<   2016年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

歴史に翻弄された「方広寺」の鐘楼と大仏殿跡20160824

歴史に翻弄された「方広寺」の鐘楼と大仏殿跡20160824


この近辺で皆さんがご存じな建物は京都国立博物館だと思いますが、その北隣に豊国神社があります。
更にその北隣に方広寺があります。
実はこの辺りは全て方広寺の寺域であったことはご存じだろうか。
隣りの豊国神社は明治になってから建てられたもので、方広寺の大仏殿は豊国神社の後ろ(東側)の跡地として発掘されています。
方広寺は、豊臣秀吉が建立し、現在、伝教大師作・豊太閤護持を祀る大黒尊天があります。
はっきりとした記録はありませんが、天正14年(1586)に秀吉が奈良・東大寺にならって大仏を建立を決め、文禄4年(1595)に大仏殿が完成していたようです。
高さは約19m位あったという木製大仏で、秀吉時代の大仏殿の規模は何度か建て替えられましたのではっきりしていません。
慶長元年(1596)の伏見大地震のため大仏が倒壊した際、秀吉は 「うぬは、京の町を守るを忘れ、まっ先に倒れるとは、慌て者めが!」 といって弓矢を放ったという有名な逸話があります。

慶長9年頃、放火により炎上したあと、豊臣秀頼が再興しています。
2000年に遺構の状態を確認するため、部分的な発掘調査が実施されました。
その結果、大仏殿の正確な位置が判明し、その規模も南北約90m東西約55m、大仏の全高18mという東大寺大仏殿をもしのぐ壮大さであったことが改めて確認されています。
残念なことに寛政10年(1798)に落雷による火災で大仏もろとも焼失してしまいました。
また、天保年間に寄進された旧大仏木造半身像も昭和48年、火災によって焼失。
『大仏殿跡緑地公園』としてその名を残しています。
いまは大仏殿と大仏の一部であると考えられる遺物が保存されているだけです。

さて、「国家安康・君臣豊楽」 の文字のある歴史的大事件「大阪の陣」のきっかけとされた有名な「梵鐘」は鐘楼ともに健在です。近寄るとやはり大きな鐘です。
この梵鐘は昭和43年に重要文化財に指定されました。
今でもは梵鐘本体の上部に白く囲まれた部分の文字が今も読みとることができます。

方広寺に行かれる時は大仏殿跡地もちょっと覗いてみてください。

e0237645_1604940.jpg


e0237645_161175.jpg


e0237645_1611717.jpg


e0237645_1613191.jpg


e0237645_1614371.jpg



e0237645_1621253.jpg


e0237645_1623914.jpg


e0237645_1625129.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-26 15:58 | (歴史)京都史 | Comments(2)

蛤御門の変前夜の「七卿落ちと妙法院」20160824

蛤御門の変前夜の「七卿落ちと妙法院」20160824

妙法院は天台宗の門跡寺院。
幕末まで代々法親王が住持を勤め、庫裏(国宝)は1595年(文禄4)頃の建築で、本瓦葺入母屋造で、豊臣秀吉の造営になります。大玄関、大書院(重文)は狩野派の障壁画で飾っています。
元は大寺院だったようで、蓮華王院三十三間堂は妙法院の管理下にある妙法院の仏堂です。

さて、この妙法院が一躍脚光を浴びたのは幕末で、尊王攘夷派が宮中で力を得ていた時で、長州藩が積極的に尊王攘夷を進めようとしていました。
長州は、文久3年(1963)5月10日、関門海峡を通過しようとしたアメリカ商船を砲撃して攘夷を実行に移しましたが、幕府はもちろん他藩もこれに続かず、傍観を決め込んでました。
長州藩の焦りからか、その局面を打開しようと、天皇による攘夷親征の実行(大和行幸)が真木和泉ら尊攘急進派によって企てられ、8月13日には詔まで発せられました。
これに対し、会津藩と薩摩藩を中心とした公武合体派は8月18日早朝、中川宮朝彦親王を擁して天皇を説得し、朝廷における長州藩をはじめ尊攘派の公家らを一掃するクーデターを起こしました。
会津・薩摩藩兵は、それまで堺町御門の警備に当たっていた長州藩兵千余人を御所から追放しました。と同時に失脚した尊攘派の三条実美・三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉の公家7人を御所から追放しました(8.18の政変)。
久坂玄瑞をはじめ長州藩兵が公家らを守り、ひとまず御所から少し離れた門跡寺院で東山七条にある妙法院まで退却することになりました。(ここは家康が造らせた城構えのお寺でした)
8月18日夕方、長州藩兵2600人余りとともに、妙法院に到着し、妙法院の中で一番大きな建物である宸殿上段の間に着座した七卿らは、協議の末、長州に落ち延びて再起を図ることを決めました。
という幕末の一大事変の対応謀議がここで行われた重要な場所となりました。

妙法院の現存する宸殿は、明治になって建て替えられたものですが、基本的な位置や構造は変わっていないそうです。
毎年10月には、七卿をしのぶ記念法要が、この場所で続けられています。

寒き雨の中、妙法院を出で立った一行は、竹田街道を南下し、長州藩邸にて休息をとりました。
ここで七卿は姿を変え、髪を茶筅に結い、割羽織に野袴を穿ち、降りしきる雨の中を伏見から、長州を目指して旅立ちました。

暫くして復権を目指す長州藩過激派は蛤御門の変を起こし、幕府による2度の長州征伐があり、薩長同盟が極秘にあった後、薩摩からの新式銃を手にした、高杉晋作による奇兵隊の活躍もあり、幕府討伐の戊辰戦争(鳥羽伏見の戦)へと進んでいくことになります。

この入り口は北門になります。
この北側は現在ホテルが建てられている。東山通りの塀は妙法院の塀と同じということは売ったか?貸したか?だろうと思う。何があったんだろう???

e0237645_19164844.jpg


北門の右側に七卿落ちの石碑がある。

e0237645_191729.jpg


e0237645_19173283.jpg


これが正門である。(内側から写している)

e0237645_19174523.jpg


e0237645_1918144.jpg


唐門と大玄関。

e0237645_19181798.jpg


こちらが唐門。

e0237645_19184151.jpg


e0237645_19185569.jpg


追放された七卿が謀議をした「宸殿(国宝)」と「七卿碑」

e0237645_1919781.jpg


e0237645_19192066.jpg


e0237645_19193949.jpg


e0237645_19195289.jpg



e0237645_1920816.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-24 16:50 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

京都人の太閤贔屓を背にした「豊国神社」20160824

京都人の太閤贔屓を背にした「豊国神社」20160824


豊臣秀吉は没後、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ京都女子大の奥の山に立派に豊国廟として祀られています。
壮麗な豊国社に祀られたが大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊された。
現在の社殿は、明治天皇の命により1880年(明治13)に再建のもの。
日本三大唐門(国宝)のひとつで伏見城の遺構である桃山期の逸品。明治になって金地院を経てここに持ってこられた。
また、境内の宝物館には秀吉遺品を納めた唐櫃(重文)もあります。

自身を「新八幡」として祀るように遺言したといわれ「東山大仏(方広寺)の鎮守」として着工された社は、1599年(慶長4年)4月16日、朝廷から秀吉自身の望みとは相違して「豊国乃大明神(とよくにのだいみょうじん)」の神号が与えられたという。
神号下賜宣命には豊国大明神は兵威を異域に振るう武の神と説明されているところが面白い。
4月18日に遷宮の儀が行われ、社は「豊国神社」と命名された。
4月19日には正一位の神階が与えられた。

豊国神社は先に述べたように、大坂夏の陣後、徳川家康の手で取壊され、明治になって再興されています。

e0237645_11501316.jpg


e0237645_11502654.jpg


e0237645_11503925.jpg


e0237645_11512883.jpg


e0237645_11514029.jpg



e0237645_11523912.jpg


e0237645_11525172.jpg


e0237645_11541930.jpg


e0237645_11543278.jpg


e0237645_11545842.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-24 16:30 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(4)

重厚で壮大な「東寺」(京都)20160824

重厚で壮大な「東寺」 (京都)20160824


東寺は京都民にとっては「弘法さん」と云って親しまれており、毎月21日に弘法市が開かれる。
弘法市は真言宗のお寺で行われているところがあるが、ここの市は大規模で沢山の人が集まる。
私も何度か出かけてみたが市の種類と規模に沢山の人でごった返していた。

東寺(とうじ)は、真言宗の根本道場の一つであり、東寺真言宗の総本山でもある。
真言宗XX派ではないのはどうゆうことなのか?
呼び名は複数あり、「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」、「宗教法人公称:教王護国寺」、「正式名別称:弥勒八幡山総持普賢院」という。
それでは何故東寺と云うのかというと、8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺という2つの寺院の建立が計画された。これら2つの寺院は、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であった。
西寺の跡地は現在公園となっている。
東寺は嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。
昭和9年(1934年)に国の史跡に指定され、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。

立派な南大門。以前は仁王様がいたと思われるがもぬけの殻である。

e0237645_1222776.jpg


e0237645_1223973.jpg


パンフレットの東寺ロゴ。

e0237645_181453.jpg


後ろの五重塔の前には「八島殿」がある。
これは地主神といわれ、出雲神が祀られている。

e0237645_12305.jpg


e0237645_123996.jpg


金堂。

e0237645_1232716.jpg


講堂。

e0237645_1244477.jpg


お堂にある仏像群。
施肥実物をご覧ください。素晴らしさに圧倒されます。

e0237645_1844223.jpg


e0237645_1245553.jpg


五重塔。
胴体の太さに驚かされる。

e0237645_125373.jpg


e0237645_1251126.jpg


御影堂が丁度修理中だった。
すぐ傍でこのような工事が見れることはめったにない。

e0237645_125261.jpg


e0237645_1254023.jpg


e0237645_1262860.jpg


庭園の池を透して五重塔が眺められる。

e0237645_1263923.jpg


サルスベリがきれいに咲いていた。

e0237645_1265292.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-24 15:40 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

京都の歴史を刻む「京都国立博物館」20160824

京都の歴史を刻む「京都国立博物館」20160824


京都国立博物館(きょうとこくりつはくぶつかん)は、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館。1897年(明治30年)5月に開館した。
展示内容は、主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示するとともに、文化財に関する研究、普及活動を行っている。
平常展示のほかに特別展が1年に数回行われている。
展示物の量は非常に多いのが特徴である。

元々建てられた目的は、1888年(明治21年)、宮内省に臨時全国宝物取調局が設置され、日本各地の社寺等の文化財の調査が行われた。
その結果、京都・奈良には特に文化財が集中しており、それらを収蔵保管する施設の整備が急務とされた。こうして当時の日本政府は京都(帝国京都博物館)と奈良(帝国奈良博物館)に国立の博物館を設置することとしたのが始まりである。
1890年(明治23年)には帝国京都博物館の建設地が東山七条の現在地に定められた。
この土地は方広寺(大仏)旧境内にあたり、1890年当時は、東半が民有地、西半は七条御料地(旧恭明宮*)であった。
なお、京都には帝国京都博物館開館以前に府営の博物館があった。府営博物館は1875年(明治8年)、京都御所の御米倉に設けられ、翌1876年に河原町二条下ルの府立勧業場に移転したが、1883年(明治16年)に閉鎖されている。
この府営博物館の所蔵品1,000件余は帝国京都博物館に引き継がれた。
その中には後に重要文化財に指定された銅造不動明王立像、舞踊図小屏風などが含まれていた。

その後幾つかの変遷を経てきているが、1965年に竣工し翌年開館した「新館」(平常展示館)があった(以前は平成知新館の位置)が、この「新館」は解体され、平常展示機能を持つ平成知新館(2013年8月)が建設された。ただし、南門ミュージアムショップは2009年に先行オープンしている。

旧平常展示館の解体と平成知新館の建設に伴い、平常展示は長く休止していたが、平成知新館の竣工後の展示室の乾燥を経た2014年9月13日に再開された(特別展はその間も継続されていた)。

ここに写っているのは新しく現代調になった、「京都国立博物館」である。
所々旧館の名残(レンガ造りの塀)や方広寺の名残(大きな秀吉好みの石垣や大仏殿の「大仏前交番」)がある。
また、西側の通りはサルスベリの並木となっている。

e0237645_11404725.jpg


e0237645_11405772.jpg


e0237645_1141740.jpg


e0237645_11412224.jpg


e0237645_11413462.jpg



e0237645_114148100.jpg


e0237645_11415969.jpg


e0237645_11421092.jpg


e0237645_11422286.jpg


e0237645_11424676.jpg



*恭明宮とは、明治初年の神仏分離後、それまで御所の御黒戸に安置されていた仏像や歴代天皇の位牌を安置していた施設である(1870年設置、1876年廃止)。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-24 15:38 | (歴史)京都史 | Comments(2)

高さ・水量日本一「那智の滝」(那智勝浦町)20160814

高さ・水量日本一「那智の滝」 (那智勝浦町)20160814


高さ・水量ともに日本一。
麗しき白神に自然への畏敬を思い出します。
熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきた那智の滝は、「一の滝」とも呼ばれ日本三大名滝の一つです。
落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑で、熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻で、大晦日にはライトアップも行われます。
銚子口の岩盤に切れ目があって、三筋に分かれて流れ落ちるところから、「三筋の滝」ともよばれています。

毎年7月9日と12月27日には、古来からの神事にのっとり、神社(飛瀧神社)の御神体としてこの滝を崇め、「御滝注連縄張替行事」が行われます。
かつて、諸国から那智の滝に詣でる人々は、写経を経筒に入れ、お滝入口の大鳥居をくぐり左側にある「那智経塚」に、写経を納めました。

滝の右手には、南方熊楠が粘菌の採取を行った那智山原始林(国天然記念物)が広がり、那智山中のいくつかの渓流には、60余りに達する多くの滝が架かっています。60余りの滝のうち、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝の総称が、「那智の滝」です。

e0237645_151312.jpg


e0237645_1514259.jpg


e0237645_1515844.jpg


e0237645_15274.jpg


e0237645_1521849.jpg



e0237645_1523688.jpg


e0237645_1524714.jpg


e0237645_1525853.jpg


e0237645_1531545.jpg


e0237645_1532832.jpg



e0237645_1534716.jpg


e0237645_154059.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-14 15:53 | (紹介記事)関西 | Comments(2)

那智の滝の守り神「飛龍神社」(那智大社別院)20160814

那智の滝の守り神「飛龍神社」 (那智大社別院)20160814


直下133mで、日本一の名瀑といわれている「那智の滝」。
その麓には、飛瀧(ひろう)神社があります。

この神社は熊野那智大社の別宮で、那智山信仰が始まった頃には信仰の中心だった場所です。
言い伝えによると、初代の神武天皇が熊野灘から那智の海岸に上陸した時、那智の山の方を見ると、なにやら光るものを見つけたそうです。
それがこの那智の大滝で、神武天皇は大穴牟遅神(おおなむぢ)の御神体として祀った。
その後、熊野は神仏習合の地として発展し、大穴牟遅神の本地仏は千手観音とされたので、御神体(大瀧)は神仏習合の呼び方で飛瀧権現と呼ばれるようになりました。

第一鳥居をくぐると、その先には少々きつい下りの階段があります。
水しぶきがかかるほど大迫力の那智御滝拝所
飛瀧神社の社務所の横には、那智御滝拝所への入口があります。
さらに近くまでいって拝める展望台になっています。
拝所に行くには入場料として大人300円、小中学生200円が必要です。
入るとすぐに延命長寿のお瀧水を頂けるところがあります。

この水はその昔、花山法皇が瀧で千日間の修行をしていた時、延命長寿の仙薬である「九穴(くけつ)の貝」を瀧つぼにお沈めになったそうで、それが始まりなのだそうです。
初穂料は100円。
隣に盃がありますので、それで飲むことができます。
そして、使った盃は頂くことができます。
参拝の記念にもなります。

展望台は高・低の2カ所あり、高所の展望台が絶好のポジションで写真が撮れる。

しかし神社は決して立派とは言えない。
少し迂回しなければ見過ごす場所にあり、もう少し考えていただくとよいのではないかと思うが。


e0237645_16462679.jpg


e0237645_16463683.jpg


e0237645_16465562.jpg


e0237645_1647797.jpg


e0237645_16471756.jpg



e0237645_16472983.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-14 15:50 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(0)

西国(第1番)札所『青岸渡寺』(那智勝浦町)20160814

西国(第1番)札所『青岸渡寺』 (那智勝浦町)20160814


西国三十三ヵ所第一番札所である青岸渡寺(せいがんとじ)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院で、山号は那智山、本尊は如意輪観世音菩薩。
本堂および宝篋印塔は国の重要文化財。ユネスコの世界遺産になっている。

熊野三山の信仰が都の皇族・貴族に広まったのは平安時代中期以降であるが、不思議と青岸渡寺および隣接する熊野那智大社について創建の時期等についてははっきりとは伝わっていないようだ。
伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したという。
しかし、仁徳天皇の実在性が疑問視されるなか、特に4世紀というと殆ど日本には資料がなく時期を特定するのは難しいだろうと思う。
後に推古天皇の勅願寺となり、6世紀末~7世紀初に生仏聖(しょうぶつひじり)が伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人感得の如意輪観音を納めたといことが伝わっているが、あくまでも伝承である。
ただ現地を見ると、那智滝を中心とする自然信仰の場として早くから開けていたのではないかと思われる。中世から近世にかけて、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場であり、如意輪堂と称されたその堂舎は、那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点であったといわれている。

明治時代に神仏習合が廃されたとき、熊野三山の他の2つ、熊野本宮大社、熊野速玉大社では仏堂は全て廃されたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、のちに信者の手で青岸渡寺として復興されたとのことである。
寺号は秀吉が大政所の菩提を弔うために建てた高野山の青巌寺に由来すると言われる。

3年前から西国札所を40年振りに回りなおしているが、実は第一番札所でありながら最後の方になってしまったことは、ご利益が飛んでしまうかもしれない。
でも、今は一安心で残る33番目の札所「谷汲山 華厳寺」(岐阜県揖斐郡揖斐川町)を回って善光寺参りをするだけとなった。
年内には回りたいと思っている。

e0237645_177127.jpg


e0237645_1772740.jpg


e0237645_1773834.jpg


e0237645_1774928.jpg


e0237645_178072.jpg



e0237645_1781231.jpg


e0237645_178212.jpg


e0237645_1783195.jpg


e0237645_1784124.jpg


e0237645_1785334.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-14 15:20 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

熊野三山③「熊野那智大社」(那智勝浦町)20160814

熊野三山③「熊野那智大社」 (那智勝浦町)20160814


熊野那智大社は、田辺市の熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社とともに熊野三山の一社です。

祭神は「熊野夫須美大神」。
人の縁だけでなく諸々の願いを結ぶ宮として崇められている。
那智御瀧は自然を尊び延命息災を祈る人が多く、また八咫烏の縁起によりお導きの神として交通・海上の安全の守護を祈り、さらに御神木の梛の木は無事息災をあらわすものとして崇められている。

熊野那智大社は神日本磐余彦命(神武天皇)の東征を起源としています。
西暦紀元前662年、神日本磐余彦命の一行は丹敷浦(にしきうら)(現在の那智の浜)に上陸されました。
一行が光り輝く山を見つけ、その山を目指し進んで行ったところ、那智御瀧を探りあてられ、その御瀧を大己貴命(おおなむちのみこと)の現れたる御神体としてお祀りされました。
神日本磐余彦命の一行は天照大神より使わされた八咫烏の先導により無事、大和の橿原の地へ入り、西暦紀元前660年2月11日に初代天皇、神武天皇として即位されました。
先導の役目を終えた八咫烏は熊野の地へ戻り、現在は石に姿を変えて休んでいるといわれています。(烏石)
その後、熊野の神々が光ヶ峯に降臨され、御滝本にお祀りしておりましたが、仁徳天皇5年(317年)、山の中腹にあらためて社殿を設け、熊野の神々・御瀧の神様を遷、これが熊野那智大社の始まりとされております。

御本殿
玉垣内には正面に五殿があります。
右から四つ目の御社殿が、熊野夫須美大神(イザナミノミコト)をまつるお宮でひときわす。
各社殿とも熊野造りで正面の簾の奥は蔀戸で、左側には格子戸があります。
殿内は外陣・内陣の二つに区切られています。外に廻廊があり、正面に木階があり、床下に腰袴があります。
右から
第一殿 滝宮(大己貴命)
第二殿 証誠殿(家都御子大神)
第三殿 中御前(御子速玉大神)
第四殿 西御前(熊野夫須美大神)
第五殿 若宮(天照大神)
第六殿 八社殿(天神地祗)

e0237645_16323575.jpg


e0237645_16324946.jpg


e0237645_1633190.jpg


e0237645_16331077.jpg



e0237645_16332326.jpg


e0237645_16333911.jpg



「大クス」の胎内くぐり。
樟霊社(しょうれいしゃ)
樹齢約850年の樟を御神木として祀っています。
幹が空洞化しており、護摩木(300円)を持って通り抜け、地下から地上より上の出口から出ることが出来ます。
平重盛の御手植えと伝わっています。

e0237645_16334852.jpg


e0237645_16335978.jpg


e0237645_16341460.jpg



e0237645_16345379.jpg


e0237645_1635276.jpg


e0237645_16352974.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-14 15:18 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(0)

「浮島の森」は国の天然記念物(新宮市)20160814

「浮島の森」は国の天然記念物(新宮市)20160814


平成11年に熊野周辺部一帯で「熊野博」が盛大に開催され、大勢の人達が訪れた。
この頃からかはわからないが熊野古道がよく耳にすようになった気がする。
この熊野市の南に新宮市があり、熊野三山の一つ「熊野速玉大社」や「徐福伝説」などの他にこの「浮島の森」がありこれが国指定の天然記念物となっている。

この「浮島の森」は,海水面の後退でできた湿地の中に植物体の遺骸などが集合して『スポンジ型泥炭マット』状の浮遊体ができ,その上に写真のような森が形成されたものと見られている。
島の形状は、ほぼ四角形の小島で長さ85 メートル,幅60 メートル,総面積およそ5,000 平方メートルであります。
今回学術的に貴重なこの島を保存するための活動がなされている。

縄文時代(6000年前)の終り頃は、海が退くとともに市内は広い沼沢地になり、この沼沢の中で植物の遺体が積もって形成されたといわれている。

浮島は暗褐色の泥炭で出来ていて、沼に浮かんでいるために沼の水面の昇降によって島もまた昇降し、以前には強風にあおられて移動することがあったようだが、現在は都市化が進むにつれて沼全体の乾燥化・陸地化が進んでいるらしい。


e0237645_1416899.jpg


e0237645_14162068.jpg


e0237645_14163061.jpg


e0237645_14164022.jpg


e0237645_14164992.jpg



e0237645_1417160.jpg


e0237645_14171277.jpg



蛇の穴。
この浮島内には『蛇の穴』と言われている沼があり,上田秋成が『雨月物語』を著し,後に谷崎潤一郎が戯曲化したと言われている。

e0237645_14175199.jpg


e0237645_1418039.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-14 12:11 | (歴史)関西史 | Comments(2)