人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大石内蔵助祀った京都大石神社20160729

大石内蔵助祀った京都「大石神社」20160729


この大石神社は昭和十年赤穂義士大石内蔵助良雄の義挙を顕彰するため大石内蔵助良雄公をご祭神として創建された。
元禄14年(1701)3月、赤穂藩主浅野内匠頭長矩が江戸城内松の廊下において、吉良上野介義央に対し刃傷におよび、内匠頭は即日切腹、御家断絶、領地没収となった。
赤穂浅野藩の城代家老大石内蔵助良雄は城明け渡しの後、同年6月28日、以前からこの付近の田地、屋敷を持っていた親類の進藤源四郎の世話でこの地に移り、神社の近くに居を構えていた。
ここは閑静で人目につきにくく、かつ交通に便利で、事件の善後策を講じるのに何かと便利であり、この地でしばしば同志の会合を開いたという。また、敵の目を欺くため、伏見撞木町、祇園一力亭などで遊興にふけったといわれている。一力には内蔵助の遺品がるという。
はじめは、はやる同志をおさえて、亡主内匠頭の弟大学長広をたてて主家の再興を謀った。
しかし、翌、元禄15年夏、結局再興は許されず、吉良邸討入りに方針を固め、同志は密かに江戸へあつまったが、内蔵助は討ち入り近くまでこの地に留まっていたらしい。

この神社は冒頭にあるように昭和に入ってから建てられているが、敷地は2300坪で稲荷山の東麓に位置し、さくら、もみじ等多く、四季それぞれ美しく山上の緑と調和し、風情がある。
そういえば本殿の右手前に、大きな枝垂桜の木があったのを覚えている。

e0237645_1711626.jpg


e0237645_17111751.jpg


e0237645_17112985.jpg


e0237645_17114474.jpg


e0237645_1712162.jpg



e0237645_17122191.jpg


e0237645_17123557.jpg


e0237645_17125185.jpg


e0237645_171354.jpg


e0237645_17131830.jpg



*境内に「義人社」がある。これは赤穂義士討入りに際し、必要な武器を調達した、「天野屋利兵衛は、男でござる。」 の名ゼリフは有名な天野屋利兵衛を祀ってある。
大阪の豪商であり、「商売の神様」 と言われ、現在も (商売繁盛) の信仰があつい。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-29 17:00 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

「伏見桃山城」がそびえる運動公園20160729

「伏見桃山城」がそびえる運動公園20160729


伏見桃山城は、元「伏見桃山城キャッスルランド」という遊園地の目玉建造物だった。
しかし、キャッスルランドは2003年に経営不振により閉じることになり、天守も”破却”される予定だったが近隣住民からの強い要望により保存され、跡地は運動公園として整備されている。

外見はご覧のとおり立派だが、耐震強度に問題があるようで内部は公開していないそうだ。
これで京都の町が眺められれば素晴らしいと思うが。
非常にいい場所に建っている。


e0237645_163175.jpg


e0237645_16311634.jpg


e0237645_16312633.jpg


e0237645_1631361.jpg


e0237645_16314764.jpg



e0237645_1632957.jpg


e0237645_16322622.jpg


e0237645_1633435.jpg


e0237645_16332492.jpg


e0237645_16333969.jpg



e0237645_16335992.jpg


e0237645_16341662.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-29 16:25 | (歴史)京都史 | Comments(2)

炎天下「中学女子軟式野球全国大会」20160729

炎天下「中学女子軟式野球全国大会」20160729


この日は暑かった。
この大会は今年から始まった、第一回大会であった。
出場校は各都道府県の予選に優勝し、その都道府県支部長の推薦を受けたチーム、または各都道府県支部で編成し、推薦を受けたチームであることが条件となっている。

今年の第一回は出場校36チームがトーナメント方式で、京都市を中心にした7つの会場で競われた。

優勝校は埼玉代表チームを下した、大分県代表チーム(オール大分ガールズ)が見事優勝を果たしている。

e0237645_1714578.jpg


e0237645_1715165.jpg


e0237645_17153134.jpg


e0237645_17154665.jpg


e0237645_171647.jpg



e0237645_17162293.jpg


e0237645_171638100.jpg


e0237645_17165938.jpg


e0237645_17171237.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-29 16:06 | (イベント)高校野球等 | Comments(2)

京都市内が一望できる将軍塚青龍殿20160729

京都市内が一望できる「将軍塚青龍殿20160729


東山ドライブウェイの頂上の市の駐車場から北へ百メートル程行きますと、青蓮院の別院である将軍塚大日堂があります。
この別院の大きな敷地にこれまた非常に大きな敷地を持つ展望舞台(台というよりもこの方が)できました。
また、青龍殿という建物が建てられましたが、「青龍殿とは、奈良大仏殿のおよそ横幅半分の木造大建築物で、国宝 青不動をお祀りする建物です。青蓮院では、この国宝 青不動を初めて奥殿に安置し、精密な複製画を通じておまいりすることが可能となりました。」という説明がありました。

将軍塚は、「桓武天皇は都を奈良から京都の南方、長岡に移されましたが、いろいろと事故が続きました。この時、和気清麻呂は天皇をこの山上にお誘いし、京都盆地を見下ろしながら、都の場所にふさわしい旨進言しました。天皇はその勧めに従って延暦十三年(794年)、平安建都に着手されました。
天皇は、都の鎮護のために、高さ2.5メートル程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢を持たせ、太刀を帯させ、塚に埋めるよう命じられました。」
これが、この地を「将軍塚」と呼ぶ由来です。

ここには従来からある展望台と併せ2か所の展望台がありますが、どちらの展望台も京都全市街の展望を目にすることができます。
また、夜間もあけており街の明かりが一望できます。

e0237645_16111134.jpg


e0237645_1611223.jpg


e0237645_16113947.jpg


e0237645_1612078.jpg


e0237645_16121136.jpg



e0237645_16122662.jpg


e0237645_16123719.jpg


e0237645_16124939.jpg


e0237645_16125970.jpg


e0237645_1613825.jpg



e0237645_16132081.jpg


e0237645_16134627.jpg


e0237645_16144339.jpg


e0237645_1614583.jpg


e0237645_16151437.jpg



e0237645_16153014.jpg


e0237645_16154516.jpg


e0237645_1616037.jpg


e0237645_16161464.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-29 14:54 | (歴史)京都史 | Comments(2)

日ごろの芸の披露「ゆかた会(祇園東)」20160729

日ごろの芸の披露ゆかた会(祇園東)」20160729


これは京都の遊郭の一つ「祇園東」の年間行事の一つらしい。
らしい、というのは17年通って今回初めて招かれたからで、内輪の人に芸舞妓さんの日ごろ修行している(踊りを除いた)「芸」を披露することのようである。
ということで稽古場でのお披露目となっているようです。

私は以前の会社の関係上、ここの「繁の家」にお世話になっていることもあり、ここに載せる写真もどうしても繁の家の芸妓さんに目がいってしまう。
それでも地方(じかた)さんの芸を写したつもりでいる。

ぜひ懸命な芸舞妓さんの芸姿をご覧ください。

e0237645_17202037.jpg


e0237645_17203323.jpg


e0237645_17204239.jpg


e0237645_17205358.jpg


e0237645_1721538.jpg




e0237645_1722062.jpg


e0237645_17221099.jpg


e0237645_17222079.jpg


e0237645_17222896.jpg


e0237645_172354.jpg


e0237645_17231899.jpg


e0237645_17234588.jpg



e0237645_1724814.jpg


e0237645_17242874.jpg


e0237645_17244113.jpg


e0237645_1724552.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-29 11:00 | 京都祇園花街特集 | Comments(2)

大阪アートアクアリウム展(金魚の艶)20160726

大阪アートアクアリウム展」(金魚の艶)20160726


大阪の堂島リバーフォーラムにアートアクアリウム史上最大級の観覧規模となる宇宙”をテーマにした複合作品「Beautiful Japan of Universe」が披露され、宇宙に多種多様な金魚や錦鯉たちが旅立つような不思議な感覚を味わえる幻想空間が出来上がっています。
今年は10周年を迎え、1つの会場で過去最大となる、約8千匹の金魚が泳ぐ水中アートの展覧会になったようです。
東京・日本橋や京都二条城などでも披露されてきておりますが、京都に住んでいながら二条城は見逃し、大阪初お目見えのインフィニトリアムなど豪華で見ごたえのあるラインナップ堪能してきました。


e0237645_17254983.jpg


e0237645_1726765.jpg


e0237645_1726184.jpg


e0237645_17262879.jpg


e0237645_17263757.jpg



e0237645_17265272.jpg


e0237645_17272174.jpg


e0237645_17273321.jpg


e0237645_17274511.jpg


e0237645_17275668.jpg



e0237645_17282061.jpg


e0237645_17283869.jpg


e0237645_17285180.jpg


e0237645_1729555.jpg


e0237645_17291962.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-26 12:43 | (紹介記事)関西 | Comments(2)

祇園祭も終わりに近づいた「鴨川辺りの風情」20160724

祇園祭も終わりに近づいた「鴨川辺りの風情」20160724


今日は7月24日。と云えば祇園祭後祭り山鉾巡行の日だった。
この日は祇園祭のイベントが目白押しで主なものは「花笠巡行」、「還幸祭」がある。

「花笠巡行」は傘鉾十余基、馬長稚児、児武者等が石段下を出発し、列を整え所定のコースを練り歩きます。
  そして、八坂神社到着後(12時頃)舞踊等の奉納を行ないます。
  この巡行には京都五花街の芸舞妓が彩りを添えます。 
「還幸祭」は午後5時頃四条御旅所を三基の神輿が出発、途中三基の神輿は三条通の又旅社にて祭典を行  います。市中を巡り八坂神社へ戻ります。
  八坂神社へ戻ったあと、明かりを消し御神霊を本殿にお戻しします。

これらはまつりの最後の大きなイベントとして、なかなか見ごたえのあるものです。

e0237645_23131248.jpg


e0237645_23133072.jpg


e0237645_23193855.jpg


e0237645_23195494.jpg


e0237645_23201282.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-24 17:33 | Comments(2)

みたらし祭で賑わう「下鴨神社」20160724

みたらし祭で賑わう「下鴨神社」20160724


下鴨神社は「みたらし祭」で夜まで賑わうなか初めて家族で出かけてみた。
みたらし祭は別に詳しく載せるとして、まずは今回のもう一つの目的である、二の鳥居前の茶屋のお菓子をたべにいった。
この神社には幾度となく出かけているが、またこの茶屋に寄ったことが無い。
この茶屋では、二種類のお菓子を置いている。
一つは、氷菓「氷の花」で、氷室開きとあるから氷室から取り出した氷での一般にいう「かき氷」である。
他は、「申餅」と云ってこれは、「昔、葵祭の申の日に、小豆の茹で汁でついたお餅をご神前にお供えしたもので、ほんのりと茜色に染まったお餅を都の人たちは、『葵祭の申餅』と呼んでいたそうで、下鴨神社の名物だった。」そうです。それを140年ぶりに復元させたそうです。
実は大阪のTVで紹介してました。

勿論これだけではなくもう一つの目的である(というよりこちらがメイン)「みたらし祭」にもしっかり行ってきました。


e0237645_2365990.jpg


e0237645_237146.jpg


e0237645_2372673.jpg


e0237645_2374061.jpg


e0237645_2375865.jpg



e0237645_2391471.jpg


e0237645_2392773.jpg


e0237645_2394344.jpg


e0237645_2395967.jpg


e0237645_23101625.jpg



e0237645_23103112.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-24 17:26 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

「みたらし祭(足つけ神事)」(下鴨神社)20160724

「みたらし祭(足つけ神事)」 (下鴨神社)20160724


「みたらし祭」は、京都下鴨神社の夏の風物詩として根付いているおまつりで、今年2016年は7月23日~31日の期間行われた。
このお祭りは下鴨神社の御手洗池に足を浸して、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目がある無病息災を願うことから別名「足つけ神事」とも言われています。

京都のこのような有名なお祭りは、混むのが必定で少しはすいていると思われる遅めの午後に出かけてみるといくらか空いていた感じである。
さっそく受付でお供え料をおさめ、ロウソクを受け取り靴を脱いで靴とロウソクを手に持ち、御手洗池へと入ります。
池の水間違いなく冷たいです。それもそのはず夏には冷たい湧水でそれが小さな池に流れ込んでいるからでまさに清めの心を引き締める感があります。

祭壇にロウソクをお供えし、池から上がったところではご神水をいただくことができます。


e0237645_17371099.jpg


e0237645_17372390.jpg


e0237645_17373233.jpg


e0237645_173742100.jpg


e0237645_17375173.jpg



e0237645_1738261.jpg


e0237645_1738122.jpg


e0237645_1738222.jpg


e0237645_17383131.jpg


e0237645_17384174.jpg



e0237645_17385481.jpg


e0237645_17391048.jpg


e0237645_17392330.jpg


e0237645_17393674.jpg


e0237645_17394761.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-24 16:29 | Comments(2)

2015年に復活の「祇園祭・後祭り」の「宵山」20160723

2015年に復活の「祇園祭・後祭り」の「宵山」20160723


祇園祭の「後祭り」は去年から始まったものですが、宵山といっても出店は禁止となっており寂しい祭りになってしまいました。
しかし、今年は町家や地域の企業がかなり盛り上げ、去年とは格段に賑やかになりました。
というのも山鉾町の飲食店が店先を飾るようになったからです。いいことです。

今回は山鉾よりも地域の後祭りにかける意気込み・雰囲気を中心に載せてみました。

e0237645_1493078.jpg


e0237645_1410135.jpg


e0237645_1411290.jpg


e0237645_14121424.jpg


e0237645_14123047.jpg



e0237645_14124415.jpg


e0237645_14125650.jpg


e0237645_14131031.jpg


e0237645_14132538.jpg


e0237645_1413388.jpg



e0237645_14135989.jpg


e0237645_14141127.jpg


e0237645_14143427.jpg


e0237645_14144896.jpg


e0237645_1415468.jpg



e0237645_14154434.jpg


e0237645_14161280.jpg


e0237645_14163246.jpg


e0237645_14165679.jpg


e0237645_14171546.jpg



e0237645_14175031.jpg


e0237645_1418584.jpg


e0237645_14181945.jpg


e0237645_14183982.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-07-23 20:10 | Comments(2)