17572771.jpg


これは帰り道に撮った、仏光寺の銀杏です。
東西本願寺といい、ここといいイチョウは何か謂れがあるのだろうか?

e0237645_17573869.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-15 09:47 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)

和歌山県紀ノ川市から『高野山』方面を望む20140914

和歌山県紀ノ川市から『高野山』方面を望む20140914


和歌山には久しぶりに出かけてみた。
この前に行ったのは、去年の桃の時期だったように思う。
紀三井寺から粉河寺に向かう途中、岩出市というところを経由して紀ノ川市に入ったところがこの景色である。
紀ノ川市は新しい名称の町で、2005年11月7日、那賀郡打田町、粉河町、那賀町、桃山町、貴志川町の5町が合併し誕生したという。
この中で桃山町、貴志川町は紀ノ川の対岸にあり、川を挟んでの合併をしている。

紀ノ川市の手前の岩出市を過ぎ、旧粉河町の西側の間道を走っていると、天気が良いこともあり素晴らしい風景が飛び込んできたので、車を止めて高野山系を写してみた。

e0237645_1546283.jpg


e0237645_15514772.jpg


よく見ると、山のすそ野の辺りに果物畑?が見えている。
ここは、梅・桃・柿・ブドウの産地である。
粉河町には「めっけもん広場」というJAのファーマーズマーケットがあり、物によってはびっくりするほど安い野菜やくだものが置かれている。

e0237645_1552185.jpg


e0237645_15521357.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-14 14:36 | (風情)京都・関西 | Comments(0)

紀三井寺から眺められる「和歌山市の風景」20140914

紀三井寺から眺められる「和歌山市の風景」20140914


ここから見る和歌山の景色は、奈良・平安の昔から多くの歌人に愛された景勝の地で,万葉人が幾多の歌を詠んでいる。
「片男波」という名前の由来が、万葉集の,
「若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る」(山部赤人)
の「潟を無み」にちなんでいると言われている。

e0237645_155565.jpg


e0237645_1551715.jpg


片男波海水浴場
歴史のある片男波にできた総延長1,200mの人工海浜。(帯のように見えるのがそれである。)
白砂の浜,青い海,青い空,降り注ぐ太陽のひかりに加えて白壁のモダンなビーチハウスが雰囲気を盛り上げ,海水浴期間には数十万の人々で賑わいっている。
ここは和歌山近辺、特に海が遠い紀ノ川沿いの若者たちが集う、まさに真夏のホットスポットとなる。
施設も充実しており、近くには市営・県営駐車場もある。
環境省選定の『海水浴場百選』の海の部特選(全国の海水浴場から10選)に選ばれている。

e0237645_155324.jpg


e0237645_1554378.jpg


e0237645_1555679.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-14 12:42 | (風情)京都・関西 | Comments(0)

和歌山への道『岸和田SA』で一服20140914

和歌山への道『岸和田SA』で一服20140914


岸和田サービスエリアは大阪から和歌山に向かう阪和道にあります。
和歌山は好きなところでちょこちょこ出かけますが、殆どこのSAには往復で寄っています。結構バランスのとれたSAなんです。
ここは自然に囲まれ、エリア内に古風な和風の建物もあります。
また、泉南・和歌山の野菜や果物がリーズナブルな値段で販売もしています。

e0237645_1523109.jpg


e0237645_15232311.jpg


e0237645_15234240.jpg


e0237645_1523532.jpg


e0237645_1524419.jpg



e0237645_15242092.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-14 11:22 | (紹介記事)関西 | Comments(0)