嵯峨野「野宮神社」20180923

嵯峨野「野宮神社」20180923



野宮神社と書いて「ののみや」と読みます。
京都市右京区さがのにある比較的こじんまりとした神社です。
良縁・子宝・学問の神様ということで若い人に人気があり、写真のようにたくさんの参拝者がいつものように並んでいます。
天照大神を祭神とするこの神社は、斎王が伊勢神宮に赴く前に、身を清めるために
建てられたと言われています。

e0237645_16082114.jpg


e0237645_16082100.jpg


e0237645_16082124.jpg


e0237645_16082246.jpg


e0237645_16082229.jpg


e0237645_16082235.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-09-23 17:06 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

嵯峨野「苔庭の祇王寺」20180923

嵯峨野「苔庭の祇王寺」20180923



祇王寺は昔の往生院(往生院は法然上人の門弟良鎮によって創建された)の境内にあったと伝えられています。広い寺域を占めていた往生院も後年は荒廃し、小さな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになったようです。
祇王寺は明治初年に廃寺となりましたが、残された墓と仏像は旧地頭の大覚寺によって保管されました。
その関係から祇王寺は真言宗大覚寺派の寺院で、旧嵯峨御所大覚寺の塔頭寺院ともなっています。
祇王寺は今も竹林と楓に囲まれた草庵で、『平家物語』にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるようにして去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られております。
境内の片隅には、平清盛の慰霊塔と並んで祇王母子のお墓があります。
ここは嵯峨野の寺院としては苔庭に囲まれた紅葉の名所として全国に知られていますが、最近は外国人の観光客も多いようです。


e0237645_16121108.jpg


e0237645_16121139.jpg


e0237645_16121166.jpg


e0237645_16121162.jpg


e0237645_16121149.jpg


e0237645_16121296.jpg


e0237645_16121225.jpg


e0237645_16132572.jpg


e0237645_16143121.jpg


e0237645_16143235.jpg


e0237645_16143221.jpg


e0237645_16143202.jpg


e0237645_16143226.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-09-23 16:30 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

保津川と旅館の送迎(星のや)20180923

保津川と旅館の送迎(星のや)20180923



嵐山は、京都の中でも特に厳しい景観保護規制がある地域ですが、過去・現在、この景観の中、春は桜、夏は鵜飼、秋は紅葉と平安時代から風流な舟あそびを楽しんできた場所です。ここには百人一首にも出てくる小倉山や、保津川下りなどもある。
この保津川下りを可能にしたのは、角倉了以で難工事の末、船の利用を可能にしています。

さて、「星のや」京都は角倉了以が邸宅を構えていた場所に、100年前に建てられた旅館を現代のスタイルにアレンジしたそうです。

お客様の送迎はこれも風流な屋形船で行う趣向を持っており、このが下記の写真です。
ここは秋には全体が真っ赤に染まり見事な景観を見せてくれます。


e0237645_17274624.jpg


e0237645_17274681.jpg


e0237645_17293080.jpg



e0237645_09473315.jpg


e0237645_17274750.jpg


e0237645_17274791.jpg


e0237645_17274786.jpg


e0237645_17274745.jpg


e0237645_17274741.jpg


(紅葉の保津川渓谷)参考まで。

e0237645_09415894.jpg










この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-09-23 16:10 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

嵯峨野の青空20180923

嵯峨野の気持ちのいい青空20180923



久し振りのこのようなすっきりとした空の青さを眺めることができました。
ここは嵯峨野・落柿舎の前からです。前が畑地となっていたところなので障害物がなく気持ちよい眺めでした。

e0237645_16232659.jpg

e0237645_16232655.jpg

e0237645_16232695.jpg

e0237645_16232711.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-09-23 15:50 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

落柿舎(らくししゃ)と柿の木20180923

落柿舎(らくししゃ)と柿の木20180923



嵐山から嵯峨野に入り竹林を抜けて、トロッコ電車の嵐電「嵐山」駅前を左折して300m程で左手に、常寂光寺があります。それをみぎてにしばらく行くと、この落柿舎が見えてきます。
落柿舎は向井去来の庵と伝えられていますが、何度も拝見しており中には入らずです。
落柿舎は柿が熟して落ちると書きますが、未だ柿は青々としており、ちなみに「青柿舎」というところでした。

e0237645_17443203.jpg

e0237645_17443285.jpg

e0237645_17443267.jpg

e0237645_17443365.jpg

e0237645_17443376.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-09-23 15:39 | (紹介記事)京都 | Comments(2)