雨上がりの京都桂川を散策20160916

雨上がりの京都桂川を散策20160916


会社の近くを流れる「桂川」の土手を昼休み散歩をしていると、雨上がりとあって見事なスカイブルーが見られたので、普段はあまり使わないスマホで移しました。
やはり、秋が近づいてきているのか足元には真っ赤な彼岸花(曼珠沙華)が見られました。

e0237645_2392495.jpg


e0237645_23101013.jpg


e0237645_23102328.jpg


e0237645_23104097.jpg


e0237645_23105627.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-09-16 16:06 | Comments(2)

京都松原通に並んでいる商店(旧家)20160913

京都京都松原通に並んでいる商店(旧家)20160913


京都の街は四条通を挟んで南北それぞれ300~400mのの幅が商業地域と云っていい。
しかしその中でも或いはその外側でも数百年つついている老舗が沢山ある。
当然大火があったので殆どの建物はそれ(禁門の変)以降が多いが、古さを競う風習があるようだ。

100年はひよっこだとという話はよく聞きます。
この松原通りは旧五条通りで、秀吉時代に応仁の乱で乱れた街並みを区画し直したが、それ以前は五条通りそのものだったわけである。
今鴨川に架かる松原橋が平安時代の五条大橋で、牛若丸と弁慶の「京の五条の橋の上~」は今の五条大橋ではなかったわけである。

ということで、この松原通りは江戸時代に商いが始まったところが多いようである。

これはうるし塗り教室 「京・小兵衛蔵」。
京都の老舗漆問屋のお蔵でうるし塗り教室しています 。

e0237645_750210.jpg


e0237645_82677.jpg


e0237645_834259.jpg


e0237645_841556.jpg


伊藤重商店は江戸時代の創業です。

e0237645_844085.jpg


大同糸業の操業は不明。

e0237645_8546.jpg


中京区桝屋町の本店がある「中川ガクブチ」

e0237645_851858.jpg


近藤紙店の創業は1929年。

e0237645_853113.jpg


大谷金庫は明治28年頃。

e0237645_85498.jpg


e0237645_874560.jpg


京扇子の大西京扇堂は天保年間の創業で結構ふるい。

e0237645_875963.jpg


明治32年, 初代光山京都五條坂に開窯。
ここは茶道具店である。

e0237645_881825.jpg



このように繁華街でもないところに、ちょっとの区間をとってもかなり老舗があります。
色々調べて行ってみたい。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-09-13 14:20 | Comments(2)

鴨川の緑の濃い風景20160913

鴨川の緑の濃い風景20160913


鴨川の河原に降りてみた。
普段は橋の上から写すのが殆どでしたが、下からの景色をはかってみようと河原に降りて眺めてみると意外と緑が濃いのと河原で近くに見える動物との出会いもあった。
その動物とは、外来種の嫌われ者の゛ヌートリア”というものだった。
戦前軍用の革製品の不足を補おうと南米から輸入されたのが、第二次世界大戦後必要がなくなり、逃げ出したのが繁殖し、本州全域に分布している。

さて写真をご覧のようにフラットな芝生が続き気持ちの良い眺めである。
土手上を見てみると桜並木があり、これが緑の濃さをアピールしているようだ。
しばらく石のベンチに腰掛けてのんびりしてきた。

e0237645_2222469.jpg


e0237645_22221965.jpg


e0237645_2222549.jpg


e0237645_22231811.jpg


e0237645_22233794.jpg



e0237645_222352100.jpg


e0237645_22242858.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-09-13 13:14 | Comments(2)