<   2018年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧

北野天満宮のパワースポット20180131

『北野天満宮』のパワースポット20180131



北野天満宮のパワースポットは、まずは天満宮そのものですが、そのほかにも幾つあるのはご存知でしょうか。
まずは、「撫で牛」でしょう。
次には「大黒天の灯篭」。
あまり知られていないかもしれませんが、京都三珍鳥居(京都御苑の厳島神社、蚕ノ社)の一つに、伴氏社の鳥居です。
他にも文子天満宮他多くの摂社・末社にもそれぞれ強力なパワースポットが揃っているようです。
是非謂れを調べて行ってみるのも楽しいでしょう。

e0237645_21081746.jpg

e0237645_21081791.jpg

e0237645_21081814.jpg

e0237645_21081819.jpg

e0237645_21081895.jpg

e0237645_21081822.jpg

e0237645_21081860.jpg

e0237645_21081885.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-31 10:50 | Comments(2)

『北野天満宮』の絵馬殿20180131

『北野天満宮』の絵馬殿20180131



古い神社は特に大型の絵馬が奉納されている。
ここ北野天満宮は昔からの絵馬が今でも掲げられている。
よく見ると1200年ころからのものもあるようで一つ一つ見ていると非常に面白い。
最近は小さな絵馬とか変わった絵馬が多いが一大行事としての絵馬の奉納は誇りの象徴であったようだ。

e0237645_21022597.jpg

e0237645_21022566.jpg

e0237645_21022520.jpg

e0237645_21022538.jpg

e0237645_21022595.jpg

e0237645_21022689.jpg

e0237645_21022655.jpg

e0237645_21041361.jpg

e0237645_21022686.jpg

e0237645_21022629.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-31 10:40 | Comments(2)

北野天満宮の庭と梅20180131

『北野天満宮』の庭と梅20180131



北野天満宮といえば太宰府天満宮と並んで超有名な菅原道真を祀った神社である。
「東風吹かば 思い起こせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」と道真が詠ったようになんと言っても、梅の花が有名である。
昨年より今年の梅の開花がひと月近く遅れている感じである。
例年は紅梅が満開で蝋梅が散り加減という感じなんですがねぇ・・・。
もう2・3週間後が楽しみかもしれません。

e0237645_20555740.jpg

e0237645_20555894.jpg

e0237645_20555814.jpg

e0237645_20555824.jpg

e0237645_20555823.jpg

e0237645_20555840.jpg

e0237645_20555801.jpg

e0237645_20555890.jpg

e0237645_20570163.jpg

e0237645_20570199.jpg

e0237645_20570142.jpg

e0237645_20570136.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-31 10:30 | Comments(2)

『北野天満宮』境内の情景20180131

『北野天満宮』境内の情景20180131



北野天満宮は言わずと知れた学問の神様の菅原道真を祀っているところで、今どきは国公立の合格祈願で賑わいます。
この日も入試を控えていると思われる数人の中までの参拝や家族、特に母子での参拝が目立ちました。ご利益があることを祈ります。
さて、ここは数年前から境内にいろいろ手を入れてきています。
梅園の一角の新しく「文道会館」が完成し、庭園に池や橋を新たに設けています。
ここは御土居(豊臣秀吉が京都の街を囲む防塁)がはっきり残っており、この御土居の跡を利用した高低差のある散策路などが整備されてきています。
色々変わってきていますが京都の神社を感じさせてる建物や自然を伝えてくれ癒されるところだと思います。

e0237645_20501883.jpg

e0237645_20501859.jpg

e0237645_20501837.jpg

e0237645_20501896.jpg

e0237645_20501920.jpg

e0237645_20501951.jpg

e0237645_20501998.jpg

e0237645_20501901.jpg

e0237645_20513536.jpg

e0237645_20513671.jpg

e0237645_20513697.jpg

e0237645_20513633.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-31 10:20 | Comments(2)

新幹線から捉えた「富士山」20180129

新幹線から捉えた『富士山』20180129



富士山がやっと撮れました。
昨年4月から月一東京に行っておりますが、天気を気にしながら富士山の姿を写真に収めようと毎回構えていましたが、一月になって10ヵ月振りにその姿を収めることができました。今年はいい年になりそうです。
幾つかの角度から収めることができ、素晴らしい画姿でした。

e0237645_18480569.jpg

e0237645_18480630.jpg

e0237645_18480625.jpg

e0237645_18480613.jpg

e0237645_18480687.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-29 09:43 | (風情)日本の四季 | Comments(0)

京都御苑の散策(梅とアオサギ)20180128

京都御苑の散策(梅とアオサギ)20180128



そろそろ梅の時期として例年であれば紅梅や蝋梅は満開か散り加減だったと思うが今年は約3週間かひと月遅れというところである。
それでも一か所でこれだけの花が咲き始めていた。

e0237645_18393831.jpg

e0237645_18393903.jpg

e0237645_18410983.jpg

蝋梅はまだ蕾の状態である。
2週間前に行った時から殆ど同じ状態であった。

e0237645_18393915.jpg

e0237645_18393912.jpg

寒桜はもう散り加減だった。

e0237645_18393922.jpg

京都御苑にはアオサギが住み着いている。
訪れる人や関係者が時々餌を与えているのかもしれない。
とにかくこの辺りに行くとほぼ見かける。
このように近くに猫がいても平気で闊歩している。

e0237645_18393932.jpg

e0237645_18394053.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-28 15:38 | Comments(4)

京都御苑(大宮・仙堂御所、京都御所建礼門他)20180128

京都御苑(大宮・仙堂御所、京都御所建礼門他)20180128



京都御苑には京都御所の他、大宮御所・仙堂御所・京都迎賓館などの建物があるが現在はこれら全て無料開放しており、ほぼ毎日並んで順に入れるようになっている。
以前は事前に申し込みが必要であったが、今は必要がないとのことだ。
機会があったら見学をおすすめする。

e0237645_18353249.jpg

e0237645_18353327.jpg

e0237645_18353346.jpg

e0237645_18353344.jpg

e0237645_18353339.jpg

e0237645_18353383.jpg

e0237645_18353304.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-28 15:20 | Comments(2)

京都迎賓館(京都御苑内)20180128

京都迎賓館(京都御苑内)20180128



京都御苑を散策していて、京都迎賓館に寄ってみた。
京都御所が無料開放をしているのは聞いていたが、迎賓館・大宮御所/仙堂御所も同じように開放していた。内閣府のHPには次のように載っていた。是非興味のある方は見学してみては以下であろうか。

「京都迎賓館は日本の歴史、文化を象徴する都市・京都で、海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に平成17年に建設されました。

歴史的景観や周辺の自然環境との調和を図るため、日本の伝統的な住居である入母屋屋根と数寄屋造りの外観をいかし、築地塀を巡らせた品格のある和風の佇まいを創出しています。建設に当たっては、数寄屋大工、左官、作庭、截金(きりかね)など、数多くの伝統的技能を活用し、京都を代表する伝統技能者の技が生かされています。また、調度品についても西陣織や蒔絵(まきえ)、漆などの伝統的技能を活用した家具を配置しています。

東京(赤坂)に位置する洋風建築の迎賓館赤坂離宮とあわせ、国公賓などの賓客の接遇の場としての役割を果たします。」

e0237645_17282609.jpg


e0237645_17282600.jpg


e0237645_17282651.jpg


e0237645_17282620.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-01-28 14:26 | Comments(2)

神泉苑と日本唯一の回転式恵方社20180119

神泉苑日本唯一の回転式恵方社20180119



平安京時代この「神泉苑」は禁裏(庭園:神苑)の一部だったところです。
ここは疫病や災厄に悩まされ、これを鎮める ためこの神泉苑や、御霊社、祗園社(八坂神社)など各地で盛んに御霊会(ごりょうえ)が営まれたところの一つであり、今でも八坂神社とのつながりは強い。
この神泉苑には珍しい、回転式になっている恵方社がある。日本で唯一の恵方社ということらしい。
この恵方社は毎年方位を拝む方向に回転させています。今年の方位は『南南東』ということです。


e0237645_00260166.jpg


e0237645_00260180.jpg


e0237645_00260113.jpg


e0237645_00260200.jpg


e0237645_00260253.jpg


e0237645_00260262.jpg


e0237645_00260255.jpg


e0237645_00260214.jpg


e0237645_00260266.jpg













この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-01-19 15:23 | (歴史)京都史 | Comments(2)

京都駅の夜の景観20180116

京都駅の「夜の景観20180116



夜の京都駅はネオンがいっぱい。
普段見られない景観がかもしだされていました。
最近造られた『平安京羅城門』の縮尺版の模型も徐々に足を止めてみる人が増え、知名度が上がってきたようです。
木々のところどころではネオンがちりばめていました。
この日は残念ながら京都タワーにいつものライトアップがされていませんでした。

e0237645_23371610.jpg

e0237645_23371614.jpg

e0237645_23371626.jpg

e0237645_23371620.jpg

e0237645_23371692.jpg

e0237645_23371679.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-01-16 20:20 | (紹介記事)京都 | Comments(2)